PC・スマートフォン

モバイルバッテリーは使いやすくなきゃ!超小型モバイルバッテリー『FingerPow』

FingerPow

帰宅途中の電車内などで動画を見ている最中に、バッテリー残量が20%を切ったという表示が出ると焦りませんか?
「やばいやばい、モバイルSuica使いたいのにバッテリー持つかな・・・」と不安になることもしばしば。でもそんなときはモバイルバッテリーがあれば安心です。

しかし一般的なモバイルバッテリーは充電中のケーブルが邪魔だったり、そもそもバッグがないと携帯できなかったりとデメリットも多くありました。

そんなモバイルバッテリーの悩みをさっぱり解消してくれるのが、超小型モバイルバッテリー『FingerPow』です。
このバッテリーのすごいところは、マグネット式なのでケーブルが不要、しかも最低限の容量しかないため「あとちょっとだけ持ってくれ・・・!」という時に大活躍。

これさえあれば、夕方の“スマホのバッテリー事情”は全て解決してくれるかもしれません。

 

便利すぎるモバイルバッテリー

FingerPow』はマグネットを利用した接続で、ケーブルの煩わしさから解放してくれる軽くて小さなモバイルバッテリーです。
小さなボディのバッテリー容量は600mAhとなっており、チャージドッグ本体も5,000mAhのモバイルバッテリーとして使用が可能。

詳細

micro-USB・USB-C・Lightningに対応しており、機種にもよりますが一つでスマートフォンバッテリーのおよそ25%を充電することができます。
もしもバッテリー残量が10%以下になってしまったとしても、カチッとつけておけば30%ほどまで回復できるので自宅までは十分持ちそうですね。

25%充電

FingerPow』一個のサイズは54×25×10mmしかありませんので、4個まとめてポケットに入れることも可能です。
必要個数分だけ持ち歩くこともできるので、結婚式などのフォーマルなシーンにも最適です。

シーンに合わせて選べる使い方

ケーブルのストレスから解放

FingerPow』が必要になるシーンというのは、何も屋外だけとは限りません。
就寝前のひとときや部屋で通話を楽しんでいるときなど、充電ケーブルが邪魔になる瞬間というのは多々あります。

そんな時でもこのモバイルバッテリーなら邪魔になることがなく、もちろん落下する心配もないので安心して使用できます。
万が一そのまま寝てしまってもとりあえず600mAh分は充電されるので、朝起きたときにバッテリー残量が10%以下なんていう最悪の事態は避けることができるでしょう。

ケーブルストレスから解放

もちろん防水設計!

モバイルバッテリーももはや防水の時代、ということで『FingerPow』ももれなく防水機能を搭載しています。
釣りやビーチでのSNS映えする瞬間に、「バッテリー残量が低い!」なんてときにも安心して使用できますね。

防水機能

また、内部のバッテリーは500回繰り返して充電しても、摩耗率はわずか20%ほどという特殊設計を採用。
毎日充電しても二年近くはパフォーマンスの低下を気にする必要はないでしょう。

バッテリー摩耗率20%以下

端子はつけっぱなしでOK

マグネット式のいいところは、スマートフォン本体に端子を挿しっぱなしでいいのでホコリやゴミの侵入が気にならないことです。
端子の抜き差しによる擦れを気にする必要もありませんし、スマートフォンを長く使いたいという人には最適な接続方法かもしれません。

マグネット式

ただしバッテリーというのは充電時間の長短ではなく充電回数によって寿命が決まっていますので、バッテリー本体のパフォーマンスが下がってきたらメーカーなどで交換するようにしましょう。

使いやすさがとんでもない超小型モバイルバッテリー『FingerPow』は、今ならGreen Funding限定価格¥7,984で入手できます。
今使っているモバイルバッテリーがケーブル式なら、一度マグネット式の『FingerPow』をお試しください。

きっと手放せなくなりますよ。

さっと持ち出せる

参照元:greenfunding.jp

合わせて読みたい:

これは便利すぎる!ミニマル×モバイルバッテリー『マグッピ』


iWalk モバイルバッテリー 3,300mAh

関連商品|iWalk モバイルバッテリー 3,300mAh ¥1,780

※掲載価格は2019年1月14日時点のものです。

ATMOTUBE
  1. DUEX
  2. INNWAY
  3. AirConductionHeadset
  4. INNWAY
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!