デジタル

仮想世界で感じた触感と温度をリアルに体験できるグローブ『HaptX』

HaptX VR コントローラー

モニターに映し出されたゲームや仮想世界での体験をリアルに感じ取ることができるようになれば、毎日がもっと楽しくなるかもしれませんね。
そんな可能性を秘めたツールが現在開発されていることをご存知でしょうか?

HaptX VR コントローラー

『HaptX』は仮想世界で感じた触感と温度を自分の手で直接感じることができるグローブです。
これがゲームの世界で利用できるようになればどのような体験ができるでしょうか。

HaptX VR コントローラー

例えば、RPGで宝箱を開ける際にフタの固さや重さを感じたり、敵を攻撃した際の衝撃を感じたりといったことを体験できるかもしれません。
仮想世界の中で人と握手したりハグした際に、温もりや柔らかさを感じ取ることもできるようになるかもしれませんね。

そんな期待が膨らむ『HaptX』について、今回はご紹介します。

仮想現実の世界に触覚を生み出す『HaptX』

HaptX VR コントローラー
従来のVRでは視覚と聴覚を使い仮想世界を体感することが可能です。

VRのゲームや映像を経験したことがある人はご存知でしょうが、それだけでも没入感は強く印象的な体験をすることができます。
これからより進化していくだろうVR技術を心待ちにしている方は多いのではないでしょうか。

本記事にてご紹介する『HaptX』は、これまでのVR技術にない「触覚」を使って体験できるというグローブタイプのコントローラーです。
グローブに散りばめられた100ヶ所以上のタイルがモノの移動や重さ、固さといった情報を再現しユーザーに伝えます。

また最大2kgまでの負荷を生み出すことができるため、モノを持った時の重量感や手に当たっているモノの抵抗を感じることができるという画期的なグローブなのです。
さらにはグローブ内では温度を変化させてVR内で触れたモノの温度を疑似的に感じることも可能なのだとか。

動物が手の上で歩く感覚、重さを感じ取ることができる『HaptX』

HaptX VR コントローラー

両手の上に小鳥が止まっている状態をイメージしてみてください。
小鳥の体温と重さ、動きを鮮明に感じることができるグローブがあると思うだけでもワクワクしませんか?
動物が手のひらを歩き回り、その足の動きや重さがグローブを通じて伝わってきます。

また、水に触れればその冷たさや抵抗を感じることもできます。
この技術が更に進化すればどのようなことが可能になるでしょうか。

HaptX VR 通話

ビデオ通話で遠く離れた場所にいる家族や恋人と話すことを思い浮かべてみてください。
手を繋いだり肌に触れてみたり、相手の温もりを感じることができます。

もしかすると、接続先の相手の体温を相手のつけている『HaptX』が感知して、自分が装着している『HaptX』に伝えてくれることも考えらます。
「今日は何だか熱っぽいね」といった会話も離れた相手とすることができる日がくるかもしれません。

『HaptX』を使ったトレーニングや業務に期待

HaptX VR 操縦訓練

『HaptX』の技術は企業の業務やトレーニングにも役立つ可能性を秘めています。
重機の操縦訓練の際にも、ハンドルやレバーを操作する感覚をよりリアルに体験できるようになります。

他にも、アーティストがVR上でペンキや石、布などの素材を用いて何かをデザインする際にも重さや質感をより鮮明に感じながら創造できるようになるのではないでしょうか。
デザイナーの作った車や住宅のドアを開閉時やその他の動作をする際にも抵抗を感じつつ未知のリアルな体験ができるかもしれません。

HaptX VR 全身

現段階ではグローブによる手元の感覚だけを再現する技術が開発中とのことですが、今後は全身スーツのようなタイプのデバイスも作られていくかもしれません。
そうなれば、日本にいながらもカナダ北部の極寒やオーストラリアの猛暑を体験しながら現地の人とハグをしたり話をしたりできるといったことも夢じゃなくなります。

未来への期待が溢れる技術が『HaptX』にはあります。

HaptX VR コントローラー

参照元: HaptX(公式サイト)

LIMBO スピニングトップ
  1. 人をダメにするクッション リラックス
  2. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  3. Beeline Moto ナビ デバイス
  4. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  5. Feel Three トップ画像
  6. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!