PC・スマートフォン

万一の災害対策に!太陽光発電出来るモバイルバッテリー『X-DRAGON』

スマホユーザーの便利グッズとして人気なのがモバイルバッテリーかと思います。
特に仕事でスマホを多用する人はスマホ本体のバッテリーだけでは不十分となりがちなため、モバイルバッテリーはビジネスマンの強い味方です。

モバイルバッテリーは基本的に電源を供給できるコンセントから充電しますが、今回紹介するモバイルバッテリー、『X-DRAGON』はソーラーパネルが搭載されておりなんと太陽光発電で充電可能なのです!

ソーラーパネル搭載のモバイルバッテリー

X-DRAGON

モバイルバッテリー、『X-DRAGON』の最大の特徴は本体前面にソーラーパネルが取り付けられており、太陽光で充電ができるという点です。

もちろん通常の電源供給による充電も可能!
つまり従来の基本的なモバイルバッテリーのスペックに太陽光発電機能が追加された製品と考えればOKです。

大きさは上記画像を参照ですが、ソーラーパネルを取り付ける必要上、昨今のモバイルバッテリーとしてはやや大きめの作りですね。
ソーラーパネル付きということで野外での使用を想定し、防水仕様、そして本体にLEDライトが搭載されています。
アウトドアや災害時の利用を意識した設計ですね。

基本的なモバイルバッテリーとしての電源容量は10,000mAh(ミリアンペアパワー)のタイプと15,000mAhのタイプがあります。
多くのスマホのバッテリー容量は2,500mAhであることが多いため、単純にスマホ4回のフル充電可能な容量です。これならスマホ2台持ちの人でも不足を感じることはないでしょう。

出力はUSBポートのため、ほぼ全てスマホに対応、そしてポートは2つあるためスマホ2台の同時充電が可能です。

太陽光での充電はどんな感じ?

では肝心な太陽光発電に関しての性能はどうでしょうか?

X-DRAGONの本体にはストラップを取り付けることが出来るためリュックやショルダーバッグにぶら下げ、野外を歩きながら充電することも可能。
太陽光で充電できているときは専用のランプが点灯するため分かりやすいです。

ちなみに蛍光灯などの光でも充電できますが充電量は微々たるもので、やはり本格的に充電するには太陽光が望ましいとのことです。
日差しがまぶしいような天気でなくても十分に充電できる設計になっています。

晴天の日にスマホに接続しながら太陽光で充電すると、30分程度でバッテリーが10%ほど回復します。
半日くらい太陽に晒して充電すればバッテリーを8割くらいは充電できるくらいのレベルでしょうか。

もしものために持っておこう!

外観デザインはどことなくGショックっぽい、いかにもアウトドアといった感じの堅牢なデザインで、野外で落としても壊れることはほぼ無さそうです。
最大のウリはソーラーパネルによる太陽光発電ですが天気で左右されるとなると、それのみで運用するのは少し厳しい感じでしょうか。

通常のモバイルバッテリーとして考えると、本体がやや大きいくらいで性能は充分です。
太陽光発電機能がいざというときに活躍するのは言うまでもありません。

価格はAmazonなどで2,000~3,000円程度と、従来のモバイルバッテリーと同等の価格帯です。
さほど高価というわけではないので太陽光発電に魅力を感じる人にはおすすめの一品です。

参考サイト
AliExpress
昭和40年代男のつぶやき

 

  1. Neotokyo
  2. GravaStar
  3. mover
  4. 気泡わり専用アラビックヤマト
  5. サブスク
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!