カメラ

懐かしのポラロイドカメラを復活!『OneStep2』自分だけの写真を撮ろう

Polaroid-OneStep-2

失われかけたポラロイドを復活させたインポッシブル・プロジェクトより、新たにポラロイドブランドのインスタントカメラ『OneStep2』が発売されました。

みなさんはインスタントカメラというものをご存知でしょうか。撮影直後に自動的に現像を行う写真フィルムを使ったカメラのことで、撮ったその場で写真を見ることができるという特殊なカメラです。

撮影、現像、印刷があっという間にできるというのはとても大きなメリットで、記念撮影の写真を撮ったその場で友達にプレゼントしたり、気軽にフィルム写真を楽しんだりすることができます。

ポラロイドカメラ

インスタントカメラを開発したとして有名なのがアメリカのポラロイド社。ポラロイド社のインスタントカメラはポラロイドカメラと呼ばれました。そのため、現在でもインスタントカメラのことをポラロイドと表現することがあります。

残念ながらポラロイド社は経営破綻をしてしまったのですが、生産中止されたポラロイドフィルムを復活させようと、2009年にオランダで「インポッシブル・プロジェクト」が発足。

『OneStep2』は、そのインポッシブルプロジェクトによって生み出された、ポラロイドの文化と歴史を受け継ぐインスタントカメラとなっています。

Polaroid-OneStep-2

インスタントカメラで撮った写真は、シートに塗る感光材に普通のフィルムとは違うものが塗られるため、独特の色合いを発色します。目で見る現実とは一味違う世界が写真の中に広がり、それが感性を刺激すると多くのアーティストに影響を与えてきました。

インスタグラムに代表される、写真アプリの加工機能はインスタントカメラの色合いを再現しようとしたものが数多くあります。

また、インスタグラムのアイコンはポラロイドカメラをモデルにしたもの。現在人気のデジタル写真のスタイルには、インスタントカメラの存在が実は大きく関わっています。

写真をもっと楽しみたい人、アーティスティックな写真を撮りたい人は一台買って見ると表現の幅が広がるのではないでしょうか。

Polaroid-OneStep-2

『OneStep2』のデザインは、1977年に登場したポラロイド社製の元祖インスタントカメラ「OneStep」を元にしており、レトロな雰囲気を残しつつもシンプルでかわいいデザインにまとめています。

持っているだけで誰かに見せびらかしたくなるくらい、素敵な製品に仕上がっています。製品サイズは150×110×95mmで、本体のみの重さは460g。ボディカラーは「White」「Graphite」の2種類から選べます。

Polaroid-OneStep-2

『OneStep2』のフィルムサイズは現在売れているインスタントカメラであるフジフィルムのチェキ(Instax)のフィルムのサイズの約2倍の大きさです。フィルムサイズは大きい方が好まれやすいので、これは『OneStep2』を買う理由になるでしょう。

レンズの焦点距離は106mmで、0.6mから無限遠に合焦する固定焦点タイプ。ファインダーは付いています。ズームやピントの調節は出来ないので、シャッターだけ押せば写真が撮れるようになっています。その他フラッシュとセルフタイマーを搭載しています。

Polaroid-OneStep-2
スマホの普及と共に、デジタル写真は世界中の多くの人々に親しまれるようになりました。一方でコダック社の経営破綻など、扱う人が少なくなったフィルム写真。

しかし、写真を専門にしている人からすると、デジタル写真とフィルム写真は全く別のものであり、アナログな原理で撮影から現像まで行われるフィルム写真は撮影現場の空気までそのまま閉じ込めたかのような、独特なリアリティを持っています。

『OneStep2』を手に入れて、本来の写真の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

<参照元>
IMPOSSIBLE
instagram

 

DIY
  1. 高級ノート
  2. クイジナート バキュームシーラー
  3. スマホ用三脚
  4. 残業証拠レコーダー01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!