HUD・VR

現実とゲーム世界がリンクするARスマホシューティングゲーム『AR GUN』

AR GUN ゲーム

スマホでゲームをするなら話題のVRもいいですが、AR(Augmented Reality=拡張現実)もオススメです。

VRに関してはまだまだ対応しているゲームアプリの数が限られており、本格的なゲームをするとなるとスマホをセットする簡易型のものではなくて本格的なヘッドセットが必要になります。

その点ARなら専用のコントローラーにセットするだけで現実をゲーム世界とリンクさせることができ、いつでもどこでもゲームの世界を楽しむことが出来るでしょう。

AR GUN ゲーム

スマホと言えどもっとゲームを楽しみたい!そんな人にピッタリなのが『AR GUN』というARスマホシューティングゲームです。

専用の銃型コントローラーを使ってプレイするのでVRとはまた違ったゲーム体験をすることができます。

AR GUN ゲーム

銃型コントローラーと専用アプリでゲームの世界とリンクする

AR GUN』は銃型コントローラー AR FUGUS-X8専用アプリを使用してプレイするスマホ用のARシューティングゲームです。

対応しているのはiOS8以降のiPhoneと、Android OS6以降のスマホで現在使用できているものであればほとんどの機種に対応しています。

専用アプリには30以上のゲームが収録されており、今後も定期的にアップデートを予定しているのでゲーム数は増えていくことでしょう。

AR GUN』に収録されているゲームは子供から大人まで楽しめるようになっており、知育ゲームから防衛ゲームまで多種にわたります。
中でも知育ゲームはシューティングというジャンルを活かして遊びながら学べる仕様になっていますので、小さいお子様でも飽きずにプレイすることができるでしょう。

収録されているゲームをいくつかご紹介

AR GUN』には30以上のゲームが収録されていると記載しましたが、その中でもオススメの2種類を一足先にご紹介しましょう。

まずはゾンビが迫ってくるというお決まり形式ながらやっぱり面白い「ZOMBIES」ですが、支援が得られないという絶望的な状況の中でのゲーム展開となります。

迫ってくるゾンビ達を次々と撃退する爽快感と、倒しても次々と迫ってくる焦燥感で熱中すること間違いなしの仕上がりです。

AR GUN ゲーム

「ZOMBIES」

もうひとつは「AR GUN BATTLE」という”AR FUGUS-X8”のボタンで移動しながらプレイするTPS(Third Person Shooter/三人称視点)です。

一般的なTPSですと暴力的な描写がある場合がほとんどですが、本ゲームに関しては風景から動きに至るまでコミカルな描写になっておりお子様にも安心してプレイさせることができるでしょう。

特に車が爆発するシーンなどでは周囲の敵がオーバーに飛んでいきますし、そのまま消えてしまいますので近年のアニメなどよりよっぽど影響が少ない仕上がりとなっています。

AR GUN ゲーム

「AR GUN BATTLE」

銃型コントローラーがあればゲームはやっぱり面白い

これはどのゲームにも言えることですが、通称ガンコンがあればゲームにより没頭することができて白熱したプレイを楽しむことが出来るはずです。

また”AR FUGUS-X8”のデザインがカッコイイので持っているだけでもテンションが上がりそうです。

本体重量は電池を入れた状態で約400gと扱いやすく、使用する電池は単4電池2本ですのでバッテリー切れを恐れることなくプレイすることが可能です。

まれにBluetooth接続が上手く行かない場合があるようですが、端末側の設定を見直すなどすれば繋がる場合がほとんどのようです。

AR GUN』の本体価格は¥8,640となっており、この金額に”AR FUGUS-X8”も含まれています。

届いたらすぐに遊べますので、ちょうどスマホ用にガンコンを探してたという人にもピッタリの『AR GUN』で懐かしくも新しいゲーム体験をしてみてはいかがでしょうか。

参照元: Makuake

ソレハラ 匿名通知メール1
  1. KableCARD 多機能ケーブル1
  2. ピカッシュ UV除菌ライト1
  3. COLABO 経営者マッチング1
  4. XY4+ スマートファインダー1
  5. Spivo360 自撮り棒1
  6. DAP 比較01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!