バッグ・財布

ノートPCに最速アクセス!ガジェット愛好家にピッタリのスーツケース『Passport』

Passport 出張 スーツケース1

出張が多くて忙しいビジネスマンの強い味方になってくれそうなスーツケースが登場しました!
パスポートケースと間違えてしまいそうな名前ですが、『Passport』はキャリーオンサイズのスーツケースです。

このスーツケースのスゴイ所はタイトルにもある通り従来のスーツケースとは比較にならないほどノートPCへのアクセスが簡単です。
たとえ移動中でもすぐにPC作業をしたい時や、サッと取り出してサッとしまいたいという人にもピッタリ。

セキュリティ対策もバッチリですので、ノートPCと一緒にあちこち飛び回ってる人にぜひ使って欲しいスーツケースです。

Passport 出張 スーツケース2

フロントにノートPCやパスポートが収納できる

このスーツケースの最大の特徴にして魅力なのが表側に設置されたフロントコンパートメントの存在です。
中は複数のポケットで仕切られており、ノートPCだけでなくパスポートやガジェットなどを収納することが可能です。

TSAチェックポイントではセキュリティ検査のためノートPCの取り出しが必須ですが、『Passport』ならアクセスも取り出しもとてもスムーズに行えるでしょう。

このフロントコンパートメントは180°まで開くので整理整頓も容易ですし、掃除がしやすいのもメリットです。
だんだんと溜まってくるポケット内のホコリまでササッと掃除できるので、スーツケース内はいつでも清潔に保つことができるはずです。

ガジェットだけでなくステーショナリーにも

Passport』のフロントコンパートメントは複数のポケットで仕切られているとご紹介しましたが、ノートPCやパスポート以外に収納できるのはノートや本、それからペンに雑誌や資料までその他諸々収納することができます。
もちろんそのどれにもクイックアクセスが可能ですので本当に便利なスーツケースです。

収納できるノートPCやは最大15インチまで対応しており、移動中はベルトで固定できるのでスーツケースの中で動いてしまうこともありません。
ポケットは全部で6ヶ所ありますが、これだけあれば使用頻度の高いアイテムはほぼ全て収納することができそうですね。

Passport 出張 スーツケース3

細部まで作り込まれた信頼できるスーツケース

国内旅行しかしない人であればそこまで気にする人はいませんが、これが海外に出るとなるとスーツケース自体のセキュリティと耐久性がとても大切になってきます。
ECサイトを見てみると安いものでは1万円以下で、高いものは同サイズで10万円に届きそうなものなど様々ありますがこれは素材や作り込みによるところの差が大きいような気がします。

もちろんブランド価格というものも確かに存在しますが、やはり高価なスーツケースというのはそれだけの機能性と耐久性を兼ね備えているものです。

Passport 出張 スーツケース4

特にホイールに関しては良し悪しが大きく出るところで、安い物なら使い捨て感覚といったレビューを良く見かけます。

長期に渡って使い続けたいなら素材はもちろんですが、各所の作りに注意して信頼できるスーツケースを選ぶようにしましょう。

Passport 出張 スーツケース5

20インチで機内のキャビネットにフィット

日本ではあまりインチ換算でスーツケースを選びませんが、20インチというのは大体30Lぐらいをイメージしてもらえればいかと思います。
30Lと言えば一般的には二泊三日くらいの滞在を想定しており、もちろん機内に持ち込むことが可能なサイズです。

これ以上長期になるけれどどうしても『Passport』が使いたいという場合には荷物を減らすか、現地で必要物資を購入して使い捨てにするなどの対応が必要になります。

機能性、セキュリティ、使いやすさにこだわったスーツケース『Passport』は本体価格¥28,390で購入することができます。
これはスーツケースとしては決して高い価格設定ではありませんので、大切なノートPCを安心して持ち歩きたいならぜひ購入を検討してみてください。

Passport 出張 スーツケース6

参照元: rakunew

人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!