バッグ・財布

靴まで入る!仕事帰りのジム通いに特化したリュック『ジムリュック』

ジムリュック バックパック1

どんなに忙しくてもワークアウトをするだけの時間がないはずがない」と先日見てたテレビでスポーツトレーナーの人が話していました。
さらには「やりたくない人はやらない理由を見つけてくるのがとても上手。時間は捻出するものであり、もしも24時間寝ることもなく働いているというのであれば自分の能力を向上させるか仕事を変えるべき」とまで断言。

勘違いがありそうなので断っておくと、このトレーナーは寝る時間を削ってまでワークアウトをしろと言っているわけではなくワークアウトするだけの時間をライフスタイルにあらかじめ組み込んで生活するべきと言っていました。

ジムリュック バックパック2

確かにその通りだと感心しながら見ていましたが、最近ではドラマなどを見ていても仕事帰りにジムで汗を流す姿がたびたび映し出されますし、スポーツジムと提携しているという企業もかなり増えています。
そのおかげか仕事帰りにジム通いするビジネスマンが増えているようで、ビジネスバッグの他に大きなバッグを持って通勤している人もちらほら見かけるようになりました。

でもその大荷物、端から見ていても不便そうなのでどうにかした方がいいかもしれませんよ?

ジムリュック バックパック3

ノートPCとシューズは絶対に入れたい

仕事帰りにジムに通う人のために作られた『ジムリュック』はシンプルなデザインと36Lという大容量、そして高い機能性が魅力のリュックです。

これまでにも多くのリュックやバックパックをご紹介してきましたが、今回のリュックは価格にまでこだわっています。

ジムリュック バックパック3

仕事で使うからには装飾があまりないシンプルなデザインでスーツに合わせやすく、ノートPCやモバイル類の他に書類などが収納できなければなりません。

そしてジムに通うのであればシューズにウェア、タオルなどを収納する必要がありますが、これら全てをすっきり持ち運べるのが『ジムリュック』です。

ジムリュック バックパック5

衣類の出し入れが簡単

通常のリュックをビジネスとジム兼用にした場合、多くの人がその使いにくさにウンザリすることでしょう。
ノートPCを取り出すついでにウェアまで出ちゃったり、出ちゃったからしまったら余計ぐちゃぐちゃになっちゃったりと散々です。

その点『ジムリュック』ならリュック下部までファスナーがついているので、180度開いて衣類の収納から取り出しまで簡単に行うことができます。
またダブルジップ採用ですので開閉が簡単ですし、ちょっとだけ開けてボトルだけ取り出すなんてことも可能です。

ジムリュック バックパック6

3つのエリアで使い分けが楽チン

ジムリュック』最大の特徴はリュック内を3つのエリアで区切っているので、パソコンを取り出す際にウェアが飛び出てきたりモバイルを探すために衣類をぐちゃぐちゃにする必要がありません。

一番背中側には17インチまでのノートPCが収納できるビジネス用スペース、そしてミドルにシューズやウェアが入れられるジム用スペース、そしてフロントには収納ポケットがいくつも付いたモバイル・小物専用スペースとなっています。
エリアが分かれているので整理整頓も簡単ですし、欲しい物にすぐアクセスできるので従来のリュックより格段に使いやすいのではないでしょうか?

ジムリュック バックパック7

こんなリュックが欲しかった!

ここで気になる『ジムリュック』の価格ですが、なんと本体価格¥6,986と1万円を大きく下回っています。
定価自体は¥9,980なのですが、それでも1万円以下ですのでビジネスマンにとってはかなり嬉しい価格設定と言えるでしょう。

リュックのサイドには充電用USBポートがついていますので、移動中でも「ながら充電」ができるのでとっても便利。
もちろん旅行や出張にもピッタリですし、最近大注目のスパルタンレースにだって最適ですので高機能・リーズナブルな『ジムリュック』でさらにアクティブな每日を送ってみてはいかがでしょう。

ジムリュック バックパック8

参照元: rakunew

意識高い系大満足!ジム+ビジネスを叶えるバックパック『ARES』

未来ショッピング
  1. 毛玉クリーナー 比較
  2. FIPILOCK トップ画像
  3. ゲーミングチェア 比較 トップ画像
  4. Startup Times
  5. AniBiteトップ画像
  6. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!