AV機器

小さくて軽いプロジェクター『LASER BEAM PRO』が便利すぎる。

LASER BEAM PRO

プロジェクターはここまでハイスペックでコンパクトになっていたのかと驚かされました。

いつでもどこでも使えるそのプロジェクターの名前は、『LASER BEAM PRO』といいます。

『LASER BEAM PRO』はプロジェクターとしてだけではなく、多くの機能を搭載しているためマルチメディアプレーヤーとして使用できます。

一番驚きなのが、なんと本体にアンドロイドOSを搭載しているのです。

クラス1レーザーを使用したプロジェクター

LASER BEAM PRO

『LASER BEAM PRO』は目に安全な”クラス1レーザー技術”で設計されています。たとえ不均一な壁面であっても、その映像はクリアに映し出されることでしょう。

また、”フォーカスフリー機能”で、従来のように手間暇かけてピントを合わせる必要はありません。

パワフルな最大200ルーメンの出力で映し出して、すぐにクリアな映像を楽しむことができます。

LASER BEAM PRO

他機種にはないクラス最高4K入力とHD出力をサポートしており、たとえプロジェクターであっても映像にこだわりたい人におすすめできます。

画面サイズは20インチから150インチに拡張することができます。

Android OS内臓でネットサーフィンも

LASER BEAM PRO

他のプロジェクターと最も異なる点は本体にOSを内蔵していることでしょう。つまり、『LASER BEAM PRO』一つでネットサーフィンが可能です。

また本体に内蔵の8GBストレージでムービーの再生や、データファイルを使用したプレゼンテーションなども行えます。

ネットサーフィンだけでなくYOUTUBEも見れるので、ダウンロードしたりして「150インチの大画面で好きなチャンネルで盛り上がる」なんてこともできてしまいます。

動画で楽しむ

内蔵バッテリーは約2時間の連続再生が可能で、Bluetooth機能により外部スピーカーへの接続ができます。

USBメモリマイクロSDカードも使えるので、8GBという容量を気にすることなく各種コンテンツを楽しめるでしょう。

『LASER BEAM PRO』でこれまでにない使い方を楽しもう

LASER BEAM PRO

サイズが約14 × 7 × 1.7センチで重量が約260gと手の平サイズでとても軽いので、持ち運ぶにはもってこいのサイズですね。

大人数でわいわい盛り上がるのもよし、一人で贅沢な時間を楽しむもよし。ふと思い出してそのまま電子メールの確認や、ちょっとした調べ物までできてしまうのも魅力的です。

多くのデバイスと相互性があるので、ゲームやパソコンだけでなくアクションカメラやTVプレーヤーの映像も映写できます。

LASER BEAM PRO

接続ポートは前述のUSB以外にMicro HDMIポートを備えているのでライトニングコネクタを使用してのスマートフォンのミラーリングも可能です。

こんなプロジェクターを待ってました

LASER BEAM PRO

本体価格¥74,800(税別)となっていますが、この価格帯でここまで機能がついたものはありませんでした。

特に講習やプレゼンを行う機会が多い人にとってはとても便利なプロジェクターではないでしょうか。

講習会

お子様がいる家庭では部屋で映画の上映会もいいでしょうし、ホームパーティーでも大活躍しそうですね。

便利すぎる究極体プロジェクター『LASER BEAM PRO』が家に1台あったらいいかもしれませんね。

 

参照元: DISCOVER

残業証拠レコーダー01
  1. Nix Mini カラーセンサー
  2. Photo by Galymzhan Abdugalimov on Unsplash
  3. Wi-Fi ルーター
  4. Spirale 物々交換
  5. 名刺交換
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!