時計・アクセサリー

指にはめる時計『Ring Clock』がどんな腕時計よりも未来的で超クール!

リングクロック

「腕時計と懐中時計、どちらがお洒落か。」
「腕時計ならデジタル派かアナログ派か。」
「普通の時計とスマートウォッチならどちらがいいか。」

腕時計を付けた男性

時代によっても身に付ける時計についての価値観や興味は異りますが、懐中時計や腕時計とは違う新しい時計を本記事では紹介したいと思います。

「第3の身に付ける時計」と言ってもいいでしょう。
『Ring Clock』というその時計は何と「指」にはめる時計です。
とってもスタイリッシュでお洒落なので気に入る方も大勢いると思います。

『Ring Clock』の特徴は?クールなのは外見だけではなかった

見た目はシンプルなデザインなのですが、実はとてもハイテクな時計なのがこの『Ring Clock』なのです。

見ただけで分かるかと思いますが、こちらの時計は指にはめるタイプなので薄くないと実用的ではありません。
とても薄いLEDとバッテリーを搭載しているという点が衝撃的な時計です。

また、充電は無線式で置くだけで充電できるという点も驚きです。
むしろ、USBケーブルによる充電はこの薄さだと不可能かもしれません。
そう考えると無線式になるのも納得です。

リングクロック

なお、最大充電時間は2時間で、1日に15回程度時間を確認するくらいであれば1週間くらい使い続けることができます。

時間を合わせる際も充電用の台座に乗せ行います。
クールなデザインを維持するために、時間合わせの機能も本体には設置しないという徹底ぶりに感動を覚えます。

時刻の表示方法やLEDの色、リングの材質やバッテリーの持ちは?

小さな本体に蓄電したエネルギーを少しでも長く利用するための技術や自動的にLEDが消灯するような配慮が施されています。

リングには時間を表示する列、分を表示する列、そして秒数を表示する列の3つの層があります。
指にはめた際に、上から順番に確認していけば時間を知ることが可能です。
リングを回転させて時間を確認しますが、一度のアクティベーションで15秒点灯します。

時間はLEDで表示されますが、刻印のように刻まれた数字が光ります。
カラーはブルーとオレンジの2色展開ですが、個人的には
ブルーが好みです。

リングクロック

材質は“サージカルステンレス”という金属が使われています。
このサージカルステンレスは、医療現場でも使われており、アレルギーになりにくい安全性の高い金属と言われています。

安心して使用できる金属ですが、メッキの種類によってはアレルギー反応のでる方もいるかもしれません。
可能であれば日本の取扱店で試着してみることをおすすめします。

≫各店舗のご案内

実際に『Ring Clock』を使った人の感想は?気になるレビュー

指にはめたリング型の時計の使い心地はどうなのでしょうか。
レビューを調査してみました。
まずはメリットとして感じられる内容を紹介します。

  • 格好良い
  • 人に見せたくなる、外出したくなる

続いてデメリットだと言えるレビュー内容です。

  • 時間の確認が難しい
  • 水蒸気凝縮に弱いので、サウナなどに注意が必要

リングクロック

一番気になったのは「時間の確認が難しい」という内容でした。
リングを回転しながら見るしかないため、ちょっとだけ不便な気もします。

防水テストも行われており、冷水プールや手洗いなどはクリアしたようですが、水蒸気凝縮により不具合が発生するようで、サウナやお風呂などの湯気が発生する場所には持ち込まない方がよさそうです。

値段は35,640円で販売されているとのことで、やはり安くはないですね。
高いけれど話題性があり、お洒落であることは間違いないので所有欲は満たされそうです。
また、高価でハイテクな時計だからこそ精密な作りになっているので、衝撃や振動にはひと際気を付けたいですね。

Ring Clock

『Ring Clock』は店舗販売だけではなく、オンラインショップでも購入できます。
希望のサイズの在庫があれば即発送可能で、もし希望のサイズが在庫切れの場合でも予約注文が可能のようです。
予約の場合は1~2か月待ちになるようですが、それぐらい余裕で待てるくらいクールな個性派時計です!

参照元: dedegumo_kyoto公式サイト

ORVIBO ホームセキュリティ
  1. duitドライハウス トップ画像
  2. FLAK SACK SPORT 鞄 盗難防止
  3. TV視聴アプリ スマホ動画
  4. gigseat ビーチでの使用イメージ
  5. PLEI トップ画像
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!