PC・スマートフォン

用途に合わせて持ち運ぶ!モバイルプリンターのおすすめ7選

モバイルプリンター 比較01

携帯性に優れていてどこでもすぐに印刷できるのがメリットのモバイルプリンターですが、種類が多くてどれを買ったらいいのか悩んでいませんか?

普通のプリンターのようにA4サイズが印刷できたり、はたまた写真のプリントに特化したものまでありますから、まずは仕事で使うのかプライベートで使うのかで分けてみるといいでしょう。

モバイルプリンター 比較02

きっと中には「せっかく買うならオンオフどちらでも使いたい」なんて人もいるかもしれませんが、ハイスペックなものは価格もそれなりと言うことを忘れてはいけません。

今回は用途別でオススメのモデルをご紹介しますので、モバイルプリンター選びで迷ったらぜひ参考にしてみてください。

モバイルプリンターの選び方


2つの印刷タイプ

実はモバイルプリンターには2種類あるのをご存知でしたか?

・主流のインクジェットタイプ
インクジェットタイプはプリンター本体が低価格な反面、メーカーによってはインクが効果なのでランニングコストがかかります。
このあたりは通常のプリンターと同様ですので理解している人も多いと思いますが、もしもインクジェットタイプでお探しなら本体が多少高くてもインクカートリッジが比較的リーズナブルなメーカーをおすすめします。

・インボイスなどのプリントに最適な感熱式タイプ
感熱式の場合は熱によって文字を印刷しますので、インクが不要な代わりに特殊な用紙を使用しています。
当然通常のプリンタ用紙に比べて用紙代が高くなりますし、カラー用紙となればさらに高価ですがインクカートリッジほどではありません。
基本的には白黒のみしかプリントできませんので、主にビジネスシーンでの使用がメインとなります。

モバイルプリンター 比較03


2つの電源タイプ

モバイルプリンターにはバッテリー内蔵タイプのものとAC電源を使用するものがあります。

バッテリー内蔵タイプでであれば電池が切れてもモバイルバッテリーで使用したりと利便性がかなり高いです。
屋内外で使用したいのであればバッテリー内蔵タイプになりますが、車の中などでもコンバーターを利用すればAC電源タイプも使用することができます。


スマホ対応の有無

またプリンターによってはスマホに対応しているものもあるので、撮影した画像をすぐにプリントしたい場合などにオススメ。
当然ながら価格は上がりますので、予算と性能をしっかりチェックしてピッタリのモバイルプリンターをチョイスしましょう。

モバイルプリンター 比較04

A4対応のモバイルプリンター


brother/PocketJet

モバイルプリンター 比較1

¥74,800

 

バッテリー内蔵タイプでありながらA4用紙で約600枚の印刷が可能なハイスペックモデル。
感熱式なので白黒のみのプリントとなりますが、iPhoneやiPadからのワイヤレス印刷にも対応しています。

出先での営業資料を印刷したりとビジネス用としては優秀なプリンターですが、なにせ価格が高いので個人で購入するとなるとあまり現実的ではないかもしれません。


EPSON/PX-S05W

モバイルプリンター 比較2

¥21,206

 

インクジェット式のモバイルプリンターで、価格的にもビジネス利用としてイチオシのモデルです。
フルカラーで約50枚、モノクロ印刷で約100枚のプリントが可能ですが、パソコンやモバイルバッテリーからのUSB充電にも対応しているのでかなり使えます。

Wi-Fi Direct機能搭載なのでスマホやタブレットからのルーターを使わず直接プリントできる点も魅力です。


Canon/PIXAS iP110

モバイルプリンター 比較4

¥23,230

 

染料インク顔料インクを内蔵したモバイルプリンターで、文書だけでなく写真までキレイにプリントすることができます。
Canon独自の「ブラックインク節約モード」が搭載されているため、インクのコストが気になるビジネス利用にはもってこいではないでしょうか?

ルーター不要の「ダイレクト接続」でスマホやタブレットからでも印刷が簡単にできるので、evernoteやdropboxユーザーにオススメ。

スマホ対応のモバイルプリンター


Canon/SELPHY CP1300

モバイルプリンター 比較5

¥11,234

 

写真が趣味という人にはインクカートリッジがリーズナブルなCanonのプリンターがオススメ。
軽くて持ち運びしやすいコンパクトボディに3.2型の大型液晶を採用しているので写真が確認しやすいのが特徴です。

写真専用なのでキレイに仕上がりますし、アクセスポイント内臓なのでスマホやカメラからWi-Fi経由で直接プリントすることもできます。


PRYNT/prynt pocket

モバイルプリンター 比較6

¥19,490

 

写真印刷専用のポケットサイズプリンターで、iPhoneを直接接続してプリントすることができます。
専用アプリをインストールすればiPhone5以降のモデルで使用することができ、ARを利用した「動く写真」にも対応。

約3時間のフル充電で20枚の写真をプリント可能ですが、専用用紙が40枚で¥2,480と高いのがネック。


ELECOM/eprie EPR-PP01W

モバイルプリンター 比較7

¥7,998

 

キレイな写真が印刷できるELECOMのモバイルプリンターで、専用用紙が20枚¥1,071とやはり高いのがネックです。
写真だけでなくフォトシールタイプのカートリッジもありますがこちらは¥1,414となっています。

アプリを使ってワイヤレスで印刷できて本体価格もリーズナブルなので、気軽にスマホで撮影した写真をプリントしたい人にオススメです。


Lifeprint/Photo Printer LP001-1

モバイルプリンター 比較8

¥17,071

 

専用アプリでARを利用した動く写真「Hyperphoto」が作れる話題のプリンターで、作成した写真はプリントするだけでなくSNSへのシェアも簡単に行えます。
インクを使用しないZINK Zero Ink Printing(R)技術を採用した専用用紙なのでやはり高価ですが、iOS/Androidどちらにも対応しているのが魅力。

1枚あたりのプリント時間も30秒と短く、一度のフル充電で10~15枚印刷することができます。

ランニングコストに気をつけよう

スマホ専用のモバイルプリンターは用紙が比較的高価なので、ただ単に写真を印刷したいだけならCanonの「SELPHY CP1300」がおすすめです。

ビジネス利用ならA4対応は必須ですし、プライベートで楽しむならランニングコストが高くても「動く写真」は魅力的。

オンオフ両用となるとCanonの「PIXAS iP110」あたりがおすすめですが、写真の仕上がりにこだわるならやはり専用プリンターを選ぶことをお勧めします。

※ 価格はすべて2018年8月23日現在のものです。
モバイルプリンター 比較05

合わせて読みたい記事

  1. TOKIJI 【レビュー#55】ミニマルなデジタルウォッチ『TOKIJI』がか…
  2. デザイナーズビジネスデイパック 【レビュー#50】スタイリッシュな『デザイナーズビジネスデイパッ…
  3. セカンドウォレット 【製品レビュー】スリムな大人のお財布『セカンドウォレット』が機能…
  4. 親子バッグ これが本当のオンオフ”両用”!同じデザイ…
  5. John Shelby ネクタイ1 たったの1秒で着脱できる!ワンボタン仕様のスマートなネクタイ『J…
  6. SPALO エクセル ai1 ソフトバンクの新提案!チャットボットと会話してビジネス文書の作成…
  7. YOOKERS フェルトペン1 まるで万年筆!滑らかすぎる描き心地のフェルトペン『YOOKERS…
  8. EVERWIN トートバッグ1 Made in 豊岡!EVERWINが手がけるデニム素材のトート…
  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!