カメラ

日常のドライブ風景を近未来的に!そんな臨場感を体験できる『REC-1』が登場!

男性なら1度はやったことがあるであろうレースゲーム。
画面の右隅にはメーター、左上にはラップタイムやコースが表示されているお馴染みの”あの画面”を思い浮かべてください。

たとえスピード狂ではなかったとしても、猛スピードでカッ飛んでいけるという非日常体験は私たちに快感を感じさせてくれますね。
最近ではレースに限らずドライビングシミュレーションゲームも様々な種類が出ていますが、レースとシミュレーションそのどちらも操作画面は”あの画面”です。

そんな男心をくすぐる”あの画面”を実際の映像に重ねることができたなら、ただのドライブ映像が最高にカッコいいレース画面に変わると思いませんか?

スポーツギアの動きを・・・
『REC-1』で可視化すると超カッコいい映像が撮れる!

Cerevo社のカメラ

REC-1(レックワン)』は、株式会社Cerevoより販売されている小型の外付けセンサーを同梱したフルHDスポーツカメラです。
Cerevo社といえば以前紹介した変形プロジェクターロボット「Tipron」を販売する会社ですね。

車やオートバイ、ヘルメットに取り付けることでその動きをセンサーでモニタリングしつつ動画撮影を行います。
モニタリングしたデータは動画上に表示(オーバーレイ)することができ、レーシングゲームさながらのユニークな映像を撮影できます。
『REC-1』はIPX4等級の防水仕様をクリアしているので、多少の雨ならそのまま使い続けることが可能です。

外付けセンサー「LOG-1」

REC-1』は外付けセンサーの「LOG-1」とあわせて使うことでより詳細なデータを記録することができます。
REC-1』に搭載されたGPS機能により移動ルートや速度の記録、「LOG-1」に内蔵されたセンサーで6軸(加速度・角速度)のほか気圧磁気温度の記録を行います。

自転車などで使用する際は同梱の磁石を回転体に取り付け、「LOG-1」の磁気センサーの利用して自転車のクランクやタイヤなどの回転数を取得することもできます。
LOG-1」は他社製のカメラ(GoProなど)とも併用することができ、パソコンにつなぐことで取得したデータを映像にオーバーレイすることが可能です。

こちらもIPX4等級の防水仕様連続で19時間以上の記録が可能なため、長時間に渡る競技などでも取り付けや取り外し、電源オンオフといった操作が不要です。

固定用アタッチメントが豊富

REC-1』に同梱されているホルダーアタッチメントは数種類あり、様々な場所に取り付けることができます。
バイクや自転車の場合はハンドルやヘルメットに、車や船、飛行機の場合はフロントガラスやダッシュボードに固定すると臨場感あふれる映像が撮れるでしょう。

スマホのようにわざわざ別売りのホルダーを用意する必要はなく、付属のアタッチメントのみでほとんどのシーンはカバーできます。
平坦な場所での撮影には「LOG-1」本体裏に三脚用のネジ穴が元々ついているので、こちらを利用すればアタッチメントを使わず手持ちの三脚で撮影が可能です。

出来上がった映像が超カッコいい!

まさにゲーム画面といった感じの最高にカッコいい映像を作成することができます。
ただ『REC-1』の機能で速度が表示もされてしまいますので、サーキット以外で使用する際は注意が必要です。

ウインタースポーツなどでも大活躍してくれそうですが、まるでプロが編集したような映像を手軽に作れるのはうれしいですね。
REC-1』のおかげで全てのスポーツをよりアクティブに記録できそうです。

参照元: CEREVO

EMS腹筋パッド
  1. キャンプ マット
  2. スピーカー
  3. 鍋グリル 比較1
  4. タブレット
  5. 衣類スチーマー
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!