テクノロジー

これで電動?!アウトドアに最適な超軽量エスプレッソマシン『WinkGo』

WinkGo

朝食をとるときやリラックスタイムに、美味しいコーヒーが飲めるとコーヒー好きとしてはとても幸せな気分になることができます。
しかし、美味しいコーヒーを飲むためには手間と時間が必要で、毎朝そんなにゆっくりできるのはごく一部の限られた人だけでしょう。

「ボタンひとつで美味しいコーヒーが飲みたい…。思い切ってエスプレッソマシンを買うか…。」とお考えの方、ちょっとお待ちください!

エスプレッソマシン

WinkGo』なら忙しい朝でもお湯とコーヒーさえあれば30秒で抽出可能で、しかもコンパクトサイズなのでオフィスにも持っていけますし、アウトドアにも最適です。
いつでもどこでも美味しいコーヒーを楽しみたいなら、こう見えて電動のエスプレッソマシン『WinkGo』をぜひお試しください。

携帯性抜群の電動エスプレッソマシン

WinkGo』はいつでもどこでも自分好みの美味しいコーヒーを入れることができる、電動ポータブルエスプレッソマシンです。
使い方はとても簡単で、適温のお湯を入れてコーヒーをカプセルにセットしたら、あとはボタンを押すだけで自動で抽出してくれます。

WinkGo』はあらかじめ設定されている絶妙な抽出時間と圧力により、コーヒーが持つ香りと味を最大限に引き出してくれるでしょう。
外出先でも高品質なコーヒーを入れることができますので、オフィスに持っていくのはもちろん、アウトドアシーンでも大活躍すること間違いなしです。

WinkGo

WinkGo』の特徴

ここでは『WinkGo』のいいところを簡単にご紹介していきます。

効率的な抽出

最適な圧力

エスプレッソを入れるのに必要な圧力は最低9バール、理想は15バールと言われているのをご存知でしょうか。
WinkGo』は標準的なエスプレッソマシンと同等の15バールを採用、コーヒー本来の味と香りを存分に引き出してくれます。

また、抽出時間にもこだわっており、本当に美味しいコーヒーが入れられるとされる30秒を費やして一杯を入れてくれるため、いつでもどんな環境でも失敗することなく美味しいコーヒーを飲むことができます。

超軽量

超軽量

電動でありながら約525gという超軽量を実現。長さも21.6cmしかないため、日頃マイボトルを持ち歩いている方にとっては負担になりません。
2つのコーヒーカップを搭載しているので、家族や友人とシェアすることも可能です。

大容量バッテリー搭載

大容量バッテリー

コーヒーとお湯が残っているのに、すぐにバッテリー切れになっていては意味がありませんよね。
WinkGo』は2,600mAhという大容量バッテリーを搭載。2時間のフル充電で最大100杯のコーヒーを抽出することができます。

味のカスタマイズができる!

エスプレッソが好きな方がいれば、アメリカーノやカプリーノ、モカが好きという方もいるでしょう。
WinkGo』はそうした好みに完全対応。ミルクやシロップでお好みの飲み方ができるだけでなく、コーヒーの量を変えることで濃度も調整することができます。

コーヒー豆だけでなくコーヒーカプセルにも対応し、携帯するのに便利なのでアウトドアシーンでの使用は後者をおすすめします。

お好みの飲み方に対応

美味しいコーヒーが飲めるって本当に幸せ!

ということで今回は、『WinkGo』というい電動エスプレッソマシンをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
筆者個人的には美味しいコーヒーが飲めるだけで1日頑張れますので、コーヒー好きとしてはゲットしないわけにはいかないプロダクトなのではと感じております。

気になる価格ですが1台¥7,900~と思ったよりもリーズナブルで、発送は少々先ですが2019年7月頃を予定しているとのこと。
カラーはホワイトとブラックの2色から選べますが、味は変わらないのでお好きな方をチョイスしましょう。

WinkGo

参照元:greenfunding.jp

合わせて読みたい:

どこでも本格コーヒータイム!レバーで入れるエスプレッソメーカー『Leverpresso』


WACACO エスプレッソマシン

関連製品│WACACO エスプレッソマシン ¥5,706

※掲載価格は2019年4月20日時点のものです。

  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!