PC・スマートフォン

【海水浴に最適】スマホ用防水ケースのオススメ6選

防水スマホケース 比較1

これから夏本番ですが、本格的に暑くなってきたら海に行きたくなりますよね。
砂浜メインと言っても一応水辺なのでできればモバイルの類は置いていきたいところですが、現代においてスマホがなくていいレジャーシーンなど存在しません。

そこで活躍するのがスマホやカメラを収納できる防水ケースですが、「安いのと高いのってそんなに性能違うの?」って思ったことありませんか?

防水スマホケース 比較2

「今年もダイソーで買って使い捨てにしよう」なんて考えてた人、ちょっと待ってください。
ないに越したことはありませんが、「万が一」という言葉があるわけでケース代をケチったばかりに「スマホ本体とデータ丸ごと」ではあまりにリスキーすぎやしませんか?

というわけで今回は海でも使える「ちゃんとした防水ケース」のオススメ製品をご紹介します。

防水性能はIPX8相当で!

防水ケースであるからには最も注目すべきはその防水性能ですが、最低でもIPX7、望ましいのはIPX8相当の製品です。
このIP(Ingress Protection)コードはよくIPXXという感じで目にすると思いますが、一桁目のXが防じん性能の等級、二桁目のXが防水性能の等級を表しています。

ちなみにこれらの数字は当然ながら試験をした結果に基づいているもので、防じん性能の試験を受けていなければIPX◯と表記され、逆に防水性能の試験を受けていなければIP◯X、どちらの試験も受けていればIP〇〇と表記されます。
そしてIPX2までは防滴、IPX3以降が防水という扱いになり、水没の可能性があるシーンではIPX7以上が望ましいとされています。

防水スマホケース 比較3

感度のチェックも忘れずに

防じん・防水性能バッチリと意気込んで水中に潜ったはいいがいざ撮影しようとしたら反応しなかったでは笑えません。
一日中ブルーに過ごすことになりますので、選ぶ際に一度実際にスマホを入れてみたりして感度のチェックも行いましょう。

スマホ専用と謳っている場合でも稀に感度の悪い製品がありますので、手間ですがチェックを怠ったがために撮影できずなんてことになるよりはマシです。
大切なスマホと思い出のためですのでくまなくチェックして海水浴に備えましょう。

防水スマホケース 比較3

オススメ:ソフトタイプ

DIVAID/防水ケース

防水スマホケース 比較01

¥1,512

 

オーソドックスなチャック式のシンプル防水ケース。
中にお金やICカードなどが収納できる便利なポケット付きで、ストラップの付け方によって使い方が変えられる3wayタイプです。

ケースサイズが大きいので持ち運ぶ時はかなり邪魔ですが、使用中は快適そのもので斜め掛けで使用できるのもこのケースの特徴です。


lowaya/強化版防水ケース

防水スマホケース 比較02

¥1,059

 

IPX8の防水認定を獲得しており、水深20mの環境下でもしっかりとスマホを保護してくれます。
ケース上部のロック機構が安心感抜群で、ケース裏側にはアームバンドを通すループも備えています。

ネックストラップも付属するので2way仕様ということになりますが、日頃からスポーツなどで汗を流す機会があるのであればこのケースがオススメ。
アームバンドは水泳をする時などにも便利ですし、水中での撮影も問題なく対応可能です。


Auwet/防水ケース

防水スマホケース 比較03

¥1,280

 

同デザインでもう少しリーズナブルなのが欲しいという人にオススメの防水ケース。
アームバンドは付属しませんし、本体に余計なデザインが入ってしまっていますがブラック×グレーなのでそこまで気にならないはず。

汎用性の高そうな使いやすいネックストラップが付属するのでこの点と防水性能は◎です。
6インチ以下のスマホに対応していますので、大体のスマホで使用することができるでしょう。


Mangrove/スマホ用防水ケース

防水スマホケース 比較04

¥1,188

 

Amazonレビューで今回ご紹介する中では唯一☆5を維持しているケースです。
日焼けした首に優しい柔らかめのストラップと、二重密閉構造で浸水を気にせず思いっきり遊ぶことができるでしょう。

6インチ以下のスマホを収納することができ、カラーにミント系のグリーンがあるのもこのケースの大きな特徴です。


Danyee/防水ポーチ

防水スマホケース 比較05

¥1,080

 

海に必要なのはスマホだけじゃないんだよと保護者サイドからのため息が聞こえてきそうでしたので、容量を気にする人にピッタリの防水ポーチもご紹介します。
ショルダータイプなので使いやすい上に盗難などに遭いにくいデザインが特徴です。

カラーバリエーションも豊富なので、ここは目立つ色を選んでおいた方が何かと便利かもしれません。
カモフラ柄もありますが、海で使うなら目立つオレンジなどがオススメです。


Danyee/防水ポーチ

防水スマホケース 比較06

¥1,080

 

全く同じデザインですが、最大の特徴は透け感ゼロでついでに季節感もゼロの真っ黒な素材です。
何かしらの理由で中身が見えたくない人にオススメの防水ポーチで、いないとは思いますが札束なんかを入れていても中身が分からないので安心して過ごせます。

防水性能だけなく秘密保持性能にも長けていますが、こんな真っ黒なバッグを海で持ち歩いてる人はそれだけで浮いてるので逆に目立ってしまうかもしれません。

機種専用のハードタイプも

安心感で言えばハードタイプですが、それぞれ機種専用ですので紹介するにはあまりに多すぎるためこんなのもあるよという形でご紹介します。
iPhone用は比較的種類が多いですが、Androidは機種自体の種類が多すぎるためモデルによってはほぼ選択肢がありません。

中には専用ケースが存在しないモデルもありますので、そういった場合もソフトタイプの防水ケースを使用しましょう。
ハードタイプは防水性能だけでなく耐衝撃性にも優れているものがほとんどなので、海水浴ではなく海釣りなどに行くのであればソフトタイプではなくハードタイプがいいかもしれません。

※ 価格は全て2018年7月19日のものです。

防水スマホケース 比較4

合わせて読みたい記事

  1. TV視聴アプリ スマホ動画 いつでもどこでもスマホで観られる!オススメのテレビ視聴アプリ7選…
  2. ワンタッチテント アウトドア 山 設営の手軽さが魅力!ワンタッチテントのオススメ7選
  3. 雲台 カメラ ワインの撮影 撮りやすさが段違い!雲台のおすすめモデル7選
  4. VRを楽しむ女性 ここを見れば退屈しない!オススメのVR専門メディア7選
  5. 男性 スーツ 【ビジネスマンの必需品】オススメのズボンプレッサー7選
  6. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash これなら耳が痛くない!寝ながらの使用にオススメのイヤホン
  7. 自宅で乾杯 ビール クリーミィな泡とか最高か!家庭用ビールサーバーのおすすめ7選
  8. バイク インカム 田舎 ツーリングをもっと快適に!バイク用インカムのおすすめ6選
HERO トップ画像
  1. OSCILL フィジェットツール
  2. メディシンボールを持った女性
  3. ORVIBO ホームセキュリティ
  4. duitドライハウス トップ画像
  5. FLAK SACK SPORT 鞄 盗難防止
  6. TV視聴アプリ スマホ動画
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!