PC・スマートフォン

これが最強!SIMフリールーターなら『Aterm MR05LN』

Aterm MR05LN

ノートPCやタブレットを持ち歩く人でなくても、あったら便利なのがモバイルルーター。

どうせなら自宅に回線を引きたいけど、引っ越しのことなども考えて手をこまねいている人にこそオススメです。

あっという間の速度通信制限でモヤモヤとフラストレーションをためるより、月額数千円で何も気にせずサクサク使えるほうがいいと思いませんか?

Aterm MR05LN

もちろん引っ越ししてもそのまま継続して使用できますし、格安SIMを利用すれば自宅に回線を引くよりもっとお得に利用することができます。

そこで問題になるのがどのモバイルルーターを選べばいいのかって話なのですが、オススメなのが『Aterm MR05LN』。

本製品はNECプラットフォームズ製の人気ルーターで、少し高めのお値段も思わず納得の超高性能なモバイルルーターなんです。Aterm MR05LN

まずは気になるそのスペック

サイズは、幅 約63mm × 高さ 115mm × 厚さ 11mm、重さ約115gとモバイルルーターとしては少し大きめ。

実売価格も2万円前後とややお高めですが、注目すべきはその利用時間にあります。

連続通信時間がWi-Fiテザリングで約14時間、Bluetoothテザリングなら約30時間となっています。

また連続待受時間も休止状態で1,250時間リモート起動使用時500時間ウェイティング時で約40時間とそのままバッグに入れっぱなしでも丸一日以上余裕で持ちます。

モバイル機器の宿命とも言えるバッテリー持ちに関しては、充実したスペックであることは分かってもらえると思います。Aterm MR05LN

次に、ルーターというからには気になるのが通信速度です。

LTE-Advanced下り最大375Mbpsまで対応しています。動画を見るくらいでは何の問題もない通信速度ですね。

ちなみにLTEだと下り150Mbps上り50Mbpsとこちらであっても全く問題なく使うことができそうです。

Aterm MR05LN

2枚のSIMを使い分けできる

NanoサイズのSIMカード2枚を使用できるデュアルSIMスロットSIMカード切り替え機能を搭載しています。

これは前モデルのMR04LNから引き継がれていますが、SIMカードの切り替え機能がさらに高速で行えるようになりました。

MR04LNでは一度再起動が必要だったのに対し、MR05LNでは切り替えを選択して一呼吸おけば完了してしまいます。Aterm MR05LN

また場所や時間帯、使い方によって切り替えすることを目的としたデュアルSIMですが、本製品では自動切り替え設定もできるようになっています。

速度が遅くなる昼間は速度の早いSIMを使い、夜間など余裕があるときは通信料制限なしのSIMを使うなどあらかじめ設定しておけばより便利に使うことができます。

これまでのルーターより簡単で、さらに有効な使い方ができるのも『Aterm MR05LN』の人気の要素と言えるでしょう。

Aterm MR05LN

誰でもどこでもオールマイティーに活躍する1台

スクエア形状のプラスチック製で大きな液晶が特徴的なデザインの『Aterm MR05LN』。

シンプルでとっつきやすいデザインに加え、オプションで設定されているクレードルを使えば有線での使用もできるのでさらに幅が広がるでしょう。

テレビやゲームだけでなく、無線LAN機能のないパソコンにも使えるのはかなり便利です。

Aterm MR05LN

モバイルルーターとして以外にも、自宅にすでに回線がある場合はWi-Fiを飛ばす本来のルーターとしても活躍してくれます。

ここまで万能だと実売価格が2万前後であっても使ってみたくなります。

MVNO(格安SIM)が普及した今、モバイルルーターの需要はさらに増加しておりその性能も年々上がってきています。

固定回線に速度こそ劣るものの、利便性や料金で比較した際にモバイルルーターを選ぶ人は少なくないでしょう。

初心者から上級者まで使用でき、外出先でもしっかりネット環境を整えたいなら『Aterm MR05LN』で決まりです。

Aterm MR05LN

参照: Aterm Station

DIY
  1. 高級ノート
  2. クイジナート バキュームシーラー
  3. スマホ用三脚
  4. 残業証拠レコーダー01
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!