カメラ

撮りやすさが段違い!雲台のおすすめモデル7選

雲台 カメラ ワインの撮影

ビデオ撮影の際にあったら便利なカメラアクセサリーといえば雲台ですよね。
カメラでの撮影時にも角度などの細かな調整ができるので、固定した状態でワンランク上の写真を撮りたい人には必須のアクセサリーと言えるでしょう。

いざ買おうと思って家電量販店のカメラアクセサリーコーナーに行くと、その種類の多さに驚かされますが用途をしっかり決めておかないと全然違う用途のものを購入してしまうなんてこともあるかもしれません。

そんなわけで今回は購入時に迷わないよう種類別(用途別)でオススメの雲台をピックアップしてご紹介します。

雲台 カメラ 撮影

雲台って三脚のこと?

カメラを始めたばかりの人やこれから購入しようと考えてる人は雲台といえば三脚のことをイメージするかもしれません。
完全に間違っているかというとそういうわけではなく正確には三脚の先端、カメラを固定する台のことを雲台と言います。

比較的購入しやすい価格帯の三脚は雲台が一体型になっているものが多いので、普通に使っていても知らなかったなんて人もチラホラ見かけます。
三脚があるだけでもかなり便利なのですが、用途に合わせた雲台を使用すると撮影のしやすさは飛躍的にアップしますので知らずに使っていた人は一度三脚をチェックしてみましょう。

ちなみに一般的な雲台は自由(3D)雲台3way雲台ビデオ雲台の3種類があり、次の項目でそれぞれの特徴について触れていきます。

雲台 カメラ 三脚

雲台の主な3種類

自由(3D)雲台

ジョイント部分がボール状になっていることからボール雲台なんて呼ばれたりもするようです。
構図を次々と変えて撮影できるのがメリットで、風景からスポーツまで対応できる撮影の幅は3種類の中で一番多いのが特徴ですが、微調整が苦手といったデメリットもあります。


3way雲台

上下左右に動かすことはできますが、それぞれにロックがあるため調整に手間がかかるといったデメリットがあります。
逆に細かな調整や構図をガチガチに固めて撮影するのに最適な雲台で、定点撮影や物撮りなどに最適と言えるでしょう。


ビデオ雲台

これは名前の通りビデオ撮影向きで、レバーを使用して上下左右にスムーズに動かせるのが特徴です。
別名フリュード雲台ともいって、オイルの力を利用して引っかかりのないスムーズな動きに特化させています。

雲台 カメラ 撮影 夫婦

オススメの雲台:自由(3D)タイプ

Manfrotto / ボール雲台 X-PRO MHXPRO-BHQ2

カメラの雲台

¥15,551

どうせならちゃんとしたメーカーのものがいいという人にオススメの自由雲台で、かなりの本気価格ですがその分機能性も抜群です。
グラつきやすいという自由雲台の欠点を克服した雲台で、トリプルロッキングシステムという機構によりブレを最小限に抑えることを可能にしました。

カメラを趣味でやる人にはオススメの雲台ですが、家族のイベント程度でしか使用しないという人にはもったいないかもしれません。


Velbon / 自由雲台 QHD-21

カメラの雲台

¥1,550

カメラ三脚のメーカーで有名なVelbonが販売している雲台で、コンパクトなサイズ設計で携帯用にオススメです。
積載重量が0.6kgなので一眼レフなど大型のカメラは取り付けできませんが、ミラーレスやコンデジなどであれば問題なく取り付けることが可能です。

ちゃんとしたメーカーで自由雲台を探しているという人にピッタリで、リーズナブルな価格もポイントです。


HAKUBA / 自由雲台 BH-1

カメラの雲台

¥808

Amazonでベストセラーを獲得している自由雲台で、家電量販店のセット販売につられてすでに三脚はあるという人などにオススメです。
日本のメーカーでありながら¥1,000を下回るリーズナブルな価格が魅力で、今ある三脚に取り付けて使用することが可能です。

1kg程度であれば問題なく使用できるのでカメラを選びませんし、とりあえず自由雲台を使ってみたいという人にオススメ。

オススメの雲台:3wayタイプ

Manfrotto / 3way雲台 MH293D3-Q2

カメラの雲台

¥6,225

使い勝手で選ぶならイチオシの3way雲台なのですが、構造上どうしてもかさばってしまうので持ち運びに適していないといった特徴があります。
この雲台はそうしたデメリットを克服した製品で、折り畳み式にすることでコンパクトに携帯できるよう設計されました。

素材にはタフなテクノポリマーを使用しており耐荷重量は4Kgまで、さらにクイックシュー付きと性能はさすがManfrottoといったところでしょうか。


Sinvitron / 三脚雲台 3way型

カメラの雲台

¥3,610

リーズナブルでタフな3way雲台で、家族のイベント用などであれば十分な性能を持っています。
耐荷重量6kgということで望遠レンズをつけた一眼レフでも余裕で載せられるのにこの価格ですのでかなりコスパ高めの製品と言えるでしょう。

もちろんクイックシュー付きですのでカメラの着脱も楽々行えます。

おすすめの雲台:フリュード(ビデオ)タイプ

Manfrotto / フルードビデオ雲台 X-PRO MHXPRO-2W

カメラの雲台

¥12,359

3種類全てでオススメの雲台としてピックアップしましたが、予算が許すならManfrottoのものを使っておけばまず間違いないと言っていいでしょう。
とは言ってもなかなか高価ですので万人受けはしませんが、性能面ではやはり頭一つ抜けた印象があります。

握りやすいレバーで操作がびっくりするほどスムーズで、耐荷重量4kgというタフさもポイントです。


Velbon / フリュード雲台 FHD-43M

カメラの雲台

コンパクト設計ながらビデオ撮影はこれさえあれば問題ありません。
耐荷重量が1.5kgと少ないもののホームビデオカメラ程度であれば問題なく使用でき、なんと言っても安心のVelbon製です。

シンプルなデザインで使いやすく、クイックシューもついているのでビデオ撮影で不満を感じたら使ってみてください。

三脚一台と雲台が二種類あれば最高

できれば三種類と言いたいところですが、カメラが趣味でもない限りそこまで集めるのはあまり現実的ではありません。

最近では三脚の価格もかなり下がってきておりますので、リーズナブルなのを購入して雲台を二種類購入するのも選択肢としてはアリです。
カメラしか使わないのであれば自由雲台と3way雲台、ビデオもたまに使うのであれば3wayとフリュード雲台を揃えておくといいでしょう。

シーンに合わせて使い分ければこれまで以上に快適な撮影ができるようになりますので、気になった人は一度売り場へ足を運んでみてはいかがでしょう。

※ 価格は2018年10月4日現在のものです。
雲台 カメラ 撮影 風景

合わせて読みたい記事

  1. 石油ファンヒーター 【2018年決定版】石油ファンヒーターのおすすめ7選【高火力】
  2. タブレット,キーボード,おすすめ 文字入力を効率化!タブレット用キーボードのおすすめ7選
  3. ウィスキー,カナディアン,おすすめ 初心者にこそ飲んで欲しい!カナディアンウイスキーのおすすめ5選
  4. 電子書籍ストア おすすめ トップ画像 【2018年】おすすめはココ!人気の電子書籍ストア7選
  5. ドライヤー 比較 トップ画像 【美容師が厳選】プロも愛用するヘアドライヤーのおすすめ7選
  6. コスパ最強!?5000円以下で買えるワイヤレスヘッドホン7選
  7. TV視聴アプリ スマホ動画 いつでもどこでもスマホで観られる!オススメのテレビ視聴アプリ7選…
  8. ワンタッチテント アウトドア 山 設営の手軽さが魅力!ワンタッチテントのオススメ7選
時計,レトロ,ヴィンテージ
  1. FPS,TPS,アプリ
  2. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
  3. UN EVENs
  4. 石油ファンヒーター
  5. クリスマスの朝
  6. Omni Ultimate
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!