レビュー

【レビュー#50】スタイリッシュな『デザイナーズビジネスデイパック』が超機能的

デザイナーズビジネスデイパック

ビジネスシーンにおけるリュックというのは、容量よりも機能性、そしてスーツに合うデザイン性が大切です。
先日、Hacktsuではスーツスタイルにハマる『デザイナーズビジネスデイパック』をご紹介しましたが、そちらの記事はもう読んでいただけましたか?

今こそ容量を見直そう!ビジネスシーンに最適な『デザイナーズビジネスデイパック』

バッグは毎日使うものですから、「できれば実物を見てみたい」という方が多いものの、クラウドファンディング製品ではそれが叶わないのが痛いところ。
ということで、そんな気になっているけど支援できずにいるという方のために、Hacktsu編集部が特別にサンプルをお借りしましたのでレビューしていきます。

素材の質感や細かなディテールなどをたっぷりご紹介しますので、気になっていた方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スーツスタイルにピッタリのデイパック

INDIGO EVANSが提案する『デザイナーズビジネスデイパック』は、容量からデザインまでビジネスシーンを想定して制作されたバッグです。
スーツやジャケットによく似合うデザインで、“削ぎ落としの美”によるスタイリッシュさが最大の特徴といえます。

通常のバックパックと比べて薄いため、通勤電車の中で前に掛けても邪魔になりませんし、メイン素材には上質なPUレザーを使用しているためメンテナンスも楽々。

デザイナーズビジネスデイパック

薄型ですが容量は11Lとたっぷりで、ノートPCは最大15.6インチまで収納可能。開口部が広い作りなのでB4サイズだってスムーズに出し入れできます。
サイドには170×170mmのファスナーポケットを装備。 パスケースや文庫本など使用頻度の高いものを収納しておくと、わざわざバッグを開けることなく取り出しが可能です。

サイドファスナーポケット

クラウドファンディングで話題の『デザイナーズビジネスデイパック』は、現在9,950円(税込)から入手が可能。カラーはブラック・ネイビー・キャメルの3色展開となっています。
プロジェクトは6月20日までとなっていますので、お得にGETするならこの機会をお見逃しなく。

デザイナーズビジネスデイパック

『デザイナーズビジネスデイパック』とご対面

それでは早速、届いた『デザイナーズビジネスデイパック』のサンプルを見てみましょう。

デザイナーズビジネスデイパック正面

▲ネイビーカラー

まずは一番人気のネイビーカラーを取り出しました。
第一印象ですがPUレザーといっても程よいツヤ感で、安っぽさというのを全く感じませんでした。

背面

▲背面にはメッシュ素材採用。

サイドにファスナーポケットが写っていますが、背負っていると左側にくるため、左利きの方はちょっと使いにくいかもしれません。

縫製

▲縫製も真っ直ぐ。

とにかく作りが良くて、縫製が真っ直ぐなのは当然ながら仕上げがものすごく丁寧です。
同価格帯のPUレザーバッグと比べても、仕上げの良さは一目瞭然です。

サイドファスナー

▲サイドファスナー部分

メインコンパートメント

▲メインポケットはガバっと大きく開きます。

サンプルということでワンポケット仕様ですが、製品化されたものには二分割ポケットとPCポケットが搭載されます。

フラップを外したところ

▲容量は折る位置で調整可能。

見た目よりずっと大容量なので、ジム通いでもしない限りは困ることはないでしょう。

キャメル

▲こちらはキャメル。

キャメル2

キャメル3

▲背面。

明るいカラーはカジュアルな印象が強くなるので、スーツと合わせるのはなかなか難しそうですが、実はネイビースーツと相性抜群だったりします。

ブラック

▲こちらがブラック。

ブラック2

▲メタルバックルとのコントラストが一番はっきりしています。

ブラック3

▲背面。

外観をくまなく見たところで、次は実際にノートPCを収納していきます。
スペックでは15.6インチが入るとなっていても、実際にはキツキツだったりすることもあるので、そのあたりを重点的にチェックします。

15.6インチがすっぽり!

収納チェックにあたり、今回用意したデバイスはこちら↓。

用意したデバイス

▲15.6インチのTaptekと、14インチのThinkPad。

Taptekはフレームがかなり薄いため、実際の15.6インチノートPCをよりは少し小さいですが問題ないでしょう。
まずは14インチThinkPadを入れて、どれだけスペースに余裕があるのかをチェックします。

14インチを入れたところ

14インチを入れたところ2

▲全く問題ありません。

フラップも余裕で閉まりますし、さすが15.6インチが入るとうたっているだけあります。
ということで、14インチは多少厚みがあっても問題なく収納できるでしょう。

15.6インチを収納したところ

▲キャメルにin。

15.6インチを収納したところ2

▲こちらも余裕でした。

横、縦ともに余裕があり、なんだか頑張れば17インチだって収納できそうな気配があります。
ただ、これはあくまでもPCポケットなしの場合ですので、製品化されたモデルは15.6インチまで収納できるということを覚えておきましょう。

仕上げ良し!

ということで、今回は『デザイナーズビジネスデイパック』をレビューしましたがいかがでしたでしょうか。
最後に筆者イチ押しポイントである仕上げの良さについて、もっと伝わればと写真を撮りましたので貼付していきます。

仕上げ1

仕上げ2

仕上げ3

わかりやすいようにキャメルをモデルにしてみましたが、いかがでしょうか。仕立てのよさが伝わるでしょうか?
隅々までチェックしましたがほつれや歪みなどは一切ありませんでした。

これなら毎日の相棒として、現代のアクティブなビジネスマンも安心して使用することができそうです。
デザイナーズビジネスデイパック』がお得にGETできるのはMakuakeだけですので、気になった方はこの機会をお見逃しなく。

参照元:makuake.com

こちらもおすすめ:

【製品レビュー】Apple製品にジャストなバックパック『LA-1313』が突き抜けてる件

合わせて読みたい記事

  1. CULCREAT 【レビュー#51】紙製デイパック『CULCREAT』の質感が良す…
  2. CULCREAT 今、紙がアツい!紙製の軽くてエコな親子デイパック『CLUCREA…
Serafim R1+
  1. 9月クラウドファンディング
  2. Mokibo
  3. EZCastGameHub
  4. Lecronos
  5. Opera9完全ワイヤレスイヤホン
  6. ワイヤレスキーボード
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!