テクノロジー

この水飲んで平気なの?に対応出来る水質テスター『TestdropPro』

水質検査,水 テスター,防災 水

「水がタダで飲める素晴らしい国、ニッポン!」(デデーン)

というような話は耳にタコができるくらい聞いた話だ。確かに我々はいつでも蛇口をひねれば水が飲める。
それでも多くの人が浄水器のついた蛇口の水じゃないと飲みたくなかったり、中にはミネラルウォーターしか飲まなかったりするのではないだろうか。

なんとなく潔癖というか、もちろん消毒のために使われる水道水の塩素を気にするという理由の人はいるだろうけど、どこか水道水への完全な信頼がなかったりするのである。
だから時々飲み物を買い忘れ蛇口をひねる時、「大丈夫なのかな飲んで」と考える人はきっと私だけではないはずだ。

水質検査,水 テスター,防災 水

あるいはもっとありがちな例では、ペットボトルの飲み残しなどは気付いた時に「これまだ飲めるのかなあ」と思うだろう。
もっともっとありがちなことを言えば、山や川に遊びに行った時に流れている自然の水も「飲んでも大丈夫かなあ」と思う可能性が高い。

そのような問題を解決してくれるのが『Testdrop Pro』である。
なんでもこれは水の安全度を簡単に教えてくれるデバイスという事で、早速どのようなデバイスなのか説明させてもらいたい。

これを使えばもう水を飲むことにためらうことはない。

水は命の根源である。もっとも人間にとって大切なもので、我々日本人はその重要さをつい忘れてしまう。

しかしそんな水も日本の外に一歩出れば今日の社会においては、必ずしも安全に飲めるかは本来わからないもの。
いや、日本の中だって水道のインフラが整っていないような場所であれば、その水をとりあえずゴクッと飲む訳にはいかないのである。

Lishtotによって発売されているこの『Testdrop Pro』は、そのような根源的な問題に真正面から戦いを挑んだデバイス。
水を飲むその前に、ほんの数秒このデバイスを使って確認するだけ。たったのそれだけでその水が我々にとって安全かどうか判断できてしまう。

安全であれば青い光、汚染されていれば赤い光。

水質検査,水 テスター,防災 水
汚染について具体的にいえば、例えば鉛が含まれていないか、下痢や腹痛を引き起こす大腸菌などが含まれていないか、ということになる。
他には農薬や、人体に蓄積してしまいのちに毒性を持つというPFOA(パーフルオロオクタン酸)などが含まれていないかを確認してくれる。

テストできる水は水道水でもペットボトルの水でも、川や湧き水などでも可能だそうだ。
使い方はこのデバイスを水の入った容器に当てるだけ。安全だったら青、汚染されていれば赤にライトが光る仕組み。
Bluetoothでアプリと接続していればアプリがデータを管理更新し、ユーザーのテスト履歴や投稿したビデオや写真、コメントなどを見れるようにしてくれる。

水質検査,水 テスター,防災 水

いつでも携帯できるコンパクトなサイズ。

デバイス自体に目を向けると、本体は極めて小さくキーケースなどにつけて常に持ち運ぶこともできるサイズ。
カラーは一種類のようで、バッテリーは交換可能な時計用バッテリーが使用されており、仮にデバイスを1日に何回使用しても数年は持ってくれるようである。

気になるお値段は$49.95(US)。友人達との飲み会を一回休めば手に入る程度。
大切な家族やこれからも付き合っていく自分の身体のことを思えば安いものだ、そんな風に思う私はいわゆる意識高い系なのだろうか。

水質検査,水 テスター,防災 水

現地ではこんな風に使っています IN インド。


我々が当たり前だと思っている必要最低限のインフラは、当然ながら世界では当たり前ではないことが多々ある。

Lishtotはこの先も多くの浄水関連技術の開発を進めていくのだろうが、このような製品がより多くの人の目に止まってたくさん届けられる事を願う。
より安価な価格でたくさんの後進国の人たちが、最終的にこのデバイスを手にして安心安全な生活を送ってほしいものである。

参照元:Lishtot

合わせて読みたい記事

  1. 『Lifestraw』これさえあればどんな汚水も飲水に出来るって…
PITTA ドローン
  1. ONO RULLER
  2. veered-wallet
  3. GMT
  4. Snoppa Atom
  5. DRILL DRIPPER
  6. nemomi
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!