AV機器

おしゃれで斬新!リビングに置きたい球体型スピーカー「UB+ Eupho E300」

自宅で音楽を楽しむ際に欠かせないスピーカー。最近では、豊富な音楽アプリの普及に合わせて、スマホから音楽を再生できるBluetooth搭載スピーカーが主流になってきています。

デザイン・機能・性能とさまざまなタイプがあるスピーカーですが、インテリアにこだわっている人ならやはりデザインに注目がいくことでしょう。

 

UBEuphoE300

今回ご紹介するBluetoothスピーカー『UB+ Eupho E300』は、見た目のインパクトと豊富なカラーバリエーションで話題を呼んでいます。
デザイン性+音質を叶えているスピーカーなので、音楽が好きな人、インテリアが好きな人はさっそくチェックしていきましょう。

「テーブル&キッチンウェアEXPO」で注目のBluetoothスピーカー

2019年2月に幕張メッセで開催された、「テーブル&キッチンウェアEXPO」にUB+ Eupho E300が出展されました。
この製品の特徴は、なんといっても美しい球体型のフォルムであり、カラフルで目を惹くデザインが多くの人を魅了。

独特な艶感と存在感は、どんなインテリアでも主役級の役割を果たしてくれるでしょう。
スピーカー本体は樹脂を膨らませて作られているので、つなぎ目がなくなめらかな表面をしています。

また、その存在感に対しとても軽量なので、簡単に移動することも可能。
付属のシリコンスタンド専用スタンドを使うことで、さまざまな置き方をすることもできるのです。

シンプルな操作で簡単Bluetooth接続

Bluetoothスピーカーを持っている人なら分かると思いますが、ネックになる部分のひとつがスマートフォンやパソコンとスピーカーを繋ぐBluetooth接続。
製品によっては複雑な操作が必要になることもあり、面倒に感じている人も多いはず。

使用イメージ

しかし、「UB+ Eupho E300」のBluetooth接続は、背面のボタンを押すだけで簡単にペアリングが可能。
スマートフォンやパソコンなど、好きなデバイスを好きなタイミングで接続できるので、いつでも気軽に音楽を楽しめます。

UB+ Eupho』ならではの良質なサウンド

UB+ Eupho E300の特徴は存在感のあるデザインだけでなく、良質なサウンドにもあります。
球体に使われているABS樹脂は音をきれいに響かせてることができ、音質もほかのスピーカーと負けていません。

UB+ Eupho E300をはじめUB+ Euphoシリーズは独自の音響構造を使用。
コンパクトなスペースから高品質サウンドを作り出すために、コンポーネントと空気圧がシンクロする方向に振動するように、音響構造を再設計しました。

諸元

Bluetooth5.0対応で、Bluetooth以外にも3.5mmアナログ端子USB Type-Cでも接続可能。
再生可能時間12時間なので、時間を気にせずゆったりを音楽に浸ることができます。

他のサイズとカラー展開にも注目!

UB+ Euphoシリーズには、現在クラウドファンディングサイトMakuakeで資金調達をしているUB+ Eupho E300以外にも豊富なサイズとカラー展開があります。

話題を集めているシリーズなので、今後さまざまなタイプのスピーカーが日本で取り扱われる期待大。ほかと差をつけるスピーカーを探している人は、必ずチェックしておきましょう。

カラーバリエーション

現在UB+ Eupho E300は一台¥23,840から入手が可能です。
ホワイト・レッド・ネイビー・ブラックのカラーバリエーションで、スピーカー本体+専用ベルト+シリコンスタンドがセット。(専用ウッドスタンドは別売り)。

プロジェクト終了は2019年6月14日で、手元に製品が届くのが2019年8月末までに製品が届くようになっています。
お得に手に入るこの機会に、UB+ Eupho E300の素晴らしさに触れてみてください。

UBEuphoE300

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

お部屋をオシャレに演出!360°スピーカー内蔵サイドテーブル『Mellow』


Amazon Echo Spot

関連製品│Amazon Echo Spot ¥14,980

※掲載価格は2019年6月5日時点のものです。

LumirB
  1. TRAVELOCK
  2. ECLIPSE
  3. FireFly.2
  4. BN-702M
  5. JIBBON
  6. Laboratry6BikeAssist
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!