PC・スマートフォン

家中どこでも快適に!Wi-Fi中継器のおすすめ10選

Wi-Fi中継器 比較

スマホやタブレット、パソコンでのゲームや動画視聴はいつでも快適にサクサク楽しみたいですよね。

一戸建てだったりアパートやマンションだったりとそれぞれの環境がありますが、自宅でインターネットをストレスなく楽しむために無線LANを利用してWi-Fiを利用している人も多いでしょう。

無線LANは間取りがワンルームなどであれば何の問題もないのですが、2LDKや3LDKになってくると寝室に行くと電波が届かないなんてことありませんか?

Wi-Fi中継器 比較

一戸建ての場合は2階に行くと電波が届かなくなったり、逆に2階にルーターを設置している場合は1階に行くと電波が届かなくなるといったことがあるでしょう。

そんな時に面倒な作業を必要としないで電波の範囲を拡大してくれるのがWi-Fi中継器。
ルーター自体をハイスペックなものに交換するという手もありますが、ただ動画やゲームが楽しみたいだけなのに2万円も3万円も出すというのはあまり現実的ではありませんね。

中継器であれば安いものだと2,000円代から手に入りますので、設置場所に注意すれば手間もお金もかからずすぐに電波の範囲を広げてくれます。

そんな便利な中継器を今回は徹底調査して、数ある機種の中からおすすめの製品を独断でピックアップしました。
現在のネット環境に不満があるという人は早速中継器を取り付けてストレスフリーな環境で楽しみましょう。

Wi-Fi中継器 比較

選ぶ基準を明確にしましょう

中継器を選ぶなら対応通信速度初期設定の簡単さ設置方法親機に対応しているかどうかが主な基準となります。

中でも必ずチェックした方がいいのは初期設定の簡単さと親機に対応しているかどうかの2つです。

せっかく買ったのに使えないという悲しいことになりますので、しっかりと確認してから購入するようにしましょう。


BUFFALO/WEX-733D

Wi-Fi中継器 比較

¥3,432

使い勝手のいいコンセント直挿しタイプで、トイレだろうが洗面所だろうがコンセントタップさえあれば簡単に設置できます。

高速通信規格11ac対応ですので、親機のスペックが300mbps以上の速度に対応しているモデルであれば導入コストが安い本モデルがおすすめです。

接続設定もボタンを押すだけの簡単設計ですので、電子機器に詳しくない人でもすぐに使うことが出来るでしょう。


BUFFALO/WEX-1166DHPS

Wi-Fi中継器 比較

¥5,016

 

2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応したハイパワーモデルで、WEX-733同様コンセントに直接挿して使うタイプです。

親機のスペックが高い時にオススメのモデルで、2×2アンテナでしっかり広範囲まで電波を飛ばしてくれるでしょう。

最大転送速度866+300Mbpsでこの価格ですのでコスパがかなりいいと言えそうです。


I-O DATA/WN-G300EXP

Wi-Fi中継器 比較

¥2,480

 

アパートやマンションにおすすめのとことんコンパクトなモデルで、限られたコンセントタップを無駄にしたくないという人におすすめ。

最大転送速度は300Mbpsですので親機のスペックが高い場合にはいくらコンパクトなものが欲しくても別の中継器をオススメ致します。

電波の強さがひと目でわかるLEDなど抜群な使いやすさと導入コストが安いのも魅力です。


ELECOM/WTC-F1167AC

Wi-Fi中継器 比較

¥4,967

 

親機を選ばずに中継できるのでレンタルのルーターでも問題なく使用することができます。

設置が簡単なコンセント直挿しタイプで、デュアルバンド対応のハイスペックモデルです。

設定もワンプッシュで可能となっているだけでなく、裏側にトリプルタップがすっぽり入る設計となっていたりとユーザー満足度がかなり高い仕上がりといえるでしょう。


ELECOM/WTC-300HWH

Wi-Fi中継器 比較

¥3,310

 

マンションやアパートにおすすめのお手軽モデルで、安定した速度でインターネットを楽しみたい人におすすめ。

シンプルなデザインなので寝室や子供部屋に設置してもいいでしょう。

対応速度は300Mbpsでこの価格ですが、親機の対応速度が300Mbpsであれば同じエレコムでもこちらの中継器で充分です。


PLANEX/MZK-EX750NP

Wi-Fi中継器 比較

¥5,194

 

中継大王」という名前でお馴染みの中継器で、直挿しタイプでありながらコンセント差込口にもなるユニークなデザインが特徴です。

デュアルバンド対応でPLANEX中継位の最上位モデルながらリーズナブルな価格を実現。

不正アクセスを監視できる「見えルンです!」アプリ対応でセキュリティ面もバッチリです。


PLANEX/MZK-EX300NP

Wi-Fi中継器 比較

¥3,491

 

MZK-EX750NPの下位モデルで、親機のスペックがそこまで高くないならこちらのモデルがおすすめです。

導入コストが安く済むだけでなくちゃんと「見えルンです!」対応なので安心して使用することが出来ます。

安くてもファームウェア自動更新機能付きなので、常に最新の状態を維持できるのもうれしいですね。


Logitec/LAN-RPT01BK

Wi-Fi中継器 比較

 

見るからに電波を飛ばしてくれそうなインパクトあるデザインですが、今回紹介する中ではもっとも高価なモデルです。

見た目通りしっかり電波を拡大してくれるのですが、最大通信速度は300Mbpsとなってますので普通にインターネットが使えれば満足というユーザー向けです。

5GHzにも対応しており、ワンプッシュで簡単設定と機会的な見た目とは裏腹に使い勝手は申し分ありません。

「とっつきにくいけど話してみたらすごい良い奴だった」的な中継器です。


NETGEAR/EX6120-100JPS

Wi-Fi中継器 比較

¥4,680

 

親機を選ばず中継してくれる便利なモデルで、見た目にもインパクトのある2本のアンテナがしっかりと仕事してくれます。

高速規格の11ac対応867+300Mbpsと速度も申し分ありません。

コスパ高めでちょっと特徴的な見た目を気にしないのであれば導入しやすいモデルと言えるでしょう。


TP-Link/RE200

Wi-Fi中継器 比較

¥2,886

 

とにかく低価格で中継器が欲しいという人におすすめのモデルです。

デュアルバンド対応で高速通信を楽しめるハイスペックモデルですが、いまいち通信が安定しないといったレビューも見受けられます。

コンセント直挿しタイプで使い勝手がいいので、とりあえず中継器を使ってみたいという人は導入コストがダントツで安い本モデルがおすすめです。


「もっとはやく設置すればよかった」と思うはず

こんなに簡単に電波を拡大できるならもっと早く購入すればよかったと思うほど簡単に設置することが出来ます。

何より面倒な配線の取り回しがないのが嬉しいですよね。

モデルによってはアクセスポイントとして利用できるものもありますので、自分の使用環境に合わせて最適な機種を選ぶようにしましょう。

Wi-Fi中継器 比較

ORVIBO ホームセキュリティ
  1. duitドライハウス トップ画像
  2. FLAK SACK SPORT 鞄 盗難防止
  3. TV視聴アプリ スマホ動画
  4. gigseat ビーチでの使用イメージ
  5. PLEI トップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!