PC・スマートフォン

叩きすぎて液晶割れ注意!iPadが大迫力のドラムキットになる『TOUCH BEAT』

TOUCH BEAT1

男性なら誰しも一度はカッコいいバンド演奏に憧れたことがあるのではないでしょうか?

自分もあんな風に演奏できたらな~とは思ってみるものの、その半数の人は実際に楽器を手にとることもなく今日に至ることでしょう。
特にドラムに至っては楽器が大きくて自宅ですぐ始めるというわけにはいきませんし、ギターやベースに比べて目立たない気がする…という点からもハードルがかなり高く感じてる人が多いようですね。

そんなドラムをiPadでドコドコできちゃうのが『TOUCH BEAT』で、高価なドラムセットを買わずともコンパクトなスペースで本格的に練習することができます。
もしも今「ドラムをやってみたい!」と思っているのなら、まずはこのドラムキットで感覚を掴んでみてからでもいいのではないでしょうか。

TOUCH BEAT2

ペダルがついてる!しっかり叩けるiPad用ドラムキット

TOUCH BEAT』はゲーム感覚で楽しくドラム練習ができるかつてないドラムキットです。
どのあたりがこれまでにないかと言いますと、バスドラを鳴らすためのペダルキットがついているのです!

ドラムのプレイには専用アプリを使用してもいいですし、Apple Store上にある数百種類のドラムアプリから選んでプレイすることも可能です。

実際のドラムのように騒音を気にする必要はありませんし、大変な思いをして自宅にドラムセットを置く必要もありません。
インストールと設置はどこまでも簡単ですし持ち運びが楽々できるポケットサイズですので、こっそり会社に持ち込んでストレス発散にドラムプレイなんてこともできてしまいます。

ただし見つかった際には「変な人」扱いは免れませんので、プレイ場所には十分気を付けるようにしましょう。

TOUCH BEAT3

デスクと座れるイスさえあればどこでもプレイ

設置や準備に関する時間の少なさと手軽さは他の楽器の比ではありません。
最悪デスクがなかったとしても付属のレッグバンドを使用して足に固定すればプレイすることが可能です。

これほど携帯性に優れているドラムキットはもちろん他に存在しませんので、これまでドラムをやりたかったけど二の足を踏んでいたという人にはピッタリではないでしょうか。

TOUCH BEAT4

TOUCH BEAT』の設置はアプリを起動して導電体チップをディスプレイに設置、キックペダルのポジションを決めたらもうスタートできます。

実際のドラムを叩いてるような臨場感を味わえますので、実際のドラマーでも移動中の練習などに最適です。

TOUCH BEAT6

プロドラマー兼大学の音楽教授が開発に参加

おそらく動画でドラムを叩いている人物がそうだと思われますが、このドラムキットの開発にはプロが関与していますのでかなりの仕上がりとなっています。

このキットがあれば音楽のスタート時にネックとなる楽譜の読み方や購入費用を一気に飛び越してプレイする楽しさを知ることができるので、余計なことで頭を悩ませることなくドラムをもっと好きになれるはずです!

何はともあれまずはドラムをプレイする、つまりは体系的に楽しくドラムを学ぶことができるのがこのキットの最大の特徴です。

もちろん大人だけでなくお子様の音楽学習にもピッタリですので、親子でドラムを始めてみても楽しいのではないでしょうか。

TOUCH BEAT7

力まず優しく、そして激しくビート!

動画を見ていて分かる通りiPadに対する扱いとは思えないほどディスプレイを連打します。

しかしここで忘れてはいけないのがこの演奏者は教授であり、余計な力みが一切ないプロドラマーです。
素人がいきなりロールなんてしようとすれば間違いなく肩に力が入ってスティックのアルミ部分で液晶を叩くことになりますので、まずは肩の力を抜いてリラックスすることから始めましょう。

TOUCH BEAT』の本体価格は¥4,788とかなりリーズナブルですので、ドラムゲームじゃ一向にドラムがうまくならないと嘆いている人はこのドラムキットで新しく出発してみてはいかがでしょうか?

参照元: Makuake

人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!