バッグ・財布

妥協ゼロ!バックブランドが本気で作った『究極のバックパック』

究極のバックパック

カッコよくて機能的なバックパックを一つ持っているだけで私達の人生は少し豊かになります。
しかし本当に求めているデザインにはなかなか出会えないもので、誰しも一つや二つの妥協をしてバッグ選びをしているはず。

そんな中、高品質なビジネスバッグを作ることで知られているバッグブランドのLAGASHAがユーザーの事を考えて本気でバックパックを作りました。

本当に使いやすいバッグとはどんなものなのか、それのみを追求し一切の妥協を排して出来上がったのはまさに『究極のバックパック』。
デザインの好き嫌いには個人差がありますが、バッグ自体の機能性はこれ以上ないというクオリティで仕上がっています。

機能美“という言葉はこのバックパックのためにある、そんな風に思わせてくれるバックパックを今回はご紹介していきます。

究極のバックパック イメージ画像

LAGASHAが作る『究極のバックパック』とは?

日本らしいモノづくりにこだわるバックブランドLAGASHAが、クラウドファンディングサイトMakuake限定で『究極のバックパック』をリリースします。

素材選びからちょっとした使い勝手まで徹底的にこだわり、名前の通りバックパックとしての機能性を極限まで追求した仕上がりとなりました。

究極のバックパック 製品ディテール

究極のバックパック』はメイン・サブ・フロントの三層構造となっています。
メインのサイズは幅280㎜×高さ460㎜×マチ160㎜、サブ+フロントで+40mm、総重量が約1,500gです。

容量に関する記載はありませんでしたが、サイズや収納量から予想すると25~30Lといったところでしょうか。
これだけの収納力があればデイリーユースから一泊二日の出張/旅行まで幅広く使用できるでしょう。

究極のバックパック 抜群の使い勝手

使い勝手を考えた三層構造

究極のバックパック』のメインポケットはマチ幅が160mmもあるのでほとんどのものを収納することができます。
上部にはケーブルなどを収納できるようにファスナーポケットを配置、背中側には13インチまでのノートPCが入るスペースタブレット専用ポケットを搭載。

究極のバックパック メインポケット

サブポケットはマチ幅40mm、メインポケット同様上部にニットポケットを装備しています。
ここには書類や雑誌などを収納するといいでしょう。

究極のバックパック サブポケット

そしてフロントポケットにはペンやスマートフォン、手帳などをオーガナイズして収納できるポケットを搭載。
もちろんモバイルバッテリーなどを入れておいてもいいですし、用途に合わせて必要なアイテムを持ち歩きましょう。

究極のバックパック フロントポケット

これぞJapanメイドクオリティ

究極のバックパック』を製造するのは東京都足立区に工房を構える野崎製作所です。
構成するパーツの数はトータルで125個と膨大ですが、裁断から縫製に至るまで全て手作業で行わているというのだからそのこだわり様がよくわかりますよね。

究極のバックパック 全て手作業

製造工程を見れば品質の高さがよくわかると思いますが、詳細はプロジェクトページで紹介されていますのでぜひチェックしてみてください。
これほどまでにコストを意識しないモノづくりというのは、現代ではなかなか珍しいのではないでしょうか。

究極のバックパック ジャパンメイドクオリティ

“CODURA”ナイロン×オイルレザー”ミラージュ”

工程にもこだわりますがもちろん素材にも徹底的にこだわっています。
究極のバックパック』に使用されているのはインビスタ社1680d”CODURA”ナイロンで、摩耗や引き裂きに対して優れた耐久性抜群の生地です。

究極のバックパック オリジナルカモフラージュ柄

またオリジナルカモフラージュプリントには3種類の恐竜を忍ばせて遊び心のあるデザインに仕上げました。
そしてレザーパーツにはイタリアGB LEATHER社の高品質オイルレザー”ミラージュ“を採用しており、革独特の質感と高級感を味わうことができるでしょう。

究極のバックパック オイルレザー"ミラージュ"

“良い物”は良い!

現代におけるモノづくりというのは市場とコストを意識したものがほとんどの中、この『究極のバックパック』に至っては例外です。
究極のバックパック』は本体価格が¥77,760からととても高価ですが、本当に”良い物”だけを求める本物志向の人にぜひともおすすめしたいバックパックです。

これほどまでにこだわり抜いたバックパックにはそう出会えるものではないので、気になった人はこの限定販売のチャンスを逃さないようにしましょう。

究極のバックパック 本物志向のバックパック

参照元:Makuake

合わせて読みたい:

多機能過ぎるバックパック!リュックサックの域を超えた『BACKPAIX』とは!?


関連商品|Bossjoy リュック / ¥2,299

※掲載価格は2018年12月22日時点のものです。

合わせて読みたい記事

  1. 防水本革リュック 皮革好き必見!革職人が本気で作った清川商店『防水本革リュック』
  2. 48Hr Switch 商品イメージ ビジネスマンの強い味方!多機能&高級レザー3wayバックパック『…
  3. グロースピーク スリもビックリ?!防犯ジッパー付き2wayバックパック『グロース…
  4. GMT レトロデザインを持ち歩こう!北欧デザインの2wayバックパック『…
  5. JW Weekender トップ画像 出張や旅行のおともに!3in1の多機能バッグ『JW Weeken…
  6. ビジネスバッグ,ノマドワーカー,副業 ノマドワーカーに猛プッシュ!スタンド機能付きバッグ『MOBICA…
  7. Metro Bag リュック通勤のビジネスマン必見!ドイツ発の高多機能バックパック『…
  8. スマホと連携できる!?『HiSmart』という超多機能、夢のビジ…
ATMOTUBE
  1. DUEX
  2. INNWAY
  3. AirConductionHeadset
  4. INNWAY
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!