時計・アクセサリー

この時計は“新しい”!最新設計の風防がないミニマルウォッチ『CLOAK』

CLOAK

今、みなさんの腕にはどんな時計がついていますか?
ビジネスシーンであればシンプルで視認性が高いもの、休日や学生であればデザインにこだわりのある腕時計を着用していることでしょう。

時計というとアナログなら長針と短針があるのが一般的で、デジタルなら針がない代わりに日付や時刻を示す数字が表示されているのが一般的です。

Apple Watch

しかし、今回ご紹介する『CLOAK』は、針と数字はおろか、風防すらないという腕時計の常識を覆すミニマルウォッチです。
風防がないので文字盤に直接触れる事が可能ですが、『CLOAK』のそれをはたしてを“文字盤”と言ってもいいのでしょうか。

素材の魅力を堪能できる究極シンプルな腕時計が、ついにクラウドファンディングサイトMakuakeに登場です。

CLOAK

ガラスがない腕時計

CLOAK』は天然木や天然石でできた文字盤を持つユニークな腕時計で、その日の気分に合わせて気軽に組み合わせを変えることができます。
交換可能なのはフェイス・ベゼル・ストラップとなっており、その組み合わせはなんと百通り以上あるので、さまざまな素材を組み合わせて自分にとってのベスト・オブ・CLOAK』を探求することも可能です。

CLOAK構造

最大の特徴ともいえる文字盤は、ミニマリストの美学を実現するため本来はあるはずのものを全て取り除いたデザインとなっています。
そのため文字盤に直接触れて素材を感じることが可能となっており、さながらアンチスマートウォッチといった存在といえるでしょう。

CLOAK

美しい素材を堪能する

素材の良さを際立たせる、あえて全面にさらけ出すというユニークなデザインを採用した『CLOAK』。
むき出しの文字盤は石や木、金属を美しく見せることが可能で、短針の代わりとなるワンポイントデザインが時間を示唆。アバウトに時間を知らせてくれるので、より直感的にリラックスして過ごすことができるでしょう。

磁石の力で回転

短針は低摩擦のサファイアベアリングの上に取り付けられており、時計内の磁気の力を利用して回されています。
枠には時間と分を示す印が15分刻みでつけられていますが、慣れるまでは時間を読み取るのも一苦労かもしれません。

CLOAK』のコンセプト

CLOAK』は一個の時計で全ての季節や行事、独自のこだわりに対応できる時計を目指してデザインされました。
世の中には様々な美しい時計がありますが、それらを満たしているものがないのに気づいたことが始まりのようです。

CLOAK』はとてもシンプルですが万能であり、同価格帯の中で見てもこの時計ほど購入価値があるものは他にないでしょう。
ムーブメントにはスイス製のRONDA 502を採用し、デザインだけでなく時計としての品質や機能にもこだわっていることを忘れてはなりません。

着用イメージ

コルクの外箱に入ってお届け

こだわっているのは文字盤の素材だけでなく、ケースやベゼル、針素材には高品質なサージカルステンレスSUS316Lを採用。
ストラップにはイタリアンカーフレザーが使われていますが、Makuake限定ミラネーゼメッシュも付属するようです。

CLOAK

今回のプロジェクトでは世界で特に売れているモデルをスターターパックにしているとのことですので、どれを選んでも『CLOAK』の魅力をしっかりと堪能することができそうですね。

価格はスーパーアーリーバードで定価の30%となる¥36,000から入手が可能。発送は2019年8月末までを予定しているとのこと。
高級感あふれるコルクのギフトボックスに入ってくるので、友人や同僚へのギフトとしてもおすすめです。

コルクギフトボックス

参照元:makuake.com

合わせて読みたい:

このデザインは凄すぎる!見なくても時間がわかる『さわる時計 Bradly』


SONY フェスウォッチ FES-WM1S

関連商品│SONY フェスウォッチ FES-WM1S ¥12,459

※掲載価格は4月5日時点のものです。

  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!