デジタル

頼れる番人!大切な荷物を常に見張ってくれる『TRENE』で外出先でも心に余裕を!

カフェでパソコンを開いたりしてる人、よく見かけるようになりました。
いつもトイレのときパソコンや荷物はどうしてるのかなって思ってたんですけど、まさか盗まれるようなことはないだろうと考えてるのかもしれません。

カフェでパソコンを使う女性

しかし万が一のこともありますし、店員さんがいると言えど常に見てくれているわけではありません。

そんなときに『TRENE(トレネ)』をそっと置いておくだけで、テーブルに置いていった荷物の番人をしてくれます。
心配になってあわてる心配もないですし、心に余裕を持って行動ができるようになります。

TRENE 使用イメージ

Bluetoothでスマホとつながる

TRENE』を使うには専用アプリを使ってBluetoothでスマートフォンを連携させます。

使い方は簡単で『TRENE』を大切な荷物の上に置いたら、あとはスマートフォンを持って席を離れるだけです。
Bluetoothの接続が切れると自動で警戒モードになり、荷物を見張りを開始してくれます。

席を立つ男性

もし警戒中に荷物を動かしたり、『TRENE』本体を動かしたりすると内部に搭載されている加速度センサーが異常を検知して、アラームとLEDで周囲の人に以上を知らせてくれます。

ユーザーが席に戻ってくるとBlueroothの接続が復活するので、自動でスタンバイモードに切り替えてくれます。

警戒モードとスタンバイモードでは『TRENE』上部のLEDの色が変化して一目瞭然ですので、接続が回復したと思って動かしたらアラームが鳴ったなんて間違いも起こりません。

TRENE 商品詳細

『TRENE』が活躍するシーン

これはやはりなんといってもカフェや駅が断トツで多いと思います。

カフェではトイレ以外でも仕事の電話やすぐに連絡しなければならないときに席を立たなければなりません。
そんなときはバッグの上やパソコンの上にそっと『TRENE』を置いておきましょう。

TRENE 使用イメージ

旅行や出張でキャリーケースなどを持ち歩くときも便利です。

ちょっとお土産を買う間やトイレに行きたいときなど、わざわざクロークに預けるのも面倒なときに大活躍です。
ただし東京駅など大きな駅では通行人にぶつからないよう荷物を置く場所には注意が必要です。

外出時のストレスを減らす

開発者の株式会社キングジム商品開発部 渡部純平さんはやはり仕事の電話で席を立つときに、置いてきた荷物が心配でたまらなかったそうです。

仕事の電話なのでもちろん重要なのですが、荷物のことが気になってきっと電話の内容はそこまで入ってこなかったことでしょう。

席に戻るまで不安はなくならないし、かといってなかなか電話は終わらないし、まさか無理やり終わらすわけにもいかないといった状態は非常にストレスを感じます。

TRENE 使用イメージ

このような心配やストレスを解決することで、仕事のパフォーマンスも上がるのではないかと思い『TRENE』を企画したそうです。

たしかに電話ひとつにしても内容をしっかり理解しているのとそうでないのとでは、その時はたまたま良かったとしても重要な電話のときなどは後々マズイことになりかねません。

メモなどを取る余裕もないでしょうし、心の余裕というのは本当に大事ですね。

電話をする男性

小さいけれど頼れるパートナー

屋内であればいつでもどこでも使用できる『TRENE』ですが、防水防塵ではないので屋外での使用には注意が必要です
また連続使用時間も20時間ほどなので、こまめに充電するように心がけましょう。

TRENE 商品詳細

以上の2点さえ注意すれば、『TRENE』は実に優秀な荷物の番人であるといえます。

大切な仕事の電話もしっかり受けることができますし、一人での外出をさらに快適にしてくれそうです。

今まで似たようなケースで困っている方、『TRENE』を使ってみてはいかがでしょうか。

TRENE 使用イメージ

参照元: makuake

EMS腹筋パッド
  1. キャンプ マット
  2. スピーカー
  3. 鍋グリル 比較1
  4. タブレット
  5. 衣類スチーマー
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!