テクノロジー

【今年こそ欲しい!】おすすめの家庭用3Dプリンター8機種

3Dプリンター

あったら便利とわかっていても専門的なソフトなどの存在が気になってなかなか購入に踏み切れない3Dプリンター。
近所にワークカフェのようなお店があればいつでも手軽に使えていいのですが、そんな幸運なところに住んでる人なんてほんの一握りしかいませんよね。

3Dプリンターも他の製品と同じように高性能でリーズナブルなモデルがだいぶ増えてきましたね。

そこでいっそのこと思い切って購入を検討してみてはどうかということで、3Dプリンターをまだ使ったことがない人のためのエントリーモデルから中級モデルまでのオススメ機種を独断と偏見でピックアップしました。

今年こそ3Dプリンターを購入して、休日に自分だけの作品を制作してみてはいかがでしょうか。

3Dプリンター

価格競争が一段落した今が狙い目

人気と同時に価格競争が一段落してようやく底値といった印象がありますのでここが買い時ではないでしょうか。
今後もますます安いモデルが出てくると思いますが、あまり品質の良くないものが増えるようであれば今度は製品選びが大変になってしまいます。

ある程度出揃った感がある今こそ選びやすい時期のような気がしますので、今年こそ思い切って購入を検討してみてもいいかもしれません。
それでは早速おすすめの3Dプリンターをご紹介します。

FLASHFORGE/Finder

FLASHFORGE Finder

¥59,800

いきなりちょっと高価なモデルで恐縮ですが、一般ユーザー向けの装備がしっかりしているのでご紹介しました。
使いやすさが特徴の製品で、カラータッチパネルは日本語表示にも対応しているので各種操作で迷うことはないでしょう。

組立不要のモデルで届いたらすぐに使い始められるのも魅力の一つです。
造形可能サイズは14×14×14cmですので必要十分ではないでしょうか。

本来ならオープンソースのソフトを利用するのですが、本製品には高性能なスライスソフトがついてくるのもおすすめする理由です。
データを用意するだけの手軽さですので、じっくり慣れていきたいという人におすすめ。


XYZプリンティング/ダヴィンチmini Maker

XYZプリンティング/ダヴィンチmini Maker

¥29,688

組み立て済みのエントリーモデルでは最もコスパが高い3Dプリンターです。
必要最低限の機能だけを搭載しているので、シンプルであるがゆえに操作性も良好です。

低価格だからといって出力精度が低いというようなこともなく、むしろ3Dプリンター専門メーカーらしい作り込みで安心して使用することができるでしょう。
とりあえず3Dプリンターを使ってみたいと言う人にオススメのモデルで、物足りなくなったらステップアップして次のプリンターを購入することをおすすめします。


QIDIテクノロジー/3Dプリンター

QIDIテクノロジー/3Dプリンター

¥74,900

2色プリントに対応した高性能モデルで、価格がやや高いですがそれだけの性能を有しているのは間違いありません。
というのもオープンソースの3Dプリンターとして有名なMakerbotReplicatorのクローン機であり、同価格帯のクローン機の中では最も高性能なのがこのプリンターです。

サポートが英語のみで何かと自分で調べる必要があるので中級者以上向けではありますが、性能的には10万円以上するプリンターと同等ですので買って損はありません。


ALUNAR/M508

ALUNAR/M508

¥27,700

ダヴィンチmini同様に3万円を下回るモデルですが、性能で見ればM508に軍配があがります。
プラモデルが好きな人や自作PCを楽しむ人にはたまらない未組立モデルということで、出力精度が非常に高く高性能でありながらリーズナブルな価格を実現しています。

組立自体は動画付きですので全く問題ないのですが、肝心なのは組み立てたあとの微調整やカスタマイズにあります。
精度をあげるために繰り返し調整したり自分好みの設定にカスタムすることこそがこのモデルの醍醐味ですので、DIY精神をくすぐられるという人はぜひチャレンジしてみてください。


MUTOH/Value 3D MagiX MF-500

MUTOH/Value 3D MagiX MF-500

¥83,655

今回ご紹介する中では最も高価なモデルですが、海外製品が主流の3Dプリンターでは珍しい純国産モデルになります。
日本製だから高いのかというとそういうわけではなく、品質の高さがそのまま価格に反映していると考えてもらって問題ありません。

業務用プリンターの開発を長年続けている国内メーカーのMUTOHが製造しており、ジャパンクオリティの名に恥じない細部の作り込みなどはさすがの一言につきます。

このモデルを購入する一番のメリットはなんと言っても購入後のアフターサポートがついていることであり、安心して使用できることも考えればこの価格はお買い得とすら思えるほどです。


ボンサイラボ/BS CUBE

ボンサイラボ/BS CUBE

¥29,800

MUTOHと同じく国内メーカーボンサイラボが販売しており、リリースからまだ1年も経っていませんがすでに大人気の3Dプリンターです。
発売前から話題になったこともありますが、とてもコンパクトで軽量な上に組み立て不要でこの価格を実現していることも魅力ではないでしょうか。

お子様と一緒に始めようと考えている人にはピッタリの製品で、もちろん国内メーカーならではの充実したサポートも魅力的です。
造形可能サイズが11×11×12.5cmとやや小さいですが、オリジナルフィギュアを作ったりちょっとしたパーツを作ったりなど親子で楽しむことができるでしょう。


HICTOP/Reprap Prusa i3 DP-23

HICTOP/Reprap Prusa i3 DP-23

¥44,000

未組立モデルですので自分で組み立てる必要がありますが、簡単設計ですのでプラモデルが得意な人なら大体15分ほど、得意じゃなくても1時間ほどで組み立てられるようになってます。
出力精度がとても高いのが特徴的で、積層ピッチを最小0.05mmまで設定することが可能です。

ここまでくれば見た目にもほぼわからなくなりますので仕上げの磨きが格段に楽になるのは言うまでもありません。
最大造形サイズが30×22×30cmと一際大きいのも特徴です。


HICTOP/Reprap Prusa i3 DP-21

HICTOP/Reprap Prusa i3 DP-21

¥25,500

同じくHICTOPのプリンターですが、そんなに大きいものを作ることがないと言う人にはこちらのDP-21がおすすめ。
未組立モデル積層ピッチ0.05mmからDP-23と変わりませんが、本体サイズがコンパクトなので造形可能サイズも15×15×20cmとややコンパクト。

価格もガクッとリーズナブルになりますので、細々したものをいろいろ作って楽しみたいという人にオススメの3Dプリンターです。

3Dプリンターがあればアクセサリーだって作れちゃう

3Dプリンター

男性であってもちょっとしたアクセサリーをつけたいときがありますよね。
そんなときに3Dプリンターがあれば簡単に原型を作れますので、世界で自分だけのオリジナルアクセサリーを作ることができます。
キャスティングは専門業者にお願いすればいいので、プリンターで出力した原型を送れば出来上がったアクセサリーが自宅に届きまます。

素材となる地金も選べますし、デザイン料や人件費がかかっていないのでほぼ原価で作成することが可能です。
ネックなのはデータ作成ですが3Dプリンターを扱う上で必ず必要になる技術ですので、どうせなら楽しみながらマスターできる環境づくりをしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

  1. ICON 3Dプリンター 建築 必要な時間はたったの24時間!アメリカの企業”ICON”が手がけ…
  2. MOOZ 3Dプリンター 3Dプリントは当たり前!レーザー・CMC彫刻までこなす『MOOZ…
LIMBO スピニングトップ
  1. 人をダメにするクッション リラックス
  2. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  3. Beeline Moto ナビ デバイス
  4. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  5. Feel Three トップ画像
  6. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!