テクノロジー

災害時にも大活躍!大容量ポーダブル電源『ボルトマジックPB450 TOUGH』

ボルトマジックPB450TOUGH

地震や豪雨といった数々の自然災害に、全国各地が見舞われた2018年。
初めて被災した方の多くが、「こんなはずじゃなかった…」と準備の不足を痛感したのではないでしょうか。

”水や電気が使えない”というのは頭でわかっていても、実際にその状況におかれると想定の何十倍も苦しく感じることでしょう。

停電

それならせめて電気だけでも使えるようにということで、近年ポータブル電源の需要が拡大傾向にあるようです。
従来のように大きくて重たい上に燃料が必要なモデルははっきり言ってレジャー向け。いざというときにそんな邪魔くさいものを携帯する余裕はありません。

片手で運べて燃料いらず、『ボルトマジックPB450 TOUGH』のようなポータブル電源を一家に一台備えてみてはいかがでしょうか。

小型・大容量・高出力のポータブル電源

ボルトマジックPB450 TOUGH』はワイルドなルックスと、125,000mAhという大容量。そして500wという高出力が特徴のポータブル電源です。
外観からも分かる通り様々な環境下で使用できるタフな作りをしていますが、格納式ハンドル付きで女性でも持てる軽量設計(約5kg)というから驚き。

女性でも持ち運びが簡単

消費電力10wの製品ならば最大45時間稼働させることができますし、スマートフォンの充電なら約50回分、ノートPCなら約8回分、液晶テレビだって約13時間も映すことができます。
災害時やアウトドアのサポーターとしてまさに最適、新機能の“残り時間予測機能”を搭載しているので、あと何時間使えるのかが一目でわかるのもポイントです。

バッテリー出力は驚きの500w

「モバイルバッテリーでもいいんじゃないの?」という方、モバイルバッテリーで一般家庭にあるような電化製品を使用することはできません。
その点『ボルトマジックPB450 TOUGH』なら、500wの高出力で扇風機から小型の冷蔵庫まで稼働させることが可能。

様々な家電に対応

これからの季節はキャンプに出かける家庭も多いでしょうから、車のバッテリーあがりを気にすることなく車中泊を楽しむことができそうです。
コーヒーメーカー炊飯器電子レンジまで使用できますので、いつものキャンプをもう少しだけ快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

シーンに合わせた充電方法

軽量で大容量、それでいてどんなにタフであろうと蓄えられている電気が空になってしまえば、5kgもある鉄くずとなんら変わりはありません。
そうならないためにも『ボルトマジックPB450 TOUGH』は3種類の充電方法に対応。シーンに合わせて最適な方法で充電することができます。

3種類の充電方法

特にアウトドアや災害時に役立つのがソーラーパネルからの充電で、残量3メモリから9メモリまで充電するのに必要な時間はおよそ9時間
ソーラーパネルは別売りですが、折りたたんでコンパクトに持ち運べるのでせっかくなら同時に入手しておくことをおすすめします。

『ボルトマジックPB450 TOUGH』があればいつでも安心

専用バッグ(約36×20×19cm)がオプションとして用意されており、本体の保護だけでなく充電器などの付属品や、40wソーラーパネルを一つに収納することができます。
停電でスマートフォンを毎日4台充電しても一週間分の容量を確保。40wソーラーパネルで3~5時間直射日光に当てれば使った分を充填できるので長期に渡っても安心です。

ソーラーパネル

大容量で高出力のものは価格が高いという常識の中、『ボルトマジックPB450 TOUGH』は単品で41,800円(税込)というリーズナブルな価格を実現。
プロジェクトは6月7日まで公開されており、発送は7月頃を予定しているとのことです。

ボルトマジックPB450TOUGH

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

このサイズが最強?!124,800mAhのポータブル電源『iForway』


enkeeo ポータブル電源 42,000mAh

関連製品│enkeeo ポータブル電源 42,000mAh ¥12,799

※掲載価格は2019年5月16日時点のものです。

LumirB
  1. TRAVELOCK
  2. ECLIPSE
  3. FireFly.2
  4. BN-702M
  5. JIBBON
  6. Laboratry6BikeAssist
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!