バッグ・財布

マグネットスナップ採用!使い方が自由なガジェット系バッグ『Schemenote』 

Schemenote バックパック1

日常生活の至るところでデジタル化が進んだ現代ですが、普段使うバッグも時代のニーズに合わせて進化し続けています。
現代人には現代人のための、これまでのバックパックやリュックではなく、”ガジェット系バッグ”という新ジャンルのバッグがピッタリではないでしょうか?

今回ご紹介する『Schemenote(スキームノート)』は利用シーンと持ち物に合わせて組み替えることができる自由な使い方が魅力のスマートバッグです。

「1日を通してこれだけ必要だけど、今はこの分だけでいいかな。」

そんな使い方ができるのがこのバッグの特徴であり最大の魅力でもあります。
「こういう使い方したい」というアイデアが形になった『Schemenote』で新しい生活を始めてみませんか?

Schemenote バックパック2

マグネットスナップシステム

Schemenote』は色々なシチュエーションで必要となる機能と収納を備えた新発想のバックパックで、それぞれのパーツをマグネットスナップで簡単かつ自由に組み替えることができます。
マグネットスナップはドイツFidlock社製のものが採用されていて、取付時には「カチッ」と音がするので不完全な状態だとすぐに分かります。

耐荷重量もなかなかのもので(約20kgまで)、取り外しは一方向のみで行える仕様なので日常使用で外れる心配はありません。
それぞれのアイテムに必要な物を収納して、シーンに合わせてバラバラで使用できるのが『Schemenote』の最大の魅力です。

Schemenote バックパック3

4つのアイテムでピッタリな組み合わせ

Schemenote』を構成するのはコインカードケース(¥5,100)サコッシュ(¥9,500)PCスリーブ(¥10,500)バックパック(¥21,300~)の4アイテムです。

クラウドファンディングサイトMakuakeでは「サコッシュ+コインカードケース」(¥13,200)「PCスリーブ+コインカードケース」(¥14,200)「PCスリーブ+サコッシュ」(¥18,000)「バックパック+サコッシュ」(¥27,800)の4パターンで購入申込みが可能です。

バックパックなど背負うバッグが苦手という人でもPCスリーブという選択肢が用意されているのが嬉しいですね。
サコッシュとコインカードケースはどちらにも取り付け可能で、もちろんシーンに合わせて単品で使用することもできます。

Schemenote バックパック4

簡単にスペックをご紹介

メインとなるPCスリーブとバックパックは、ブラックとカーキの2カラー展開です。

まずPCスリーブですが15インチまでのノートPCを収納でき、フロントのポケット2ヶ所にはそれぞれタブレットやノートを収納することができます。
ケーブル類も合わせて収納できますので、モバイルメインで携帯している人には必要十分な収納力と言えそうです。

Schemenote バックパック5

次にバックパックですがMサイズLサイズの2サイズ展開で、Mサイズ13インチまで、Lサイズ15インチまでのノートPCが収納可能です。
サイドポケットにはスマホなども収納でき、モバイル以外にもマイボトルやタオルなどを常に持ち運ぶ人はバックパックを選択するといいでしょう。

メインポケットがベロっとめくれるように開くので中身にアクセスしやすいのも特徴です。

Schemenote バックパック8

ズバリおすすめの組み合わせは?

Schemenote』ならまず外せないのが「サコッシュ+コインカードケース」の組み合わせです。
そこにメインのどちらかを合わせるのがベターですが、今回は用意されていないパターンの「バックパック+コインカードケース」が一番便利なのではないでしょうか。

バックパックなら両手が空くので持ち運びに困りませんし、ちょっとコンビニに行くときなどはコインカードケースだけ持っていけばいいので一週間のうち5日間は問題なく過ごせそうな気がします。

4アイテム全部あるに越したことはありませんが決して安い物ではありませんので、今一度自分の生活を振り返ってぴったりの組み合わせを選んでみてはいかがでしょうか。

Schemenote バックパック6
参照元: Makuake


▼ 類似製品はこちらの記事でもご紹介しています。

スーツケース要らず?!コレひとつでどこでも行けちゃうコスパ最強バックパック『One Pack』

ONO RULLER
  1. veered-wallet
  2. GMT
  3. Snoppa Atom
  4. DRILL DRIPPER
  5. nemomi
  6. 未来ショッピング
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!