PC・スマートフォン

これはただの防水ケースではない!iPhoneをアクションカメラに変える『ProShot Case』

ProShot Case

これからどんどん気温が上がってくると、マリンスポーツが恋しくなってきますが準備はできていますか?
思い切って新しいジャンルに挑戦するという方もいると思いますが、後々いい思い出になるので最初のときこそしっかりと記録しておきたいものです。

しかし、わざわざそのためにアクションカメラを購入するというのはもったいないので、ここはiPhoneをアクションカメラに変身させてみてはいかがでしょうか。

サーファー

ということで今回ご紹介するのは、装着するだけで水中撮影が可能になる完全防水ケース『ProShot Case』です。
「防水ケースなら他にもたくさんあるし、わざわざそれじゃなくても・・・」と思うかもしれませんが、このケースはただの防水ケースではありません。

今使っているiPhoneが完全防水のアクションカメラに早変わり、シーンを選ばず最高の一瞬を切り取ることが可能になります。

iPhone専用完全防水ケース

ProShot Case』はあなたの持っているiPhoneを、完全防水のアクションカメラに変えることができる魔法のケースです。
最大深度15mまで完全対応しており、付属のグリップを使えばダイビング中やビーチでも安定した動画撮影が可能になります。

ProShot Case

ProShot Case』専用アプリを使用すると、ボリュームボタンで様々な撮影モードを切り替えたり、より本格的な水中撮影が可能になります。
世の中に流通しているただの完全防水ケースではなく、iPhoneをアクションカメラに変身させる唯一のケースといえるでしょう。

ProShot Case』の特徴

水上ではタッチスクリーンに対応しており、操作性に優れた大きめのボリュームボタンを搭載、使い勝手抜群の防水ケースです。
マイナスのボリュームボタンはカメラの撮影モード切り替え、プラスのボリュームボタンはシャッターボタンに対応しているため決定的な瞬間を逃しません。

iPhone6から最新機種のiPhone Xs Maxまで対応し、撮影した映像や写真は全てカメラロールに保存されるため確認も用意です。
取り付けはとても簡単で準備に無駄な時間がかからず、服を脱ぐのと同じようにタイムレスで目の前に広がる美しい風景を記録することができるでしょう。

ProShot Case操作

ProShot Case』専用無料アプリ

最適化された専用の『ProShot Case』アプリは、Appストアから無料でダウンロード可能です。
本体同様に直感的な操作が可能で、何らかのカメラアプリを使用したことがあれば迷うことなく扱うことができるでしょう。

ただし、水中では水圧の関係でタッチスクリーンを無効にするなどいくつかの注意事項があるので、使用前にしっかりと使用方法を確認することが大切です。
わかりやすいインストラクション動画があるので、時間があるときに一度見ておくといいかもしれません。

GoProマウント互換

ProShot Case』には落下防止用のストラップが付属しており、グリップに装備することでダイビング中も安心して使用することができます。
マウント部分はGoProマウント完全互換のため、さまざまなアクセサリを使って最適な方法で撮影しましょう。

iPhoneを完全防水のアクションカメラに変身させるケース『ProShot Case』は、¥13,824のところGreenFunding限定の¥9,800で入手可能です。
発送は2019年6月頃を予定しているとのことですので、シーズン本番には間に合いそうですね。

ProShot Case

参照元:greenfunding.jp

合わせて読みたい:

美しさが加速する。iPhoneX専用Xフレームケース『RADIUS X』


Eonfine iPhone XR IP68防水ケース

関連製品│Eonfine iPhone XR IP68防水ケース ¥2,180

※掲載価格は2019年4月23日時点のものです。

  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!