カメラ

小さくても実力派!コンパクトデジカメのオススメ機種6選

コンデジ 比較1

Photo by rawpixel on Unsplash

旅行やイベントの時に便利なコンデジことコンパクトデジタルカメラですが、初心者にもおすすめなのはもちろんサブカメラとしても一台は持っておきたいアイテムです。

最近ではかなりハイスペックなものまで登場してきており、「頑張って一眼レフカメラを買おうと思ったが機能的にコンデジで十分だった」なんて人もいるほど。

今回はそんな進化し続けるコンデジのオススメ機種を独断で厳選してご紹介させていただきます。
数が多すぎてどれを選べばいいか分からないと迷っている人も、この記事を参考にして自分にピッタリのコンデジを探してみてください。

コンデジ 比較2

コンデジの魅力とは?

コンデジを使うメリットはその名前の通りコンパクトで携帯性に長けていることです。
旅行など荷物をあまり増やしたくないような状況でも、ポケットサイズのコンデジなら邪魔にならず思い出を写真に残すことができます

またレンズなどのアクセサリー交換がないため初心者でも使いやすく、バッテリーの充電やメモリーカードの抜き差し以外にこれといった作業が必要ないのも大きな特徴です。
写真のクオリティという点では一眼レフなどと比べてしまうと妥協するポイントが多々ありますが、それを差し引いてもコンデジの携帯性と汎用性はかなり便利で魅力的と言えるでしょう。

コンデジ 比較3

今回の機種を選んだポイント

性能が上がれば上がるほど価格も比例して上がっていくのがカメラですよね。
今回は価格と性能のバランスを重視しておりますが、中でも有効画素数ISO感度、そしてF値(絞り)に注目してピックアップしています。

付加機能としてWi-Fi対応のものや防水機能がついたものがありますが、今回はあえてチェック項目から外すことでさらに絞り込みました。
F値をチェック項目に入れたので若干偏った感は否めませんが、ボケ感を活かしたやわらかい写真が撮りたい人はぜひ参考にしてください。


オリンパス/Tough TG-5

コンデジ 比較01

¥45,530

 

名前と見た目からして分かる通りアウトドアシーンでも活躍するスペックのハイパフォーマンスコンデジ。
F値2.0の明るいレンズが搭載されており、幅広い撮影に対応してくれます。
有効画素数は1,200万画素、ISO感度は12,800で脱初心者の人も満足できるスペックではないでしょうか。

防水機能に2.1mの耐落下衝撃性能、そして豊富な撮影モードと日常使用では余りある装備もとても魅力的です。


Canon/PowerShot G9X MarkⅡ

コンデジ 比較02

¥43,000

 

本体重量206g(バッテリー含む)という超軽量ボディに1.0型CMOS、そしてF2のとても明るいレンズを採用したカメラです。
有効画素数2,010万画素、ISO感度12,800とハイスペックカメラで気軽に撮影したいという人にオススメ。

強力な手ぶれ補正に加えてDIGIC7という高性能エンジン搭載ですので、手持ちでもガンガン撮影することができるでしょう。


Canon/PowerShot G7 X MarkⅡ

コンデジ 比較03

¥56,883

 

G9よりさらに低いF値1.8という非常に明るいレンズを搭載したカメラで、この価格で望遠側もF2.8を採用しているのが特徴。
1.0型CMOS、ISO感度は12,800でこのあたりはG9と同じですが、もう1ランク上の写真が撮れるカメラという位置付けです。

同価格帯のミラーレス一眼にも引けをとらない性能を備えており、一眼レフ愛用者のサブカメラとしても断然おすすめ。
初心者でもカメラに慣れてきてちょっと背伸びしたくなったら選択肢に加えるといいでしょう。


SONY/DSC-RX100M2

コンデジ 比較04

¥53,980

 

コンパクトが魅力のこのカメラはDSC-100Mの「ベーシックモデル」という位置付けで、F値1.8という非常に明るいレンズと1.0型CMOSにより美しいボケの効いた写真撮影が可能。
有効画素数は今回ご紹介する中では最高の2,020万画素、ISO感度は12,800と同価格帯のコンデジの中ではトップクラスの性能を誇ります。

初心者から上級者まで人を選ばず、手軽に使えるカメラとしてオススメできるモデルと言えるでしょう。
もし5万円前後の予算で迷ったならちょっと背伸びしてでもこのモデルを選ぶべきです。


富士フイルム/X100F-S

コンデジ 比較05

¥128,000

 

テレビなどで見るような素敵な写真を撮るならコンデジの他に一眼レフを持たなければいけないかと言えばそんなことはありません。
今回ご紹介する中で唯一「単焦点レンズ」を搭載したモデルで、35mmで固定の代わりに画質は最高クラスです。

F値2.0のレンズを採用しており、一眼レフのような美しいボケを効かせながらきわめてノイズが少ない写真撮影が可能。

街撮りメインなら一眼レフの出番はおそらく無いですし、コンデジの中では間違いなく価格、性能ともに最高峰の逸品ではないでしょうか。
違った次元でこうしたコスパの高いカメラもあるということを知っておくとカメラ選びがもう一回り広い視野で見られるかもしれません。


CASIO/EXILIM EX-100F

コンデジ 比較06

¥65,000

 

EX-10と並んでEXILIMシリーズのツートップに位置づけられるハイスペックカメラです。
有効画素数は1,210万画素、ISO感度は12,800、F値2.7とやや明るめのレンズを使用しており中級者でも不満なく使うことができるのではないでしょうか。

このモデル最大の魅力は10.7倍の光学ズームに加え、レンズシフト式の手ブレ補正機構を内蔵していることにあります。

またスーパーマクロモードでは焦点距離42mm相当固定というレンズ前5cmまで寄せて撮影することも可能です。

3万円台で選ぶつもりならいっそ5万円前後で

予算1万円以上のアップはなかなか厳しいところかと思いますが、その1万円でその先ずっと写真の仕上がりが全く変わってきますのでここは踏ん張りどころです!
4万円以上となるととたんにスペックが上がりますので、特にコンデジでもボケ感が欲しいという人は5万円クラスで購入することをおすすめします。

またもう少し予算をプラスすると今度は一眼レフのエントリーモデルも見えていますので、その辺りが悩みの種になるかもしれません。

最後まで写真のクオリティにこだわるなら思い切って一眼レフ、携帯性と操作性にこだわるならコンデジを選ぶといいでしょう。

※ 価格はすべて2018年7月27日現在のものです。

コンデジ 比較4

合わせて読みたい記事

  1. TV視聴アプリ スマホ動画 いつでもどこでもスマホで観られる!オススメのテレビ視聴アプリ7選…
  2. ワンタッチテント アウトドア 山 設営の手軽さが魅力!ワンタッチテントのオススメ7選
  3. 雲台 カメラ ワインの撮影 撮りやすさが段違い!雲台のおすすめモデル7選
  4. VRを楽しむ女性 ここを見れば退屈しない!オススメのVR専門メディア7選
  5. 男性 スーツ 【ビジネスマンの必需品】オススメのズボンプレッサー7選
  6. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash これなら耳が痛くない!寝ながらの使用にオススメのイヤホン
  7. 自宅で乾杯 ビール クリーミィな泡とか最高か!家庭用ビールサーバーのおすすめ7選
  8. バイク インカム 田舎 ツーリングをもっと快適に!バイク用インカムのおすすめ6選
ジムバック 通勤バック
  1. スニーカー 国産 スピングルムーブ パナレーサー
  2. HERO トップ画像
  3. OSCILL フィジェットツール
  4. メディシンボールを持った女性
  5. ORVIBO ホームセキュリティ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!