テクノロジー

普通のペンでも掛ける!ノートの進化系ライティングパッド『RoWrite』

RoWrite ライティングパッド1

アイデア出しやミーティングの際に紙に書いたものをそのまま保存したい時ってありませんか?
大体の場合はスマートフォンで写真を撮るか、バインダーに入れて失くさないように気を付けますがそれだけでは不十分です。

Android端末ならGoogleドライブでスキャンすればPDFファイルにすることができるので便利ですが、「写したもの」と「直接書いたもの」では見え方、ひいてはインプットに大きな差が生まれてしまいます。

RoWrite ライティングパッド2

そんな記録するという行為を行う全てのシーンにおいて便利なのが最高のライティングパッド『RoWrite』で、バインダーのように紙を挟んで普通のペンで書いてもペアリングした端末にリアルタイムで転送してくれます。
タブレットを使用した書きにくい署名も、このライティングパッドがあればまるで紙に書くようにいつも通りの字でサインすることができるでしょう。

RoWrite』はデザインのアイデアから会議のメモまで、書いた全てをそのまま保存することができる進化したノートです。

RoWrite ライティングパッド3

いつものノートにデジタルの利便性をプラス

RoWrite』は従来のノートと同じ使い方でアイデアやメモ、デザインスケッチなど全てをキャプチャすることができます。

iOSAndroidどちらにも対応しており、アプリを使用してそれぞれのデバイスに接続すればすぐに使い始めることが可能です。

保存したデータはリアルタイムで編集からシェアまでできて、いつでも拡張や削除まで簡単に行えます。

デバイスとペンを保護する機能もあるエレガントなケースが最初から付属していますので、プライベートからビジネスまでシーンを選ばず使用できるでしょう。

RoWrite ライティングパッド4

RoWrite』にできること

普段通りに紙を置いて書いたり、デザインをスケッチすればすぐに『RoWrite』がデジタルに変換てくれます。

ミーティング中の記録もペンを使用することでキーボードを叩くよりもインプットに一役買い、ミーティング後はスムーズなデータのシェアが可能です。
気になるキースイッチのカタカタ音にイライラさせられることもなく、記録者もすすんでミーティングに参加、集中することができるようになります。

RoWrite ライティングパッド6

シームレスな転送は感動級

デバイスとペアリングしておけば全てのペンストロークをスピーディーかつシームレスに転送することができます。

万が一ペアリングが切断されてしまっても内部ストレージに保存されますので、後からでも編集/削除/シェアが可能です。

RoWrite ライティングパッド6

ペンツールカラーツールを使えばキャプチャしたアイデアを作品レベルにまで仕上げることもできます。
記録したものに色付けすることで重要な部分にマーキングするのもいいでしょう。

最初から最後まで全てのペンストロークが保存されるので、不要な箇所は後から削除することをおすすめします。

RoWrite ライティングパッド7

電子メモの一歩先を行く利便性

最近はそのまま書けて保存できる電子メモが注目を集めていますが、この『RoWrite』はさらにもうワンランク上の利便性を提供してくれます。
例えば伝票などの書類をスキャンしてアプリに取り込めば、いつも通り伝票を記入するだけで手書きでのデータ入力から保存までが可能になります。

表のサイズから余白に至るまで全く同じサイズですし、複写式でない伝票でもデータを残しておくことが可能です。

実際の紙と違ってかさばらないので、保管に必要スペースはSDカードやUSBメモリの保護ケースだけです。

RoWrite ライティングパッド8

紙の機能性をそのままデジタルに変換できる『RoWrite』は¥20,590で購入することが出来ます。

データの作成からシェアに至るまで、ここままでシームレスなノートパッドはおそらくこの『RoWrite』だけではないでしょうか。

RoWrite ライティングパッド9
参照元: rakunew

ジムバック 通勤バック
  1. スニーカー 国産 スピングルムーブ パナレーサー
  2. HERO トップ画像
  3. OSCILL フィジェットツール
  4. メディシンボールを持った女性
  5. ORVIBO ホームセキュリティ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!