PC・スマートフォン

【実機レビュー】感熱式モバイルプリンター『PAPERANG-P2』は凄かった!

PAPERANG-P2 トップ画像

先日ご紹介した感熱式モバイルプリンター『PAPERANG-P2』の記事はご覧になったでしょうか?
まだ見ていないという人はよろしければご確認ください。⇓

インク不要!ポケットサイズのモノクロプリンター『PAPERANG-P2』

そして今回はなんとプロジェクターのAFU株式会社さんのご協力により、一足先に製品サンプルを入手することに成功致しました!
ということで早速“実際使ってみてどうだったのか“ということを詳細にレビューしますので、気になっていた方はぜひ参考にしてみてください。

PAPERANG-P2 製品イメージ

インク不要のポケットプリンター

2018年10月22日にプロジェクトが終了するプロダクト『PAPERANG-P2』ですが、プロジェクトページに記載されていた”理想のモバイルプリンター“という一文は嘘ではありませんでした。
詳細はこの後紹介していくとして、まず製品スペックは以下の通りとなっています。

PAPERANG-P2 製品スペック

実際に手元に届いたときの第一印象は”思ったていたよりもコンパクト“、箱がこんなに小さいなら中身はどれほど小さいんだろうというのが素直な印象でした。
重量は本体のみで約160g、感熱紙を入れた状態で195g(実測)でしたので現存するモバイルプリンターの中でもトップクラスの軽さということになります。

開封の儀

というわけで早速開封していきましょう。

こちらの画像が梱包資材とビニールを剥がした状態です。

PAPERANG-P2 本体の外箱

PAPERANG-P2 箱をスライドした所

箱は取り出しやすいスライド式で、上の画像のようにでスッキリと収納されています。

PAPERANG-P2 内容一覧

こちらが内容を全て取り出した状態です。
入っていたのは本体説明書冊子充電ケーブル(まとめていたワイヤーは取ってしまいました)となっています。

この他に付属品としてシールタイプの感熱紙が1ロール同梱されておりました。
人によってはカラー紙セットだったりカラー紙+シール紙のフルセットなんてこともあるようです。

 PAPERANG-P2 本体アップ

持ってみた感想としては本当にコンパクトで、牛乳パックの底より一回り大きいくらいのサイズでした。
とてもシンプルなデザインで、インスタントカメラを模したフロントがとてもオシャレな印象を与えてくれます。

実際にプリントする

開封の儀も終わったことですし、ここからいよいよ本格的に使い心地をレビューしていきます。

アプリをインストール

PAPERANG-P2』を使用するためにはまず専用のPAPERANGアプリをスマホにインストールする必要があります。
アプリのインストールは無料、スマホとの接続はBluetooth4.0を利用したワイヤレスですのでケーブルを接続する必要はありません。

PAPERANG-P2 アプリ画面

アプリを開くとまずはアカウントの登録が必要になりますので、SMSで届く6桁の認証コードを入力します。

PAPERANG-P2 アプリ画面2

アカウントの作成が済んだら次はいよいよペアリングです。
本体の電源を入れて”プリンターの接続“をタップすれば自動で検索を行ってくれます。

PAPERANG-P2 アプリ画面3

ちゃんと検出されました。
検出されたデバイスをタップしてペアリング開始、ものの1分足らずでペアリング作業は完了です。

アプリを使ってプリントする

それではついに『PAPERANG-P2』を使ってプリントしてみましょう。
まずはテストとして”クイックメモ”で本体を撮影してプリントしてみます。
PAPERANG-P2 アプリ画面4

その前に本体に感熱紙が入っているかチェックしましょう。
本体をスライドさせると開く構造になっていて、交換しやすいようにガバっと開きます。

PAPERANG-P2 本体を開いた所

きちんと用紙はセットされていましたので、早速写真をとってプリントしてみました。

PAPERANG-P2 実際にプリントしたところ

これまた思っていたよりもかなり鮮明に印刷されます。
モノクロ印刷なので光の入り方によってはかなり見にくくなってしまいますが、やはり普通のカラー写真よりはスタイリッシュな雰囲気になりますね。

PAPERANG-P2 商品イメージ2

今度は↑こちらの画像を印刷してみます。

PAPERANG-P2 印刷イメージ

濃度を変えて二枚印刷してみました。
左側が標準設定での印刷、右側が明るさとコントラストを適当に変更して印刷したものです。

PAPERANG-P2 印刷イメージのアップ

左右逆になってしまっていますが、右側が標準設定で左側が変更後のものです。
標準設定の方では細かい文字まではっきりプリントされているのがお分かりいただけるでしょうか。

いろいろプリントしてみる

写真のプリント性能は申し分ないとして、次はメインの使い方の一つである”メモ“としての機能をチェックしていきましょう。
アプリを使えば様々なテンプレートを使用することができるだけでなく、手書きプリントも可能なのでスタイラスペンがあればイラストを描いてプリントできます。

PAPERANG-P2 アプリ画面5

PAPERANG-P2 大文字印刷

PAPERANG-P2 小文字印刷

大文字と小文字を印刷してみました。
小文字印刷には日本最古の物語”竹取物語“原文を1/3ほどコピペして使用しています。

PAPERANG-P2 小文字アップ

やはりレシートと同じ技術とは思えないほど小さな文字まで鮮明にプリントすることができます。

実際に数日使ってみた感想

PAPERANG-P2』が手元に届いてから3日間は、どこに行くにも携帯して使い勝手をあれこれチェックしてみました。
3日間のうち2日間は仕事をして1日はお休み、それぞれどんなシーンで使用できるのかテストです。

まず仕事の日は家族への伝言やスケジュールメモとして、それからガラケーを使っている人とのミーティングや手書きよりもずっと読みやすいメモとして大活躍。
特にスマホやPCを使っていない人とのミーティングではその場その場でイメージやメモをプリントして渡せるので本当に助かりました。

PAPERANG-P2 写真プリント

そして休日は子供たちの格好のオモチャとしてフル稼働、移動中の手持ち無沙汰な時間などはタブレットに落書きしてプリントするというだけでかなりの時間遊ばせることができました。
もちろん撮影した写真をその場でプリントして見せても大はしゃぎで、親子で楽しめるツールとしてもかなり優秀なのではないでしょうか。

PAPERANG-P2 イラストを印刷

“控えめ”に言って最高

ということで今回は『PAPERANG-P2』のレビューをしてきましたがいかがでしたでしょうか。
現在支援しようかどうしようか迷っているという人は、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

PAPERANG-P2』の本体価格は定価の20%OFFの¥8,800~となっており、プロジェクトは10月22日を持って終了します。
Amazonでは前モデルのPAPERANG-P1が販売されていますが、解像度が段違いですのでもしも購入を検討しているのであれば『PAPERANG-P2』が断然おすすめ。

この機会にあなたも”理想のモバイルプリンター”をゲットしてみてはいかがでしょうか。

PAPERANG-P2 ご支援よろしくお願いします!

参照元:GREENFUNDING


インク不要!ポケットサイズのモノクロプリンター『PAPERANG-P2』

合わせて読みたい記事

  1. PAPERANG-P2 トップ画像 インク不要!ポケットサイズのモノクロプリンター『PAPERANG…
モニターアーム デスクワーク
  1. ITTEKI ドリップポット
  2. Quickstarter ひらめき アイデア
  3. 雲台 カメラ ワインの撮影
  4. VTuber キズナアイ ミライアカリ
  5. GLIGO 腕時計 男性
  6. Onni Bag トップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!