PC・スマートフォン

スマホで動画を作るなら『Go Play Mic』がおすすめ!

Go Play Mic スマホ マイク

ビデオカメラやデジタルカメラで撮影した動画は綺麗でいいのですが、編集や使い勝手のことを考えるとやはりスマートフォンで撮影するのが便利ですよね。

慣れないカメラを使うよりも使い慣れたスマートフォンの方がミスも少なくて済みますし、なによりいつでもすぐ見ることができます。

Go Play Mic スマホ マイク

そんな便利なスマホ動画ですが、難点なのが音質の悪さです。
こればっかりは通話用がメインのマイクですので仕方のない部分ではあるのですが、ノイズまみれで肝心の音が録れてなかったりと役に立たないこともしばしば。

かといって専用のスタビライザーやマイクは高価ですし、そこまでお金かけたくないという人には『Go Play Mic』という選択肢がベターです。

Go Play Mic スマホ マイク

自動同期アプリを搭載

Go Play Mic』を装着してアプリからBluetooth接続を済ませたら、あとはこれまで通り普通に動画を撮影するだけで驚くほどクリアな音質の動画をとることができます。

データはCD品質と同様の音声ファイルとして8GBの内蔵ストレージに一旦保存された後、Wi-Fiによってすぐにスマートフォンへ転送されます。
転送されたデータは次々と自動消去されていきますので、使用するたびにデータ残量を気にするといった手間が必要ありません。

Go Play Mic スマホ マイク

それならただの外付けマイクの方がいいのではないかと思われがちですが、無線接続ですのでスマートフォンから離れた場所でも正確に録音することがきます。

Go Play Mic』を使えばワンランクどころかツーランク上の動画作成ができるようになりますので、新しいジャンルにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

Go Play Mic スマホ マイク

音がいいと動画の質はグッと上がる

撮影技術は年々進化し続けていますが、ことスマートフォンの音声については置いてけぼりの状態となってしまっています。
もちろん外付けのマイクなどもありますが、プロフェッショナル向けのものが多くとても高価で一般ユーザーには手が出せるようなものではありませんでした。

しかし高価なだけあって音がいいと同じ動画でも全く違うクオリティで仕上がるため、どうにかして音質をよく出来ないかと考え出されたのが『Go Play Mic』です。

Go Play Mic スマホ マイク

強力で使いやすいマグネットクリップ8GBという十分すぎるストレージ、使用時間はスタンバイ16時間連続録音1.5時間と長時間の撮影にも対応しています。

録音された音声データは24bit/44.1kHzというCD品質でクリアな音質を実現しており、精密な時刻調整プログラムで音がズレることもまずないでしょう。

Go Play Mic スマホ マイク

使い方は簡単4ステップ

使い方はとても簡単でマイクを装着後Bluetooth接続、撮影が終わったらWi-fi検索してあとは編集するだけです。

ここで気になった人も多いと思いますがいつでもWi-Fiがあるというわけではないので、そういうときのデータ転送には「ワンクリックトリガーバッチ転送」を利用します。

Go Play Mic』に収録されているデータをスマートフォンに直接転送してしまうので、わざわざインターネット接続ポイントを探す必要はありません。

Go Play Mic スマホ マイク

中にはキレイな風景動画が撮りたいとなった時にドローンを使用する人もいるでしょう。

そういう時は「オーディオレコーダー」モードを選択するとPCなどで編集できるデータとして書き出すことが可能です。

こんなマイクを待ってました

こういうアイテムがあればわざわざビデオカメラを買わなくても使わなくなったスマートフォンでハイクオリティな動画撮影ができそうですね。

最近ではレンズキットもかなりお得に販売されていますので、使い慣れたスマートフォンをさらに極めるのもいいのではないでしょうか?

Go Play Mic』は本体価格¥13,800(税別・送料別)で販売中ですので、動画の質を高めたいならぜひ使ってみてください。

参照元: DISCOVER

雲台 カメラ ワインの撮影
  1. VTuber キズナアイ ミライアカリ
  2. GLIGO 腕時計 男性
  3. Onni Bag トップ画像
  4. ACTIVE MASK トップ画像
  5. 常若小物 財布
  6. コイン 芽
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!