カメラ

撮影を効率化!瞬時に変形する折りたたみトライポッド『SwitchPod』

SwicthPod

スマホで写真撮影を楽しむなら自撮り棒が一つあると便利ですが、一眼レフなどのカメラの場合はリグやジンバルでないと持つことができません。
しかしそれらのツールはサイズが大きいものが多く、携帯する場合には必然的に大きなバッグになってしまうでしょう。

そこで撮影しやすさと携帯しやすさをを両立できるものはないかと探していたら、こんなアイテムを見つけました。

SwicthPod

ハンドヘルドとトライポッドの2wayで使える『SwitchPod』は、シンプルなデザインと構造とが特徴的です。
だからといってよくあるタイプの2wayトライポッドではなく、本体にはあるギミックが搭載されています。

使いやすさと携帯しやすさを見事に両立した画期的なデザインで、あなたのカメラライフをもっと効率的なものにしてくれるでしょう。

 

ありそうでなかった折りたたみトライポッド

SwitchPod』は軽量・コンパクト設計のタフな折りたたみトライポッドです。
折りたたんでそのまま使えばハンドヘルドとして、開けばトライポッドとして使用できます。

ハンドヘルドからトライポッドへは手首を軽く動かすだけで一瞬で変形、両手を使うことすらないのでセット時間の50%以上短縮を実現しました。

一瞬で返信
ハンドル部分は握りやすいデザインになっており、カメラが重いときは短く、気にならなければ長く持つことが可能です。

レッグにはラバークッションが備え付けられているので置くときも静か、滑り止め効果もあるのでスライディングも防止してくれます。

ラバークッション付き

SwitchPod』について

SwitchPod』の本体は軽量でも耐久性に優れたアルミニウム合金でできており、耐荷重量は驚異の45.3kgとなっています。
サイズは長さが279mmで、折りたたみ時(ハンドヘルドモード)では幅38mm厚み19mmとバッグのちょっとしたスペースにもすっぽり。

薄型

トライポッドモードでも247×247mmとそこまで大きくないので、卓上に置いて使用することも可能です。
レッグには1/4-20インチスレッド2ヶ所設けられていて、モニターやマイク、LEDといったお好みのアクセサリーを取り付けることも可能です。

アクセサリーが取付可能

ほぼ全てのカメラに取付可能

ベースには標準的な1/4トライポッドスクリューを装備しており、下部には締め付けノブがついているのでカメラの取付がとても簡単に行えます。
雲台を取り付けてもいいですし、クイックリリースプレートを取り付けても便利かもしれませんね。

雲台がセットできる

日常的なあらゆるシーンで使えますので、通常の三脚とは別に常に持ち歩いておくといいでしょう。
長さがあるのでセルフィーにも有効。一眼レフカメラで動画を撮影するときなどにも重宝しそうですね。

自撮りに便利

撮影をもっと楽しく効率的に

ということで今回は一瞬で変形するトライポッド『SwitchPod』をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
カメラが趣味とまではいかなくても三脚は一台持っていると便利なので、使用シーンを想定して携帯することが多そうであれば購入を検討するといいかもしれません。

SwicthPod

本体カラーは現在のところブラックのみとなっており、「もっと派手なのがいい!」という場合には自分でテープを貼るなどしてデコレーションするといいでしょう。

SwitchPod』の本体価格は¥15,490(税・送料・手数料込)で、メーカーからの発送は2019年9月以降を予定しています。
コンパクトなものはよくありますが、ここまでタフでシンプルなものはなかなかないので、気になった方は早めの申込をおすすめします。

参照元:rakunew.com

合わせて読みたい:

レンズ・マイク・ライト付き!ただのスマホ動画をシネマ品質にする『SmartCine』


Manfrotto PIXI MTPIXI-B

関連商品|Manfrotto PIXI MTPIXI-B ¥1,895

※掲載価格は2019年2月14日時点のものです。

Serafim R1+
  1. 9月クラウドファンディング
  2. Mokibo
  3. EZCastGameHub
  4. Lecronos
  5. Opera9完全ワイヤレスイヤホン
  6. ワイヤレスキーボード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!