レビュー

【レビュー#38】抱っこ紐に変身するウエストバッグ『daccoswitch』が有能すぎる

daccoswitch

先日Hacktsuでご紹介した、全国のイクメンにぜひとも使ってほしいトランスフォームするバッグ『daccoswitch』の記事はもうご覧いただけたでしょうか?
もしも「まだ読んでないよー」 という方がいたら、ぜひともこちら↓のリンクから飛んで読んでみてくださいね。

子育て中のパパ必見!抱っこ紐にもなるウエストバッグ『daccoswitch』

今回はそんな話題沸騰中の『daccoswitch』のサンプルを、開発者でもあるプロジェクターの方からお借りすることができたので詳細にレビューしていきます。
個人的には現在市販されているどの抱っこ紐よりも便利に感じましたので、「抱っこ紐って荷物になる」と感じた事があるならぜひ支援を検討してみてはいかがでしょうか。

一瞬で変形するウエストバッグ『daccoswitch

daccoswitch』は容量3.5Lというウエストバッグに、収納式の抱っこ紐をドッキングした革新的なアイテムです。

daccoswitch

歩きはじめた子供とお出かけする際に、ないと困るけど荷物になりがちな抱っこ紐の悩みを解決。
成長して抱っこ紐が必要なくなってからも、そのままショルダーバッグとして使用し続けることができます。

通勤にも使える

ショルダーバッグから抱っこ紐への変形は、ボタンホック3つと両サイドのバックル2つを外すだけで完了。
バッと開いてあっという間に抱っこ紐を展開、収納するときはささっと畳んでホックとバックルを止めるだけととにかく簡単です。

また、『daccoswitch』なら抱っこ紐をしながら別でバッグを持つ必要がなく、しかも収納部が胸元にくる設計ので抱っこ紐をした状態でも荷物へのアクセスもスムーズ。

パパママ問わず使えるシンプルなデザインで、プロジェクトは5月29日まで、価格は¥19,350~となっています。

daccoswitch

サンプルが到着

まずは送っていただいたサンプルをチェック。パッケージはまだ未完成ということで『daccoswitch』本体のみが梱包されていました。

daccoswitch本体

daccoswitch背面

▲手持ちでも使えるようにハンドルが備えられています。

パット見はどこからどう見てもただのショルダーバッグで、しかもサイズがちょうど使いやすそうなところ。
通常のウエストバッグより一回り大きく、しかし大きすぎないサイズ感とシンプルなデザインのおかげでシーンを選ばず使用できそうです。

daccoswitchのロゴ入りタグ

▲ロゴ入りのタグもシンプル。

ウエストバッグってブランドやメーカーのタグがデカデカと貼られていることが多いですが、『daccoswitch』のそれはとても控えめで好印象。

ファスナーにはレザー

▲ベージュカラーがアクセントに。

メインポケットのファスナーには、開閉しやすいようにレザーストラップがつけられています。
自分で革ハギレを持っている方なら、ブラウンにしたりレッドにしたりして遊んでみるのもいいかもしれません。

メインコンパートメント

▲中には大小のポケットが2つ。

左側のポケットにはスマートフォンやティッシュなど、右側の大きなポケットにはお財布やおしり拭きがスッポリ入ります。

バッグ背面

▲通気性に優れたメッシュ仕様

ウエストバッグとしてだけでなく、抱っこ紐としても使うので通気性だけでなくクッション性は特に大切にしたいところ。
パパ目線で設計されているので、そうした細かな部分の作り込みがしっかりしているのが『daccoswitch』最大の特長といえるかもしれません。

荷物を入れてみました

ということで、隅々までチェックしたところで実際に普段持ち歩いている荷物を収納してみました。
子供との散歩やちょっとした買い物を想定して、荷物は最小限+αといったところでしょうか。

オムツとおしり拭きを収納

▲2~3時間くらいの』お出かけを想定。

まずは赤ちゃん用のアイテムをピックアップ。
予備を含めたオムツ3枚とおしり拭き、それから汚物入れとしてビニール袋数枚です。

スッキリ収納

▲スマートフォン(5インチ)が余裕で入ります。

一通り入れてから、これまた必需品のタオルを収納。
ガーゼハンカチとかの方がいいみたいですが、抱っこ紐って子供が汗かくので筆者はいつも無印良品のタオルを愛用しています。

もしまだミルクを飲んでいるなら、ここに哺乳瓶や水筒も追加です。

お財布も収納

▲さすがにもう入らないか・・・?

全部入った所

▲と、思いきや余裕でした。

ファスナーをしめた所

▲もちろんファスナーだって閉まります。

これだけ入ってもまだ余裕がありました。
今回はパパとのお出かけ設定なので荷物が少ないですが、まだまだ余裕があるのでママ使用でも全く問題なさそうです。

三段ストラップの使用例

▲お気に入りのオモチャを掛けて。

トイザラスで購入した“ボリィ”というカミカミにぎにぎオモチャを三段ストラップベルトにセット。
おしゃぶりとかでもいいと思いますが、落としてしまった時の事を考えてストラップなどの着用がおすすめです。

いよいよトランスフォーム!

荷物の収納ができたら、ついに肝心のトランスフォームのお時間です!

変形1

▲上のホック3つを外して・・・

変形2

▲両サイドのバックルを外すと・・・

変形3

▲展開!

置いたままやっているのでこんな感じで展開していますが、動画のように腰に巻いた状態で開くと本当に一瞬です。

子供スペース

▲通気性が良さそう。

子供はとにかく汗をかきますが、見るからに通気性が良さそうな感じで一安心。
お股に来る部分はクッション性が優れており、降ろしたり抱っこしたりが簡単なサイドバックル仕様です。

正面から見た所

▲展開すると本当に普通の抱っこ紐

正面から見るとわかりやすいですが、赤ちゃんのお尻が来る部分が表面までメッシュ素材なのにお気づきでしょうか。
パパ目線だからこその配慮が嬉しく、ショルダーベルトも幅が広めで背中に食い込みません。

出産祝いにもおすすめ!

ということで今回は、歩きはじめのお子様がいる家庭におすすめな抱っこ紐内蔵ショルダーバッグ『daccoswitch』をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
「子供とおでかけはしたいけど、マザーズバッグやリュックは持ちたくないなぁ・・・」とうパパに本当にピッタリです。

普段使っている抱っこ紐とオムツバッグ

▲エルゴベビーの抱っこ紐とおむつバッグが・・・

daccoswitch

▲『daccoswitch』だけでOK!

子供といながら身軽になれるというまさに理想的なツールですので、家族や親しい友人の出産祝いとして贈ってもいいかもしれませんね。
人を育てるというのは本当に大変ですが、『daccoswitch』のようなアイテムと一緒に楽しみながら子ども達と接していきたいものです。

参照元;makuake.com

合わせて読みたい:

【製品レビュー】話題のスマートボトル『SGUAI』をお借りして温度をチェック!

合わせて読みたい記事

  1. daccoswitch 子育て中のパパ必見!抱っこ紐にもなるウエストバッグ『daccos…
Serafim R1+
  1. 9月クラウドファンディング
  2. Mokibo
  3. EZCastGameHub
  4. Lecronos
  5. Opera9完全ワイヤレスイヤホン
  6. ワイヤレスキーボード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!