IoT

自宅をスマート家電化!『Amazon Echo』でストレスフリーな生活を始めよう

『Amazon Echo』はAmazonが開発を手がけたオリジナルのスマートスピーカーです。一番の特徴は“Alexa”(アレクサ)と名付けられたAI(人工知能)を搭載している点。口頭で指示を出せば「音声を認識し、実行する」という、まさに次世代のスピーカーです。価格も¥5,980~とお手頃。

インターネット接続や”Bluetooth”接続が可能なため、”Alexsa”に対応した他の家電の操作も可能になります。

スマートスピーカーとは何か?

『Amazon Echo』商品イメージ

”スマートスピーカー”とは音声認識機能とAIを搭載したスピーカーの総称で、「対話によって操作することができるスピーカー」を指します。

iPhoneやiPad、Mac OSに搭載されている”Siri”を想像するとわかりやすいかもしれません。Siriは簡単な操作やインターネットでの調べ物を行うときに便利な存在ですが、スマートフォンの操作は指で画面タッチが基本であり、音声操作はあくまで補助的な存在です。

『Amazon Echo』機能説明

しかしスマートスピーカーはAIによる音声操作がメインとなり、液晶画面やスイッチなどは極力排除されています。そのため、どのスマートスピーカーも、総じて外観がとてもシンプルであるという共通点があります。

『Amazon Echo』も円柱のような形で、基本的に「2~4個のボタンのみ」というシンプル設計です。細かい設定や操作は”Bluetooth”経由でスマートフォンとペアリングし、スマホの専用アプリから行うのがスマートスピーカーの基本的な仕様です。

“Alexa”は学習し、進化するAI

『Amazon Echo』に話しかける

『Amazon Echo』の最大の特徴は進化するAI、”Alexa”を搭載している点です。

このスピーカーはWi-Fi通信でインターネットに接続されており、常に得た情報をクラウドに集め、学習し、進化します。つまり多くの人の使用情報を元に、あなたに最適なアクションを起こしてくれるようになるのです。

セットアップ方法は?

『Amazon Echo』セットアップ方法

『Amazon Echo』が自宅に届いたら、まずはインターネットに接続してセットアップをする必要があります。『Amazon Echo』とスマートフォンをペアリングさせ、専用アプリで初期設定を行うのが最も簡単な方法です。

最初のセットアップが終われば、使っていない時でも常に省電力で待機状態となり、音声指示に反応します。

「スキル」登録でどんどん機能が多彩に!

『Amazon Echo』スキル機能

『Amazon Echo』はBluetoothを搭載したスピーカーのため「スマートフォンやタブレットPCとペアリングして音楽を聴く」という使い方が一般的です。細かい操作設定は専用アプリの”Amazon Alexa”で行えます。

『Amazon Echo』自動で音楽再生

例えば”Alexa”に指示を出すときは「アレクサ!」と呼ぶのですが、呼び方は「アマゾン」、「エコー」、「コンピューター」に変更可能です。いつかは自分の好きな名前に変更できるようにアップデートされるかもしれません。

「アレクサ!」で呼び出し、「音楽を再生して」「明るい曲をかけて」「今何時?」などの指示や質問に答えてくれます。Amazonの音楽配信サービス『Amazon Music Unlimited』に加入していればその操作も口頭で指示できます。

専用アプリには”スキル追加機能”があり、”Amazon Alexa”に対応したアプリを登録することで”Alexa”にスキルを追加することができます。

例えば”JR東日本”のスキルを登録すれば、電車の運行状況を教えてくれるようになります。スキルを登録しておけばあとは『Amazon Echo』が単体でインターネットアクセスできるため、「交通情報」や「今日の天気」などをリアルタイムに知ることができるのです。

『Amazon Echo』で乗換案内

これはスマートフォンにアプリをダウンロードして機能拡張をするようなイメージです。つまり”Alxesa”はコンピューターの”OS”のような役割を果たすと考えると分かりやすいかもしれません。

『Amazon Echo』と”Alexa”がもたらす未来とは?

『Amazon Echo』でスマート家電化

以上のように”スマートスピーカー”はスピーカーの機能だけに留まらず、”音声認識機能”を備えたことで、コンピューターとユーザーを音声認識によって仲介する”OS”のような役割を担うことが出来ます。

その役割で出来ることを増やすには「優秀なOSを搭載すること」が前提となります。進化する”Alexa”はまさにそのような存在でしょう。

『Amazon Echo』使用イメージ

すでに”ルンバ”はAlexsa経由で指示が可能です。Alexsaに対応した照明器具もあり、「明るくして」と言うだけで明かりをつけることも出来る状態です。このように今後もAlexsa対応の家電が開発されれば、それは『Amazon Echo』で操作可能ということです。

『Amazon Echo』商品イメージ

これからも”Alexsa”のような進化するAIはどんどん増えることが予想されます。それらを活用し、家庭のあらゆる家電を口頭で操作できてしまう時代は近いかもしれません。あなたも『Amazo Echo』でストレスフリーな生活を始めませんか?

 

 

合わせて読みたい記事

  1. Mystic 自律飛行ドローン1 自立飛行しながらトラッキングが可能!AI搭載ドローン『Mysti…
  2. Repl-AI チャットボット1 プログラミングの知識不要!『Repl-AI』で好みのチャットボッ…
  3. SENSTONE ボイスアシスタント1 話した言葉をテキスト化!AIボイスアシスタント『SENSTONE…
  4. 人口知能で楽しく英会話学習できるAIロボット『Musio X』
  5. 外国語が分からない女性 英語話せない・・・スマート翻訳機『ez:commu』で海外旅行も…
  6. travelmate 未来がすぐそこに。『Travel Mate』は自動で付いて来るA…
  7. 『カロミル』なら継続率90%以上!?人工知能がダイエットのパート…
  8. 秘書的パートナーヘッドホン『Vinci』でAIと生きる人生を
人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!