AV機器

小さくても意外と使える!おすすめのポータブルプロジェクター10機種

プロジェクター

小さなボディでしっかり映像を投映できるポータブルプロジェクターをご存知でしょうか。
ちょっと前まではホームシアターなんて夢のまた夢といった感じでしたが、技術の進歩により手のひらサイズのコンパクトさで100インチの大画面をお手頃価格で楽しめてしまいます。

中にはバッテリー内蔵のモデルもあり、準備時間の短縮ができたり電源がない屋外でも投映できたりとさらに便利になりました。

プロジェクター

今回はそんなポータブルプロジェクターのオススメモデル10機種を特徴を交えながらご紹介します。

ハイエンドモデルからコスパ重視のモデルまで幅広く調査しましたので、用途や目的に合わせてプロジェクター選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

ほとんどが¥50,000以下のようです

どの製品にも言えることですが、やはり性能は価格に比例します。
とはいえ平均以上の性能を求めたとしてもだいたい¥50,000あれば買えてしまうというのには驚きました。
3万円代でも必要十分なスペックを持つモデルが多数ありましたので、早速ご紹介しましょう。

ASUS/S1 ¥35,673

ASUS/S1 プロジェクター

 

パソコンでお馴染みのASUSからは世界中の映画館で使用されているDLP方式を採用したミニプロジェクターS1をご紹介します。
性能はさすがといいますか映し出す映像はクリアで残像が少ない上に色再現性がいいです。

6000mAhの大容量バッテリー内蔵で、70ルーメンの明るさであれば1.5時間の連続使用が可能です。
日中使うにはやや物足りない輝度ではありますが、アウトドアシーンでは大活躍間違いありません。


LG/PH550G ¥37,118

LG/PH550G プロジェクター

 

つるんとしたミニマムデザインが可愛いですが、中身はゴリゴリというかやっぱりLGです。
ここまでのコンパクトボディで550ルーメンの明るさを誇る性能を持つモデルはそう多くはないでしょう。

バッテリー内蔵式で最大2.5時間連続使用ができるなど普通の映画であれば1本見れてしまう上に、Miracastなどのスクリーンシェア機能対応のスマホなどがあればケーブルレスで接続できます。
仕事に休日にと使用頻度が高い人にオススメのモデルです。


Sugoiti/C800 ¥27,999

Sugoiti/C800 プロジェクター

 

AndroidやiPhoneなどのスマホと併用するならこのプロジェクターがイチオシででしょう。
DLP方式採用で明るさは100ルーメン4200mAhのバッテリーに加えてWi-FiBluetoothに対応しています。
245gと軽量なのでスマホと一緒に持ち歩いても苦にならないサイズ感が魅力です。


VIVITEK/QUMI Q5 ¥52,000

VIVITEK/QUMI Q5 プロジェクター

 

500g以下でトップクラスの性能を持つモデルならQ5はいかがでしょうか。
高輝度500ルーメンと周囲が多少明るくてもしっかりと投映することができ、しかもWi-Fi対応でケーブルレス。
ただしバッテリー内蔵ではないので電源が必要になりますが、プロジェクターには珍しい豊富なカラー展開も魅力の一つです。


Canon/ミニプロジェクター C-10W ¥37,647

Canon/ミニプロジェクター C-10W

 

信頼と実績のCanonからはフルHD対応モデルのC-10QWです。
フル充電で1.5時間の連続使用、輝度100ルーメン、そしてWi-Fi接続と今回紹介するモデルの中では機能的に今ひとつ物足りないものの、押さえるところはしっかり押さえているプロジェクターです。
本体重量が260gとコンパクトなので、アウトドアシーンで使用する場合や頻繁に持ち運ぶ人にはジャストなモデルかもしれません。


DBPOWER/ミニLEDプロジェクター ¥7,560

DBPOWER/ミニLEDプロジェクター

 

187×149×77mmの本体サイズに、重さ950gと持ち運びできるギリギリのサイズですがどうにか持ち歩けます。
据え置きで使用するには物足りないスペックで中途半端といえば中途半端ですが、ポータブルのジャンルで考えるなら圧倒的なパフォーマンスに大満足いただけることでしょう。

フルHD対応で高輝度1500ルーメンとがっつり映せますし、投映距離も1~5.2mと巾広いのもいいですね。
しかもこの価格でスピーカー内蔵ですので、電源さえあれば会議に映画にゲームにとオールマイティーにこなす高コスパ製品です。


SONY/LSPX-P1 ¥83,341

SONY/LSPX-P1 プロジェクター

 

ハイエンド向けモデルとして大人気のプロジェクターがSONYLSPX-P1です。
特筆すべきは壁に密着させた状態で22インチ、壁から28センチ離した状態で80インチというSONY独自開発の「超短焦点レンズ」を搭載していることでしょう。

手のひらサイズで携帯性がよく、930gとやや重いもののスピーカー内蔵と性能面は素晴らしいものの価格が高いので購入する際はしっかりと検討しましょう。
ちなみに別売りのスタンドを使用すると汎用性が格段にアップします。


ELEPHAS/プロジェクター ¥18,999

ELEPHAS/プロジェクター

 

Amazon売上ランキング堂々1位のプロジェクターですが、こちらもDBPOWER同様持ち運びできるギリギリのサイズといった感じでしょうか。
むしろ据え置きで使うにあたってこの価格なら最高という感じなのかもしれませんが、高コントラスト比高輝度3300ルーメンと圧倒的なパフォーマンスです。

もちろんスピーカーも内蔵していますし、多機能インターフェースでマルチな活躍間違い無し。
電源が確保できる屋内で使うならコスパ最強モデルといっても過言ではないでしょう。


iOCHOW/IO2 ¥35,000

iOCHOW/IO2

 

DLP方式採用で本体にAndroid OS搭載というツワモノです。
高輝度1400ルーメンの影響なのか5000mAhのバッテリーで最長1.5時間しか連続使用できませんが、スピーカーも内蔵しており性能としてはまずまずといった印象。

特徴的なのは本体を90°まで回転させることができるので、何のアタッチメントもなしで好きな方角に投映できることでしょうか。
ソファーでまったり映画見たいときなんかにいいかもしれませんね。


United Object/Smart Beam Laser ¥38,800

United Object/Smart Beam Laser

 

195gの手のひらサイズに機能性をぎゅっと詰め込んだようなイメージのプロジェクターです。
ほぼ四角なのでとてもプロジェクターには見えませんが、レーザーのためフォーカスフリーという凄技を持っています。

連続使用時間は2時間Wi-Fiも対応しており便利なのですが、明るさが100ルーメンとやや物足りない印象。
しかしたとえ昼間でもカーテンを閉めればしっかり映すことができますので、トータルで見ればとても優れたモデルといえるでしょう。

超小型プロジェクター『Smart Beam Laser』はスマホの画面をそのまま共有できて超便利!

一家に一台あったら便利なプロジェクター

プロジェクター

何かと便利なプロジェクターですが、仕事で使用しない限りは一家に一台あったら重宝しそうです。
価格を抑えたモデルでも映画を見るくらいであれば十分なスペックは持っていますので、週末は家族みんなで映画鑑賞なんてとても楽しそうですね。

今回紹介した中ではELEPHASのプロジェクターがおすすめですが、現代にはSugoitiのプロジェクターの方がマッチするかもしれません。
ビジネスシーンでも様々な場面で活躍してくれるプロジェクターは、パソコンやタブレットでプレゼンするだけじゃインパクトに欠けるといったときなどに使用してみてはいかがでしょうか。

※価格は全て2018年5月7日現在のものです。

AR GUN ゲーム
  1. タベリー 献立アプリ2
  2. KOSMOS ボールペン0
  3. C-Rest 肩こり 女性
  4. SEAGOW ダイビング1
  5. Raincoat
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!