テクノロジー

使いやすさ抜群!うっかりぶつけないシリコンLEDヘッドライト『Bandicoot』

Bandicoot LEDヘッドライト1

夜間の作業や狭い場所での作業に便利なヘッドライトですが、不慣れであればあるほどライト分の出っ張りが認識できなくてぶつけてしまうことがあると思います。

ライトで照らしているので「着けてる」という認識はあるものの、どうしても距離感がつかめないというか…ハッキリ言って「便利なのに邪魔」ですよね。

どうせならもっと平面的なデザインで作ってくれたらいいのにと何度も思ったことがありますが、そんなありそうでなかったデザインがついに完成ました!

Bandicoot LEDヘッドライト2

スリム設計で使いやすさにこだわったのは『Bandicoot』というシリコン素材を使用したLEDヘッドライトで、とにかくコンパクトなので全く邪魔になりません。

その快適性は夜間のランニングでも普通に使えてしまうほどで、なんでこれまでに誰も作ろうとしなかったのでしょうか。

これさえあれば車のボンネットの中やバイクのタンク下だってうっかり「ゴンッ」てすることなく快適に作業ができそうです!

Bandicoot LEDヘッドライト3

かつてないスリムさを実現

Bandicoot』はこれまでの邪魔なヒンジ式のライトヘッドとかさばるバッテリーケース、そして耳の上に食い込む不愉快なファブリックバンドの悩みからユーザーを解放してくれます。

シリコン製なのでファブリック素材のように食い込まず、ましてやラバーバンドのようにベタつくこともありません。

Bandicoot LEDヘッドライト4

もちろん髪に絡むこともありませんし、伸縮性があるので一度サイズ調節すれば装着するたびにサイズを直す必要もありません。

これまでのヘッドライトで不便に感じてたところを全て解決して驚くほどの快適性を提供してくれます。

Bandicoot LEDヘッドライト5

前方を明るく照らす3つのコアLED

本体に使用されているLEDは照射時間を維持するためにも最適な出力を得るためにも、特にLEDの中でも高効率のものが使用されています。

色温度はかなり白いので、たとえ遠くからでも優れた視認性を実現しました。

本体下部には読書灯もついており、バッテリーの残量インジケーターとしての機能も担っていてとても機能的です!

Bandicoot LEDヘッドライト6

またバッテリースペースを最小にするためリチウムポリマーUSB充電式バッテリーを採用しています。

専用のチャージャーを使用すれば電源タップに直接差し込んで充電することができるので邪魔なケーブルを持ち運ぶ必要がありません。

Bandicoot LEDヘッドライト7

スタイルに合わせて好きなカラーを

Bandicoot』は全部で4色展開となっており、ブラック・ブルー・グリーン・レッドの中から好きなカラーを選択できます。

レッドはかなり発色がいいので男性が着用するには少し抵抗があるかもしれませんが、よく目立つのでコーディネートのアクセントになってくれそうです。

Bandicoot LEDヘッドライト8

個人的には無難にブラックかネイビーをおすすめしますが、グリーンもどちらかといえばカーキっぽいので使いやすい感じはします。

両手が空いてかつ邪魔にならないのでアウトドアシーンでもおそらく大活躍してくれるのではないでしょうか?

シンプルな操作性でボタンを押し間違えることもなさそうですし、アクティブに動いてもズレないのが最高です!

Bandicoot LEDヘッドライト8

機能的なのにリーズナブル

これだけの機能性と快適性を持ち合わせながらもヘッドライトとしてはリーズナブルな¥5,890で購入することができます。
ホームセンターでも最安¥3,000くらいから購入することができますが、デザイン性から機能性まで比べ物にならないほどですのでかなりお買い得なのではないでしょうか?

クラウドファンディングサイトKICKSTARTERでは$29(約¥2,400)で購入することができますが送料などが別途かかるのと購入手続きが全て英語になります。
多少高くなりますが面倒な手続きが一切不要なので、『Bandicoot』を購入するのであればRakunewからの購入がおすすめです。

※ 価格は2018年8月22日現在のものです。

参照元: KICKSTARTER

ORVIBO ホームセキュリティ
  1. duitドライハウス トップ画像
  2. FLAK SACK SPORT 鞄 盗難防止
  3. TV視聴アプリ スマホ動画
  4. gigseat ビーチでの使用イメージ
  5. PLEI トップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!