時計・アクセサリー

もっと時間を感じよう。24時間を美しく刻む腕時計『Åkerfalk』

Akerfalk 腕時計1

巷では若年層の腕時計離れが進んでいると言われていますが、本当にそうなのでしょうか?

フリマアプリやネットオークションを見ていても昔も今も多くの腕時計が販売されているのを見かけます。
スマホで時間が確認できるとはいえ、腕時計は実用的なアクセサリーとしても使えるので一個は持ってるという人がほとんどなのではないでしょうか。

Akerfalk 腕時計2

そんな腕時計ですが最近よく見かけるようになったのが薄型クオーツを使用したスリムタイプの大径ケースモデルです。
軽くて薄いのでストレスなく着用できてかつ見やすいデザインが多いとあって、合理性を求める20代~30代のニーズにピタリとハマるのかもしれません。

12時間表示で1日2周するというのがよくある時計ですが、私達が生きている時間は24時間であり、やはり24時間表示ならもっとシンプルに時間を把握できると思いませんか?

余計な機能をつけず時間だけが見られる、そして旧き良き時代を思わせるデザインを合わせた腕時計『Åkerfalk』は、私達が本当に求める時計のカタチのような気がします。

Akerfalk 腕時計3

60年代のヴィンテージ感

スウェーデン初の腕時計『Åkerfalk』はビジネスシーンからデイリーユースまで、しかも性別問わず誰でも気軽に使えるミニマルデザインが特徴です。
24時間表示により生活に密着したトラッキングが可能で、その精度はスイスのロンダ社製ムーブメントを使用しているので安心して使用することができます。

美しく湾曲したガラスドームが何とも良い雰囲気を演出しており、この美しさはアナログ時計ならではのものと言っても過言ではないでしょう。

Akerfalk 腕時計4

ケースサイズはリューズを含まずに40mmと存在感抜群で、視認性にもとても優れています。
厚さはガラスドームまで入れて10.4mmと薄く、シャツやセーターの袖に引っかって邪魔になることもありません。
ラグ幅は20mmと一般的なサイズ設定となっていますので、付属のベルト以外でも取り替えることが可能です。

Akerfalk 腕時計5

なぜ24時間表示なのか?

一般的な時計のほとんどが12時間表示ですから、これでは逆に見にくいのではと思った人もいることでしょう。

しかし人は実質24時間で生活しており、見慣れないから使いにくいかと言えば決してそういうことはありません。
改めて考えてみても起業家やフリーランス、鉄道関係や警察消防など24時間表示が必要な人達というのは多く見受けられます。

Akerfalk 腕時計6

午前・午後と脳内変換する必要がなく、見たままをシンプルに把握できるのが24時間表示の魅力でもあります。
せわしない秒針が存在しないのでとても動きが少ない時計ではありますが、それは同時に私達を時間のストレスから開放してくれるといったメリットもあるのです。

Åkerfalk』はリアルな「今」をアバウトに知ることが出来る世界中でも数少ない時計なのではないでしょうか。

Akerfalk 腕時計7

厳選された素材を使用

デザイン上で大きな特徴ともなっているダブルドームガラスには、現代の主流であるサファイアガラスではなくあえてミネラルガラスを採用しています。

ミネラルガラスは60年代に使用されていた素材であり、ヴィンテージ感を演出するだけでなくサファイアガラスより割れにくく飛散しにくいといった特徴があります。
また加工しやすいといった特徴もあり、美しい曲面を作り出すにはまさにピッタリの素材と言えるでしょう。

Akerfalk 腕時計8

ケース素材には316Lステンレススチールを使用していますので、強度が高くサビにくさには定評があります。

またアレルギーを起こしにくいといった特徴もあり、医療機器やピアスなどにも採用されていますので肌が弱い人でも安心して着用することができます。

Akerfalk 腕時計11

Åkerfalk』の本体価格は¥39,800となっており、ベルトの素材を変えれば多彩な組み合わせを思いっきり楽しむことが可能です。
スタンダードセットには流行のNATOベルトも付属しますので、気分やシーンによって使い分けるといいかもしれません。

ヴィンテージ感抜群の美しい24時間表示腕時計『Åkerfalk』で、人生における時間の価値観をもっとシンプルにしてみてはいかがでしょうか。

参照元: Makuake

人をダメにするクッション リラックス
  1. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  2. Beeline Moto ナビ デバイス
  3. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
  4. Feel Three トップ画像
  5. ELECTRIC ROOF TENT テント キャンプ
  6. mile1 サコッシュ 自転車 男性待ち合わせ
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!