AV機器

お風呂場にピッタリ!オススメの防水スピーカー7選

防水スピーカー 比較01

仕事が一段落した日や次の日が休みの日など、今日はゆっくりお風呂に入りたいなーって日ありますよね。
少しぬるめのお湯にじっくり浸かって汗をかきながら、頭の中を一つ一つ整理していく時間ってとても貴重です。

ただしシーンとした中だとすぐに上がりたくなってしまうのでBGM的なものが欲しくなりますが、そんなときに重宝するのが防水機能のついたスピーカー。
音量を絞ってお気に入りの音楽を聴けば思考のサポートにもなりますので、頭の中をリセットするにはピッタリなのではないでしょうか?

というわけで今回はお風呂に置けることに重点をおいてピックアップした防水機能付きスピーカーをご紹介します!

防水スピーカーの選び方

一口に防水スピーカーと言っても実は得意なシーンというものが存在するわけで、アウトドア向けのタフ仕様なものからキッチンで使えるようなポップで軽めのものまで多くの種類があります。
水回りで使う以上重要視したいのが防水性能ですが、浴室で使うとなればIPX5以上の防水性能が望ましいです。

しかし浸水する可能性があるからと完全防水のIPX8相当のものを選んでしまうと今度は音質がイマイチという結果に…。
また大きさも重要で限られたスペースの浴室で利用するならできる限りコンパクトなものか、吸盤を使用して壁に貼り付けられるものがオススメです。

防水スピーカー 比較02

コンパクトさ重視!

床があるんだから別にコンパクトさにこだわらなくてもいいじゃんという声が聞こえてきそうですが、床への直置きはあまりおすすめ出来ません。
IPX4~5相当のスピーカーだとシャワーを10分もかけ続ければ壊れてしまいますし、浴室の構造上床に置くとボリュームを大きくしないと全然聴こえないです。

必要以上の大きなボリュームはせっかくのリラックスタイムを台無しにしてしまいますので、できればちょっとしたスペースに置けるようなコンパクトなもので音質がそれなりに良いものを選ぶようにしましょう。

防水スピーカー 比較03

出力は10w以上を

音にこだわるならスピーカー2基のステレオモデルで、さらに出力は10w以上のものがオススメです。
モノラルスピーカーに比べてスペースは必要になりますが、音の豊かさが全くことなりますので立体感を感じたいなら迷うことなくステレオスピーカー内蔵のモデルをチョイスしましょう。

出力10w以上でステレオとなるとそれなりのお値段ですが、ずっと使い続けるものなのでここでケチらず思い切って購入した方が後々のためにもなります。

防水スピーカー 比較04

3000円以下のモデル

OFTEN/Bluetoothスピーカー IP67

防水スピーカー 比較1

¥2,750

 

防水機能だけでなく防じん機能もついたモデルで、はっきり言って浴室で使うことを目的とするなら不要ではありますが付いていて損はありません。
吸盤付きですので浴室の壁や鏡などにくっつけて使用できるのでかなり便利です。

一度の充電で最大8時間の連続再生が可能ですので、入浴時しか使わないのであれば一週間充電しなくても使い続けることができるのもいいですね。

ただし落下などによる故障防止のため毎回浴室から取り出すことを忘れずに。


Anker/Sound Core Sport IPX7

防水スピーカー 比較2

¥2,999

 

モバイルバッテリーでお馴染みのAnkerが手がけるオーディオブランドSound Coreからも浴室にオススメのスピーカーをご紹介します。

耐衝撃性にも優れているので万が一落してしまっても故障することなく、汚れてしまっても丸洗いできるタフなスピーカーです。
出力は3wと低めですが連続再生時間が約10時間と長いのと、シャワーフックなどに掛けて使用できる利便性の高さが魅力。

浴室以外でも使いやすいスピーカーですので、アウトドアが好きな人にもオススメです。

5000円以下のモデル

サンワダイレクト/Bluetoothスピーカー IPX5

防水スピーカー 比較3

¥4,900~

 

設定金額ギリギリですが、クラス最大の12wという出力が魅力のステレオスピーカーです。
音が良くなる分防水性能はやや落ちますが、パッシブラジエーター機能2.75インチスピーカーを採用するなど音に妥協しない作り込みとなっています。

サイズがやや大きいのと連続再生時間が約4時間とかなり短いのがネックですが、小まめに充電できる環境下であれば同価格帯では最高クラスの音質で音楽を楽しめます。


Anker/Sound Core 2 IPX5

防水スピーカー 比較4

¥4,999

 

5000円以下クラスでイチオシなのがAnkerのスピーカーで、バッテリー技術を活かした最大24時間連続使用可能という圧倒的なパフォーマンスを実現。
ステレオスピーカー、出力12wと申し分ない性能で小さ目の部屋であれば充分普段使いすることができるでしょう。

コンパクトでもパワフルなサウンドを求める人にオススメのモデルで、モバイルバッテリー愛用者には馴染みやすいのではないでしょうか。


iClever/ポータブルBluetooth4.0スピーカー IPX5

防水スピーカー 比較5

¥1,823

 

他の2つと比べるとリーズナブルですが、出力が10wと若干下がるもののスタイリッシュなデザインとスリムなサイズ感は捨てがたいです。
素材にアルミを使用しているので質感がとても良く、連続再生時間も10時間と申し分ありません。

デュアルアンプ搭載で立体感のあるサウンドを実現していますし、防水性能に差はないのでデザインで選ぶならこのスピーカーと言ったところでしょうか。
(現在は¥2,000以下で購入することができます!)

5000円以上のモデル

JBL/CHARGE3 IPX7

防水スピーカー 比較6

¥19,876

 

いきなりカツっと値段が上がりますが、もしも5000円以上出せるのであれば音質にも性能にも妥協しないスピーカーを購入することをおすすめします。
50mmサイズの10wドライバーを2基搭載して20wというハイパワー出力に加えてパッシブラジエーター機能も搭載しているので低音から高音までクリアなサウンドを実現。

音質と防水性能どちらをとっても文句なしのポータブルスピーカーですので、お風呂だけでの使用ではややもったいないですがそれほどに良いスピーカーです。


SONY/SRS-XB30 IPX5

防水スピーカー 比較7

¥13,490

 

ここでついにSONYが登場しますが、圧巻の出力40Wはさすがという他に言葉が見つかりません。
2チャンネル(48mm)+2パッシブラジエーター搭載でお風呂場だけでなくリビングでのメイン使用にもオススメできるスペックを持っています。

デザイン性も高く、縦置き横置きどちらにも対応している点がかなり便利。

Hacktsuのイチオシ

お風呂って映画を見るのにピッタリで、筆者もよく2日に分けて1本の映画を見ますがそんな時にも防水スピーカーが大活躍してくれます。
ただしこの場合はBGMとしてではなくなるので音質を求めてしまいますが、オススメはやはりJBLです。

価格こそ高いですがお風呂場なのに迫力のサウンドで映画が楽しめますので、映画好きでなくとも最高の時間を過ごすことができるでしょう。

※ 価格はすべて2018年7月15日のものです。

防水スピーカー 比較05

合わせて読みたい記事

  1. Livin シャワーシステム 水の節約にも!究極のシャワータイムを実現する『Livin』
  2. 岩塩 ピンクソルト バスソルト 食事に!入浴に!每日使うなら『岩塩』がオススメ
nemomi
  1. 未来ショッピング
  2. 毛玉クリーナー 比較
  3. FIPILOCK トップ画像
  4. ゲーミングチェア 比較 トップ画像
  5. Startup Times
  6. AniBiteトップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!