デジタル

適温って最高!デスクトップ冷熱カップ『PT-501』

PT-501 デスクトップ 飲み物

一日の始まりは一杯の飲み物から。そんな生活をしている人は多いのではないでしょうか。
その飲み物はコーヒーかもしれませんし、冷たいスムージーかもしれません。

それぞれ決まった飲み物が必ずあると思いますが、ここでちょっと考えてみてください。
適温で飲めるのって、朝とランチ、それから帰り道くらいじゃないですか?

PT-501 デスクトップ 飲み物

一日を通して長い時間働いているのにそのほとんどの時間は適温でドリンクを飲むことができません。
ちょっと冷えたコーヒーやぬるくなってしまったドリンク・・・「常温は身体にいい!」なんて言って自分を誤魔化していませんか?

そんな時はデスクトップで使用できる冷熱カップ『PT-501』をぜひ使ってみてください。
飲み物はやはり「適温」で飲むのが一番美味しいですよね!

PT-501 デスクトップ 飲み物

「いつでも飲み頃温度」が素晴らしすぎる

まるで専属の秘書がいるかのように、まるで独身なのに優しい奥さんがいるかのように、飲みたい時にいつでも適温のドリンクが飲めたら最高ですよね。

そんな積極的妄想に浸らせてくれる優れものがデスクトップ型冷熱カップPT-501』です。
妄想はあくまで妄想なので実際には誰もいませんが、美味しい適温の飲み物がそこに存在するのは事実です。

PT-501 デスクトップ 飲み物

冷却と加熱の切り替えは本体のボタンでワンタッチ、専用カップを置くだけであとは待つだけの簡単設計。

冷却及び加熱にはフロンに替わる環境にやさしい”ペルチェ効果”を利用しており、面倒くさいメンテナンスも必要ありません。
美味しい飲み物が飲みたい」という当たり前の欲求を実現してくれるので、これまでなんてもったいない人生を送ってきたんだと若干ではありますが後悔することになるかもしれません。

PT-501 デスクトップ 飲み物

オフィスや家で大活躍間違い無し

保冷・保温はもちろんのこと、効率的に冷却・加熱をしてくれる『PT-501』。

たとえば常温水(380ml)であれば30分で10℃まで下げてくれますし、氷を使わないので飲み物が薄まってしまう心配もありません。
マグカップを本体の上に置いておけばマグカップ自体を冷やしてくれるので、たとえ夏場であっても長時間温度をキープしてくれるでしょう。

PT-501 デスクトップ 飲み物

もちろん冷やすだけでなく「あったか~い」だって楽しめます。

同じく常温水(380ml)なら30分で55℃まで温めてくれますし、火を使わないのでオフィスでも安心して使用することができそうです。
仕事中の30分なんてちょっと集中していればあっという間に過ぎてしまう時間ですので、カップを置いておいて次に手に取ったときには飲み頃になってるなんて素晴らしすぎると思いませんか? 

PT-501 デスクトップ 飲み物

ちょっと気になる”ペルチェ効果”とは?

さらっと出てきた単語ですが、ここでペルチェ効果について簡単にご説明させていただきます。

今後ペルチェ効果を利用した製品が増えてくると思いますので、一度覚えておくと家電選びの参考になるかもしれません。

PT-501 デスクトップ 飲み物

まずは原理図(上の画像)を見ていただきたいのですが、P型・N型半導体素子という2つの冷却能力を持つ異種金属銅電極で接合して直流電力を流します。

そうするとその接合部分にジュール熱以外の吸熱及び発熱するという熱の移動効果が発生するのですが、これを”ペルチェ効果”と呼んでいます。

ペルチェ効果を利用すれば環境に対する悪影響がありませんし、振動などもないので安心して利用することが出来るのです。

PT-501 デスクトップ 飲み物

専用マグカップだけじゃなく缶や錫製タンブラーでもOK

なんと市販の500ml缶であれば『PT-501』本体の上に置くだけで、専用マグカップ同様に冷却・加熱ができてしまいます。

ただしその際はちゃんと缶の蓋を開けてから置くようにしないと、事故の原因となるので注意しましょう。

PT-501 デスクトップ 飲み物

いつでも美味しい温度」で飲み物が飲める『PT-501』は¥4,980と異常に安い価格で予約受付中です。
さらにお得な2個セットでの販売もありますので、デスクワークでぬるいドリンクにうんざりしてる人はいかがでしょうか。

ギフトとして普段お世話になっている同僚に贈るのもいいかもしれませんね。

参照元: Makuake

DIY
  1. 高級ノート
  2. クイジナート バキュームシーラー
  3. スマホ用三脚
  4. 残業証拠レコーダー01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!