テクノロジー

うっかりさんに朗報!ミスを減らせる気づかせメモ『kakumiru』

kakumiru 気づかせメモ メガネのビジネスマン

あまりやることがない日はいいのですが、たまに朝からバタバタと予定が詰まる日ってありますよね。
人のバイオリズムが関係しているのか何なのか分かりませんが、「なんでどこもかしこも今日なの?!」と泣きそうになります。
一つでもミスしたらバタバタと予定が崩れていきそうなギチギチのスケジュールを組んで、精神をすり減らしながら仕事している人は意外と多いのではないでしょうか?

kakumiru チェックリスト

最近ではどのスマホにもリマインダー機能が搭載されているのでこれを利用している人もいると思いますが、ハッキリ言ってちょこちょこ入力するのってとても面倒です。
どうせならメモ感覚でサラサラ書ければいいのになんて思いながら筆者は付箋をPCモニターに貼りまくってましたが、文房具メーカーのKING JIMがついにやりました。

手書きで電子メモにフォロー機能をプラスしたスーパーメモ『kakumiru』がクラウドファンディングにて公開中です。

kakumiru 気づかせメモ

「あ、忘れてた・・・」がなくなる!

kakumiru』はデスクに置いて使用できる電子メモで、リマインダー機能や電卓機能などを備えた超便利アイテムです。

手書きのアナログな使いやすさとアラームなどを利用したデジタルの利便性を兼ね備えており、次にやる行動をあなたに確実に教えてくれます。

kakumiru 気づかせメモ

もちろん入力は自分でする必要がありますが、ササッと書いたあと時間を設定するだけなのでものの10秒ほどで終わってしまいます。
このメモを使えばこれまでのように業務中に”スマホをいじってるダメな奴”といった印象から一転、”スマートに仕事をこなせる奴”にグレードアップできるかもしれません。

文房具メーカーのKING JIMだからこそ実現できた機能性は、誰にでも使いやすくまさに未来の文房具と呼ぶに相応しい仕上がりではないでしょうか。

電子ペーパーディスプレイ採用

kakumiru』最大の特徴はたとえ電源オフでも書いた内容をそのまま表示しておくことができることです。

これまでの電子機器では電源が落ちると同時に書いた内容も消えてしまいましたが、未来の文房具はうっかりバッテリーが切れてしまっても表示が消えることはありません。

kakumiru 気づかせメモ 電子メモ

バッテリーがなくなれば当然アラーム機能などは使えなくなってしまいますが、メモがぱっと目に入ってくるのは変わらないので何もしないよりは十分な効果が望めそうです。
ちなみに『kakumiru』にはメモ機能の他にToDoリストカレンダー電卓時計といった全部で5つの機能を搭載しています。

パソコンのソフトを立ち上げたりスマホのアプリを開いたりする手間を省けるので、一つ一つの動作をよりスピーディーに、そしてよりスムーズに行うことができるでしょう。

kakumiru 気づかせメモ 電子メモ

実は電源ボタンがありません

電源オフ電源オフ言うからてっきり電源ボタンがあると思った人も多いと思いますが、『kakumiru』には電源ボタンは存在しません。
ようするにオートオフ機能付きなわけですが、ではどうやって電源をオンにするのかというとディスプレイにタッチすれば自動で電源が入る仕組みになっています。

書き心地はスムーズそのもので、消しゴム機能もちゃんと搭載されていますので書き間違えても大丈夫です。

電源がオフでもアラーム機能はちゃんと使えますし、逆に鳴動しては困る時などにはオフにすることもできるのでケースバイケースで使い分けましょう。

kakumiru 気づかせメモ 電子メモ

Makuake限定カラーが登場するかも?

kakumiru』のカラーラインナップはホワイト×レモンイエロー・ターコイズ・マゼンタの三種類とブラック×レモンイエロー・ターコイズ・マゼンタの三種類で合計6種類となっています。
製品化はこの中から人気色をチョイスして量産するとのことですので、もしかするとあなたが選んがカラーは今回しか手に入らないカラーになるかもしれません。

未来の文房具『kakumiru』は¥13,000から購入申込みができますので、最近うっかりミスが多いな~なんて悩んでいる人は一度使ってみてはいかがでしょう。kakumiru 気づかせメモ 電子メモ

参照元: MAKUAKE

veered-wallet
  1. GMT
  2. Snoppa Atom
  3. DRILL DRIPPER
  4. nemomi
  5. 未来ショッピング
  6. 毛玉クリーナー 比較
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!