PC・スマートフォン

これすごい!ケーブル内蔵モバイルバッテリー『iwalk』

iwalk モバイルバッテリー

iOS11にアップデートしたiPhoneユーザーが、バッテリーの減りが早いなどパフォーマンスの低下で訴訟を起こしたことはご存知でしょうか。

先日Appleがこれを正式に認めましたが「全てはユーザーのためである」として謝罪こそしなかったものの、古くなったバッテリーの交換修理を値引きするといった対応が見られました。

このアップデートを受けてその影響があちこちに出ていたようですが、モバイルバッテリーの売上もきっと上がったことでしょう。

今回モバイルバッテリーをご紹介するのもそういった流れからなのですが、『iwalk』というモバイルバッテリーをご存知でしょうか?
他のバッテリーにはない一芸に秀でたタイプですので、気になった方はぜひ最後まで読んでいってください。

iwalk モバイルバッテリー

ケーブル一体型で持ち歩きが便利すぎる件

iwalk』をご紹介しようと思った理由はこれに尽きますが、なんとモバイルバッテリー本体にあらかじめケーブルが内蔵されています。

さらに2台同時充電が可能で、本体のUSBポートを使えば最大3台の充電がこれ1台でできてしまうのです。
しかも急速充電機能がついてるので、スマホだろうとタブレットだろうとグイグイ充電してくれます。

ケーブルを一緒に持ち歩く必要が無いので鞄の中がぐちゃぐちゃにならずに済むというのはとても助かりますよね。

充電中もデバイスと重ねて置けるので、余分なスペースを取らずにデスクの上が散らかるようなこともありません。

また充電しながらデータ転送もできてしまうので、『iwalk』があればiTunesなどもちゃんと接続可能です。

iwalk モバイルバッテリー

急速充電対応にマルチ保護システム搭載

先程さらっと触れましたが、『iwalk』は最大2.4Aでの急速充電に対応しています。

しかもただ対応しているだけではなく、自動検知システムにより接続したデバイスの最適な電流に自動で調整してくれるのでデバイスへの負担がありません。
ただしものによっては1.0Aほどまで低下してしまいますので、その分充電時間は長くなってしまいます。

iwalk モバイルバッテリー

そしてモバイルバッテリーを使用するにあたって不安材料といえば発熱や過充電ですが、これもマルチ保護システムにより解消されています。

発熱や過充電はもちろんのこと、過放電やショートした場合には自動で充電を停止してくれます。
たまに電車内でリュックから火が出たなんてニュースが流れますが、そういったことになる可能性が極めて低くなると言えるでしょう。

iwalk モバイルバッテリー

5インチスマホと同等サイズ

本体サイズは142 × 70 × 15mmとなっており、だいたい5インチサイズのスマートフォンと同サイズです。

重量は185gと可もなく不可もなくといった感じですが、ケーブルの分を考えると大幅なスペース削減につながるでしょう。

iwalk モアイルバッテリー

また本体素材には高品質なABS樹脂が使われており、滑り止め加工がされていて指紋がつかないタイプのデザインになっています。

模様のせいで若干チープに感じますが、普段使いでは気になるほどではないでしょう。
ちなみにケーブルにも模様が入っているので、どうしてもテーブルなどの上に乗せて接続するのに抵抗があるという人はバッグの中でこっそり充電しましょう。

iwalk モバイルバッテリー

とにかく便利、なのに驚きの低価格

なかなか芸達者なモバイルバッテリーで容量も8,000mAhと悪くないのに、本体価格がなんと¥2,000台と破格です。
どうしてここまで安いのか気になって仕方ありませんが、同じ容量クラスの中でみても比較的安い部類に入るのではないでしょうか。

iwalk モバイルバッテリー

カラーは3色+タイプC対応の4モデル展開ですが、タイプC対応のものは約¥4,000といきなり上がりますのでご注意ください。

今お使いのモバイルバッテリーがそろそろ怪しいと思ったら、『iwalk』への買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

iwalk モバイルバッテリー

 

 

セイコークロック/PYXIS-RAIDEN-NR532W
  1. アイマスク
  2. TKG似合う米 比較01
  3. 車用スマホホルダー 比較01
  4. EMS腹筋パッド
  5. キャンプ マット
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!