バッグ・財布

【シューズ収納スペース付き】コスパ抜群のオススメジムバッグ7選

ジムバック 通勤バック

健康志向の高まりを受けて都心部ではトレーニングジムが急増していますね。
地方でも市営や町営のスポーツ施設の内容が充実してきており、一日いても数百円というリーズナブルな料金で器具を使った本格的なトレーニングができるようになりました。

そこで今回は仕事帰りにジム通いしている人でも使えるようなデザインのリーズナブルなジムバッグをご紹介していきます。
中にはややカジュアルなものもありますが、ジム用シューズを入れるスペースがあるものだけをピックアップしているのでこれからジム通いを始めようと思っている人もぜひ参考にしてみてください。

ジム シューズ バッグ

ジムバッグの選び方

出社前や仕事終わりにジム通いする人にとってパソコンなどのモバイルアクセサリが収納できたりジム用シューズが収納できることはとても重要ですよね。
わがままを言えばビジネスゾーンとプライベートゾーンでポケットが分けられているものが理想ですが、今回はリーズナブルなものに絞っていますので流石にそこまでの機能性を持ったバッグは見つけられませんでした。

1万円以内で選ぶのであれば気にするべきは容量と外観のデザイン、それから小物ポケットの有無でしょうか。
一般的にはダッフルバッグとリュックの2パターンから選ぶ事になると思いますので、このあたりは職場だったり通勤環境だったりに合わせて決めるといいでしょう。

ジム シューズ バッグ トレーニー

容量は20L以上のものを

ジムに行くならタオルや着替え、ドリンクなどが必要になりますが、容量は少し余裕を見て20L以上がオススメです。
それでもシューズを入れると場合によっては足りないぐらいですので、邪魔にならないのであれば30L前後のバッグがいいかもしれません。

通勤で使うとなるとかさばらないコンパクトなバッグを選びがちですが、まずは荷物を一度まとめてみてどれだけのスペースが必要なのか調べてみるのもいいのではないでしょうか。
できればシューズ収納部分は通気性が確保できるメッシュ素材などを使用したものを選ぶようにしましょう。

ジム シューズ バッグ トレーニー

ジム通いにオススメのダッフルバッグ

Perkisboby / ボストンバッグ

ジムバック 通勤バック

¥2,580

驚きのリーズナブルさで品質が心配ですが、レビューを見た限りではユーザー評価はかなり高いようです。

容量も32Lと申し分なく、シューズ収納スペースに通気口が設けられているので蒸れてニオイがこもる事もなさそうです。
旅行や出張用としても使えるデザインなので、一個あると何かと重宝するのではないでしょうか。


NOT Home / スポーツダッフルバッグ

ジムバック 通勤バック

¥1,799

容量は22Lと先程のバッグより一回り小さいタイプですが、メイン素材が撥水仕様なので雨の日でも使用できますしリーズナブルなのでなかなか優秀なのではないでしょうか。
メインポケットの他にファスナーポケットやメッシュポケットがあるので小物をそれぞれに分けて収納できるのもポイントです。


Lifeasy / ジムバッグ

ジムバック 通勤バック

¥3,149

濡れた物を分けて収納できる便利なポケットがついたダッフルバッグで、ストラップが長めの設計なのでリュックとしても使用できます。

シューズを収納しても30Lは入るということで、トレーニング後にサウナやプールを利用する人でも安心して利用できそうですね。
本体が柔らかい素材なので比較的扱いやすく、3泊4日くらいの旅行にも十分対応できるでしょう。


ARCTIC HUNTER / ボストンバッグ

ジムバック 通勤バック

¥2,990

Amazonでベストセラーを獲得しているダッフルバッグの大本命です。

デザインもシンプルでリーズナブルでリュックとしても使用でき、かなりの物が収納できるまさに万能といえるのではないでしょうか。
レザー調の素材なので夏場はちょっと暑苦しいですが、小さなポケットがたくさん付いていてとにかく機能的なので迷ったらコレにしておけば間違いありません。


ジム通いにオススメのリュック

Speedo / スイマーズリュック

ジム シューズ バッグ トレーニー

¥5,400

名前の通りプールバッグとして売っているリュックですが、底部にシューズスペースがありポケット状なので大きめのシューズでも問題なく収納可能。

プール用に作られているだけあり、さすがに機能的でレビューを見ていてもジムバッグとして使用している人が多数見受けられます。
カラーラインアップが豊富ですがデザインがかなりスポーティーなので、通勤と兼用で使うのは職場によっては難しいかもしれません。


FANDARE / 旅行リュックサック

ジムバック 通勤バック

¥5,499

デザイン的にかなりシンプルなのでシーンを選ばず使用でき、パソコンやタブレットを収納するクッション付きポケットも完備。

リュックタイプですが容量は約35Lとかなり入るので、一泊程度の出張用としてもおすすめです。
シューズ専用スペースがあるわけではないのですが、シューズを入れた時用の仕切りが設けられているなど機能的な構造が魅力です。


Lifeasy / リュックサック

ジムバック 通勤バック

¥3,199

もう少しカジュアルで見た目がスポーティーじゃないものをという人にオススメのリュックです。

容量自体は少なめですが15インチまで収納できるPCポケットがついていたり、底部が撥水加工の収納スペースになっているのでシューズを入れたり濡れたタオルを収納することができます。
背中側には隠しポケットもついており、仕事とプライベートでいちいちバッグを変えたくないという人はこのバッグを選びましょう。


ポーチがあると便利

オフィスでよく使うA4サイズのファスナーがついたビニール製ポーチがあると思いますが、外側にポケットがついたものを2個~3個くらいもっておくと便利です。

汗をかいてそのまましまっておくとニオイが気になるという人もいるでしょうから、そうした場合はポーチに入れてしまえばいくらかマシになるかもしれません。
デザインによってはサコッシュとして使用したり、貴重品をひとまとめに出来ますのでジムバッグの中にいつも入れておくようにしましょう。

ジム シューズ バッグ トレーニー

※価格は全て2018年10月18日現在のものです。

時計,レトロ,ヴィンテージ
  1. FPS,TPS,アプリ
  2. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
  3. UN EVENs
  4. 石油ファンヒーター
  5. クリスマスの朝
  6. Omni Ultimate
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!