デジタル

全てのスイッチをスマート化しよう!世界最小のリモートロボット『Switch Bot』

Switch Bot

朝の忙しい時間にありがちな「電気切ったっけな・・・」。

なぜか戻れない地点に来てから思い出すことが多いですが、思い出してしまったが最後。気になって仕方ありませんよね。
そうなってしまえば仕事に集中できませんし、楽しい休日もなんとなくモヤモヤした1日になってしまいます。

Switch Bot

そんな時に便利なのがスイッチをスマート化できるIoTデバイスで、これさえあればいつでもどこでもスイッチをONにしたりOFFにしたりできるようになります。
今回ご紹介する『Switch Bot』はそうしたデバイスの中でも珍しいON/OFFどちらも行えるモデルです。

每日の生活がちょっと便利になるだけでなく、消し忘れなどの防止にもなるので節約にもつながるかもしれません。

Switch Bot

全てのスイッチを制御できるIoTロボット

Switch Bot』は自宅やオフィスにあるスイッチというスイッチをスマホでコントロールできるようになるIoTデバイスです。
いつでもどこでもスイッチのON/OFFができるので、時間の節約になるだけでなく電気代の節約にもつながります。

これまでにもスイッチを入れるか切るかのどちらかに対応するものはありましたが、ON/OFFどちらもできるのは『Switch Bot』の大きな特徴と言えるでしょう。

Switch Bot

このデバイスを使うことで家中ほとんどの家電をスマート化することができますが、中でも便利なのが予約機能がない家電製品の操作をできることではないでしょうか。

最新モデルであれば予約機能の一つや二つついているかもしれませんが、古い家電を気に入って現在も使っている場合はそうした機能がついていないこともあるでしょう。
そんな旧き良き家電にも『Switch Bot』を貼れば、スマホから指一本でいつでもどこからでも電源のON/OFFが行えるようになります。

Switch Bot

ONだけでなくOFFまでできるミニマムなアクション

Switch Bot』があればいつでもどこからでもスイッチのON/OFFができるわけですが、他のロボットではどちらかしかできないのにどうしてこのロボットではできるのでしょうか。

秘密は本体と透明の線で結ばれた白いステッカーパーツにあって、これをスイッチに貼ることで引っ張ることができるようになります。
もちろんステッカーを張った状態でも手動操作ができますので、日常使用において不便に感じることはないでしょう。

Switch Bot

設置が簡単、リンクも簡単

Switch Bot』は3M製のシールで貼るだけの簡単設計で、使用したいスイッチ付近にセットして貼れば設置完了です。
ある程度平らな場所が望ましいですが、ちょっとぐらいの曲面なら問題なく貼ることができそうです。

設置が済んだらアプリをインストールして接続設定をするだけですので、本当にわずかな時間でありとあらゆるスイッチをスマート化することができてしまいます。

Switch Bot

Switch Bot』はWi-FiとBluetooth接続を使用しますが、たとえWi-Fiがない環境でもBluetooth接続のみで動作が可能です。
ただしこの場合は屋外からの操作はできなくなってしまいますので注意しましょう。

本体は交換可能なリチウムバッテリー式で約2年間使用可能と長寿命なだけでなく、タイマー機能もついているので每日同じ時間にスイッチをつけたりする家電などにはあらかじめ設定しておくと便利かもしれません。

Switch Bot

每日の生活をちょっと便利に

Switch Bot』にはIFTTT機能が搭載されており、あらかじめレシピを作成しておくことでその通りに動作させることが可能です。

例をあげると「アラームがなったらコーヒーマシンのスイッチを入れる」や、「玄関の電気をつけたらリビングの電気をつける」などいろいろと便利な使い方ができそうです。

Switch Bot

Switch Bot』の本体価格は約5,000円、Wi-Fiに接続するための「Switch Link」が約7,000円で販売されています。

またDISCOVERでは、日常使用に便利な【本体2個+Switch Link1個】のセット販売も行っており、こちらは12,800円とかなりお得ですので購入を検討するならセットがおすすめです。

每日の生活がちょっと便利になるだけでなく、ちょっと楽しくもしてくれる『Switch Bot』で近未来の生活を疑似体験してみてはいかがでしょうか。

Switch Bot

 

参照元: DISCOVER

LYKKE diy 手づくり
  1. Domino Pro オーディオ バイク 女性
  2. LIMBO スピニングトップ
  3. 人をダメにするクッション リラックス
  4. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  5. Beeline Moto ナビ デバイス
  6. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!