家電

あなたのデスクにゴジラ出現!?放射熱線を吐く『加湿王ゴジラ』

子供のころ好きだったキャラクターやヒーロー戦隊を覚えてますか?
現在もシリーズが続いている仮面ライダーはイケメン俳優が輩出されることから違う意味でも注目度が高いですが、筆者が子供のころは「ブラックRX」が好きだった記憶があります。
現代の仮面ライダーも面白くて子供と一緒に毎週見ています。

仮面ライダービルド

出典: TVasahi

日本では特撮作品と呼ばれる映画やテレビ番組が大きなジャンルを形成するほど発展しており、子供や大人を問わずずっと変わらない人気があります。
その中でもヒーロー戦隊や前述の仮面ライダー、全世界でヒット中のゴジラの人気は突出したものがあります。
今ではすっかり”世界のゴジラ”となってしまいましたが、そんなゴジラを可愛くデフォルメした”面白い”加湿器がもうすぐ発売されます。

放射熱線のようなミストを噴射する『加湿王ゴジラ』発売に胸アツ

加湿王ゴジラ

怪獣王あらため、加湿王

ゴジラといえば昨年公開された「シン・ゴジラ」が記憶に新しいのではないでしょうか。
シン・ゴジラは総監督・脚本は「新世紀エヴァンゲリヲン」でお馴染みの庵野秀明、監督・特技監督は樋口真嗣東宝製作のゴジラシリーズの第29作興行収入82.5億円を記録しました。

シン・ゴジラ

 

ゴジラシリーズには熱狂的なファンも多く、特に人気なのが初期の「ゴジラ」や「ゴジラ対ヘドラ」、「ゴジラVSモスラ」、「ゴジラVSキングギドラ」などがあります。

商品化にあたり外観は根強い人気の「ゴジラVSモスラ」に出てくる通称”バトゴジ”をデフォルメしたデザインが採用されました。
『加湿王ゴジラ』の口から勢いよく噴出るミストは、青いLED照射でゴジラが吐く放射熱線を再現しています。

加湿王ゴジラ

商品化の背景には、「加湿器が吹き出すミストがゴジラの口から出る放射熱線みたい」という着眼から「ゴジラが放射熱線を吐く加湿器って面白いんじゃないか?」という発想にいたったという逸話があります。

アニメーション映画公開日に発売開始

加湿王ゴジラ』の発売日は、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開日でもあり、本作はゴジラシリーズ初の長編アニメーション映画として注目を集めています。
キャッチコピーは「絶望は進化する」となっており、ゴジラと相対することになる人類はかなり苦しめられることになりそうです。

加湿王ゴジラ』は発売前であるにも関わらずすでに話題となっており、ゴジラという魅力あふれるキャラクターの人気がよくわかります。
さらに本体には「ゴジラバンク」で大好評だった音声や音楽のリアルサウンドが搭載されています。
販売価格は¥7,538(税込)となっており、ゴジラストアまたはAmazonから購入することができます。

1954年から続くゴジラシリーズ

ゴジラといえばその長い歴史ですが、すでに半世紀以上にわたって続いています。
1954年「ゴジラ」に始まり1975年「メカゴジラの逆襲」で昭和ゴジラが終わり、1989年「ゴジラVSビオランテ」で平成ゴジラが始まり現在に至ります。

ちなみに1998年に「GODZILLA」をハリウッドが製作しましたが、こちらは日本のゴジラシリーズを元にした作品でありゴジラシリーズではありません。

予約受付中

発売開始までまだ1ヶ月以上ありますが、ぜひデスクに起きたいアイテムです。
ミストの勢いがどの程度のものなのか気になりますが、まさかデスクに置けないというほどではないでしょう。

加湿王ゴジラ』には水がなくなったら自動で停止する機能もついているので、空焚きする心配もなく安心して使用できそうです。気になった方はぜひチェックしてみてください。

参照元: ゴジラ・ストア

残業証拠レコーダー01
  1. Nix Mini カラーセンサー
  2. Photo by Galymzhan Abdugalimov on Unsplash
  3. Wi-Fi ルーター
  4. Spirale 物々交換
  5. 名刺交換
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!