時計・アクセサリー

バイク好き必見!ビンテージスクーターの計器をモチーフにした腕時計『The GENOA』

The GENOA トップ画像

皆さんは毎日の時間チェックに腕時計を使用していますか?
それともスマホを使って確認していますか?

腕時計派の多くの男性がおそらく「腕時計をつけるならできるだけ人と被らないものがいい」と思っているはずです。
しかし同じものを身に着けている人を見かけることがあるので、そんな時はクラウドファンディング商品の時計がおすすめ。

The GENOA 腕時計

今回ご紹介する『The GENOA』の腕時計は、ビンテージスクーターの計器がモチーフになったユニークなデザインが特徴です。
ひと目見た時に想像したのは”V”から始まる海外製のスクーターでしたが、なるほどバイク好きにはグッとくるデザインかもしれません。

残念ながらバイクに乗る時には不向きですが、それ以外のほとんどのシーンで使用できるクラシカルな雰囲気に仕上がっています。
オシャレで人と被らない腕時計をお探しなら『The GENOA』はいかがでしょうか。

The GENOA NEROとBRONZO

レトロな雰囲気を楽しむ腕時計

The GENOA』は現在においても変わらず愛され続けるビンテージスクーターのメーターがモチーフになっている腕時計です。
細部までこだわり抜かれたデザインはレトロでありつつエレガント、バイクに興味が無くとも着用したくなる仕上がりとなっています。

The GENOA NERO

文字盤の日付窓は走行距離計、文字盤下部の24時間表示版はスピードメーターのオマージュとなっており、ケースカラーに合わせたラインで高級感を演出。
ケース直径は42mmとやや大きめですが厚みは9mmしかありませんので、手首に着けていてもそこまで主張することがありません。

そのため性別を問わず着用でき、シンプルで上品なオシャレを楽しめるでしょう。

赤い針がアクセントに

ビンテージスクーターに限らず、車やバイクなどのモーターサイクルには視認性の高い赤やオレンジの針がよく採用されます。
素材にはアクリル樹脂などが使用されており、夜間でもライトアップすると光が透けてより見やすくなります。

The GENOA』ではデザインのアクセントとしてこの”赤い針“を採用、流石にライトアップはできませんがこれによりデザインをグッとレトロな雰囲気にしています。
最新のバイクやレーサータイプはデジタル計が主流となってしまいましたが、メーターはやはりアナログな方が”動いている“という感じがしますよね。

The GENOA BRONZO

ストラップは気軽に交換可能

一見ストラップが交換ができなそうに見えるデザインですが、一般的な腕時計と同じようにバネ棒を外して交換が可能です。
パンチングレザーストラップファブリックストラップが付属してきますので、スタイルに合わせて付け替えるといいでしょう。

The GENOA 二種類のストラップ付き

ラグ幅は20mmなのでもちろん市販のストラップにも交換可能です。
イージークリック(クリッカー)付きのベルトにすれば工具不要で交換できますし、より様々なスタイルに合わせられるようになります。

服と同じようにストラップを付け替えて、毎日のオシャレをもっと楽しみましょう。

The GENOA 男女で着用可能

3カラーからお好みでチョイス

The GENOA』のケースメイン素材は316Lステンレススチールとなっており、つや消し加工や光沢加工などのモデルによって異なる仕上げが施されています。
光沢仕上げが美しいのはCROMOで、唯一24時間表示盤の針がシルバーで統一されていてシックなオシャレを楽しめる仕上がりとなっています。

The GENOA CROMO

NEROBRONZOはつや消し加工が施されていて24時間表示盤には赤い針を採用、よりレトロな雰囲気を楽しみたいならこちらの2種類がおすすめ。
ムーブメントには信頼と実績のMiyota GP00 新型multi-functional/retrogradeを搭載、誤差は±20秒/月という正確性が魅力です。

デザイン、機能ともにこだわった『The GENOA』は¥19,500から入手が可能、発送は2018年12月末までを予定しているとのことです。

The GENOA ディテール

The GENOA デザイン

参照元:Makuake

X-1 メカニカルキーボード
  1. 卓上 クリーナー 掃除機
  2. コローレ 掛け時計 木
  3. ジムバック 通勤バック
  4. スニーカー 国産 スピングルムーブ パナレーサー
  5. HERO トップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!