AV機器

あえての有線!空気力学を駆使した革新的なカナル型イヤホン『AERO』

AERO トップ画像

フルワイヤレスイヤホンが登場してからというもの、その使い勝手の良さからユーザー数が急増しましたが音にこだわるならやはり有線です。
しかし残念ながらiPhoneやAndroidスマホの新しいモデルにはイヤホンジャックが搭載されておらず、おそらくこの先も搭載している機種の数は減少の一途を辿るでしょう。

その流れを受けて世界中に多く存在するコアな音楽ファンのため、『Auxillite』をはじめ様々な変換アダプタが発売されているのはご存知ですよね。

AERO iphone

そんな音楽を愛する人のために今日もまた新しいイヤホンが開発され、有線無線を問わず世の中に送り出されていきます。
そして今回ご紹介する『AERO』というカナル型イヤホンは感動的とも言える臨場感を、空気力学を応用することで実現した革新的なイヤホンです。

前述のとおり変換アダプタは購入するのに迷ってしまうほど存在していますので、あえての有線で圧倒的な高音質を提供してくれます。

AERO 製品イメージ

音楽もゲームもこれ一つ

空気力学3Dチューニングを駆使した革新的な『AERO』は、音の臨場感を研究し尽くしたオーディオブランド”XROUND“が放つ渾身のハイスペックイヤホンです。
自の特許技術で空気の流れまで計算し、音楽・ゲーム・映像のオールジャンルに対応します。

AERO オールジャンルに対応

通常のイヤホンは音楽や映画視聴には良くてもゲームでは今ひとつ、一方ゲーミングイヤホンは音楽の持つ繊細さを十分にカバーできないといったデメリットがありました。

しかしこのハイスペックイヤホンならヴォーカルや楽器が持つ本来の音を忠実に再現、それでいて細かな空気感や臨場感あふれる銃声なども楽しめます。
AERO』は音の世界へのかつてない没入感を体験させてくれるでしょう。

空気力学がイヤホンにどう活きるのか

音というのは空気を振動させて届けられるものですが、それが空気力学と直結するかといえば今ひとつパッとしませんよね。
ではなぜXROUNDチームが空気力学に着目したのかというと、空気の流れが音の表現力を左右することに気づいたからです。

AERO 空気力学を駆使

具体的にどういうことかというと『AERO』は高い音と低い音がごちゃ混ぜになっている気流を内部構造で整えて、高音は高音で、低音は低音でより明確に聞こえるようにしているのです。

音によって空気の経路を変えてあげたことで細部まで明瞭化するだけでなく、音ズレやノイズ、歪みの抑制まで可能にしました。
従来のイヤホンより圧倒的クリアな高音、そしてより伸びのある中低音を心ゆくまでお楽しみください。

AERO 周波数によって気流をわける

3Dチューニングで実現する圧倒的な”聞きやすさ”

音質がよくなれば次に気になってくるのが”聞きやすさ“ではないでしょうか。
どんなに性能が良くてフィット感抜群のイヤホンであっても、聞きやすい音と思うかどうかは全くの別問題です。

AERO テスト風景

そこでXROUND残響音に注目、音の響きが消えるまでのタイムスピードや広がり方、オリジナルとリバーブとの兼ね合いを三次元でグラフ化しました。
これにより従来の二次元チューニングでは対応できなかった部分にまでこだわれるようになっており、結果として圧倒的な聞きやすさ“を追求できているのです。

AERO 制作風景

この立体感は”本物の証”

AERO』を初めて使用する人は、その臨場感と表現力にきっと驚かされることでしょう。
いつものイヤホンと比べた時にはっきりと違いがわかる立体感は、このイヤホンが”本物“であることの証といえます。

ワイヤレスに慣れてしまった人はケーブルが少々煩わしく感じるかもしれませんが、その圧倒的なサウンド体験の前には些細な問題であることにすぐ気づくはずです。
革新的な構造のハイスペックイヤホン『AERO』は¥9,600から入手が可能で、お届けは2019年2月までを予定しています。

AERO 本物のイヤホン

参照元:Makuake

最前列サウンド!最高音質を実現するベリリウム技術採用イヤホン『Starbrick Be4』


【Hi-Res(ハイレゾ)音源対応】T8S(DT200S)

関連商品|【Hi-Res(ハイレゾ)音源対応】T8S(DT200S)/ ¥4,680

 

※掲載価格は2018年12月15日時点のものです。

Hi9
  1. SIRUIポケットスタビライザー
  2. Retroduck Q
  3. Walker
  4. イオニアカード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!