レビュー

【レビュー#51】紙製デイパック『CULCREAT』の質感が良すぎて支援確定

CULCREAT

最近はパパであっても、親子リンクコーデでお出かけしているのをちらほら見かけるようになりました。
男性のほうが服装がシンプルな分、お揃いにしやすいというのも大きな理由になっているのかもしれません。

リンクコーデといえば、先日ご紹介した紙製デイパック『CULCREAT』の記事はもう読んでいただけましたか?

今、紙がアツい!紙製の軽くてエコな親子デイパック『CLUCREAT』

何やら紙製のバックパックがグイグイ来ているようですが、通常のバッグ素材と異なるだけに、できれば一度本物を触ってみたいと考えている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、特別に『CULCREAT』をお借りすることができたので、できるかぎり質感にピントを合わせてレビューしていきます。
支援しようかどうしようか迷ってる方は、写真盛りだくさんのこの記事を参考にしてみてくださいね。

CULCREAT

洗える紙製デイパック『CULCREAT

CULCREAT』は親子でお揃いにできるS・Lと2サイズ展開の、クラフト紙でできたエコなデイパックです。
100%紙パルプでできているため人体に無害なうえ、洗っても大丈夫なほどタフなクラフト紙なので元気一杯のお子様に背負わせても長持ち。

洗えるクラフト紙

スクエアデザインで収納力に優れ、LサイズにはPCポケット実装でビジネスシーンでも活用できます。
カラーはマットブラック・キャメル・ローズゴールドの3色からチョイスが可能。Lサイズにはカーキ、Sサイズにはフラミンゴの限定色もご用意。

素材本来の良さが楽しめるようにミニマルなデザインですので、スタイルを選ばず使用することができます。

リンクコーデ

これが『CULCREAT』だ!

ということで、早速届いたダンボールを明けて『CULCREAT』とご対面。
本体が入っているバッグがまたオシャレな上に、通常のものよりも固めで質感最高です。

ショッパー

▲この袋の質感がめちゃくちゃ良いです。

パリッとしていて摩擦が高いというか、なんだかずっと触っていたくなる感触です。

『CULCREAT』表側

▲ご対面した『CULCREAT』。

背面

▲こちらが背中側。掛けられるように手提げもついてます。

今回のサンプルは国内未発売カラーということで恐縮ですが、メインは質感ということで大目に見てくださいませ。

Lサイズ

▲グレーのLサイズ。

ラベル

▲『CULCREAT』のロゴがプリントされています。

デザインはラベルのみでとてもシンプル。
すでに若干のシワが入っていますが、これが本当にいい具合です。

最近クラフト紙でできた保冷バッグが販売されていますが、そういったアイテムが好きならどストライクかもしれません。

縫い合わせ部分

▲通常のバッグ同様、しっかりと縫い合わされています。

テクスチャ

▲このシワ…たまりません!

写真でもしっかりしたクラフト紙が使われているというのは、よく分かるのではないでしょうか。
このシワが増えて使い込まれたところを想像するだけで、エイジングマニアとしては垂涎ものです。

真鍮金具

▲真鍮金具が相性抜群!

ファスナー

▲滑りの良いファスナー

真ちゅう金具を採用していたり、同色ファスナーが採用されていたりで落ち着いた印象です。
どことなくハンドメイドらしさがあるのも、このプロダクトのいいところかもしれません。

メインコンパートメント

PCポケット

▲13インチがすっぽり収まるとか。

メインコンパートメント内はとてもシンプルな作りですが、スクエアデザインなのでそこまで不便さを感じることはないでしょう。
特にプライベートメインで使用するなら、まとめて収納できた方が使い勝手はいいはず。

Sサイズ

▲未発売モデルのシルバー。普通に可愛い。

撮影に使われていたということで割とシワが入っていますが、新しいものより丸みがでるというか、柔らかい雰囲気になっています。
エイジングモデルとして参考にしてもいいかもしれません。

A4ファイルと比較

▲わかりやすいようにA4クリアファイルと比較。

ほぼ同サイズということで、可愛らしいサイズなのがお分かりいただけるでしょうか。

ラベル

▲もちろんラベルのみのシンプルデザイン。

背中側

▲背面にはLサイズ同様真ちゅう金具を使用。

そのまま小さくなった感じなので、小さくてもオシャレなのは変わりません。

それでは次に、13インチサイズ以上のPCは入らないのか、Sサイズにはどれだけのものが入るのか実験していきます。

おぉ、めっちゃ入る…

まずは気になる方が多いであろう、Sサイズにどれだけのものが入れられるのかチェック。
お子様に背負わせるということもあって、容量とサイズのバランスはとにかく大事。

入れるもの

▲公園へのお出かけを想定して一通り用意しました。

ちなみに想定モデルは5歳前後ということで、着替え一式とタオルやティッシュ、ちょっとしたおやつです。
筆者が普段お出かけするときも大体こんな感じ+水筒なので、これだけ入れば合格点。

収納時

▲見事収納。しかもまだ少し余裕があります。

Tシャツをもう1枚いれることはもちろん、脱いだ帽子や薄手のジャケットくらいなら入りそうです。
これだけ入ればどこに行くにも十分なのではないでしょうか。

14インチPC

▲用意したのは14インチPC。

13インチは入ることがわかっているので、さらに大きいサイズにチャレンジします。
用意したのは14インチのThinkPadと、デュアルディスプレイで使用しているVinpok製Split(15.6インチ)。

収納時

▲入りました!

ぎりぎりな感じもしますが、普通に収納可能です。
Chromebookなど薄めのものなら全く問題なく収納できそうですね。

15.6インチのモニター

▲続いて15インチのSplit。

問題はここです。
15インチが入るかどうかが購入の決め手という方もいるでしょうから、入るか否か、いざ勝負。

収納時

▲入らなくは…ない!

サイドは余裕があるものの、フラップを留めることはできませんでした。
薄いSplitですらこの状態なので、おそらく通常のPCでは入れることはできても留めることは難しいかもしれません。

ということで結果は、Lサイズに収納できるのは14インチが最大ということになりました。

これからの季節にピッタリ!

質感にフォーカスしつつ、収納力にも触れてレビューしてきましたがいかがでしたでしょうか。
紙独特の質感はこれからの季節のお出かけにピッタリで、子供と過ごす時間をもっと楽しいものにしてくれそうです。

『CULCREAT』のプロジェクトは6月28日までとなっており、価格はSサイズが4,800円~、Lサイズが5,800円~となっています。
オシャレとエイジングを同時に楽しめるプロダクトですので、リターンが発送されるのを首を長くして待ちましょう。

CULCREAT

▲これは買いですね。

参照元:makuake.com

合わせて読む:

【製品レビュー】北欧デザインの2wayバックパック『GMT-7786』が想像以上に機能的!

合わせて読みたい記事

  1. CULCREAT 今、紙がアツい!紙製の軽くてエコな親子デイパック『CLUCREA…
  1. HEXAR
  2. Adin振動スピーカー
  3. bCoreレーサー
  4. クラウドファンディング
  5. Mezmoglobe
  6. HeatsinkCase
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!