インテリア

意外と効く!一つは常備しておきたいマッサージクッション8選

ALINCO/マッサージクッション MCR8116T

普段はインテリアとして、ちょっと疲れたなーって時にはテレビや本を見ながら手軽にマッサージ機能が使えるのがマッサージクッション
2009年に登場して以来その人気は衰えること無く、マッサージチェアのように場所を取りませんしクッションとしてのデザイン性も評価されてきました。

一個あればふとした時にすぐにリラックスできるマッサージクッションですが、種類が増えてきたこともありいざ欲しいとなってもどれを買ったら良いのか迷ってしまいますよね。
そこで今回はデザイン、価格、機能性からオススメのマッサージクッションをご紹介します。

ツカモトエイム/マカロンマッサージクッション-MC-301

マッサージクッションのパイオニア「ルルド」

マッサージクッションといえばルルドルルドといえばマッサージクッションというほど定着してしまっていますが、その機能性とデザイン性はさすがといった感じです。

今でこそ様々なメーカーが販売していますが、そんな現在でも変わらず圧倒的な人気を獲得し続けています。
マッサージクッションを選ぶ上で基準的な存在になりますので、機会があったらルルドのスタンダードモデルを一度は試してみるといいかもしれません。

ATEX/ルルド AX-HL148M

ATEX/ルルド AX-HL148M

¥6,528

言わずとしれたルルドのマッサージクッションのスタンダードタイプです。
適度な価格に高いデザイン性、そしてクッションカバーのラインナップの多さなどで現在でも多くの人に愛され続けています。

4つのモミ玉で肩やふくらはぎを効率的にマッサージしてくれるだけでなく、ヒーター機能内蔵で温めながらのマッサージが可能です。

カバーは着脱して洗えますし、インテリアに合わせてデザインを変えることもできます。
有線タイプなので使用場所に限りがあるのが残念ですが、自宅で使用する分には何の不満もないTHEスタンダードです。


ATEX/ルルド コードレス AX-HL248

ATEX/ルルド コードレス AX-HL248

¥22,000

そしてついにルルドが満を持してコードレスになりました。
ルルド愛用者の誰もがおそらく待ち望んだ形ではあるのですが如何せん値段が高いです。

なぜこれほど高い設定にしてしまったのかは不明ですが、+2,000円くらいでどうにかならなかったものかと未だに疑問です。

基本的な性能はスタンダードモデルと変わりませんが、圧倒的な利便性の高さはコードレスならではですね。
オートタイマーが15分から10分になっている部分もスタンダードと異なる点です。


ATEX/ルルド プレミアム AX-HCL188

ATEX/ルルド プレミアム AX-HCL188

¥10,584

プレミアムの名に相応しい8つのモミ玉で極上のひと時を提供してくれます。
スタンダードモデルからの買い替えユーザーが多いようですが、価格がほぼ倍になれど満足度がかなり高いところをみればその良さは十分に伝わってきます。

1分おきにもみ上げともみ下げを自動で繰り返してくれるので、コリが強い人やスタンダードを使ってみて物足りなかった人にもオススメ。
唯一残念なのがカバーのラインアップが存在しないことで、最初に購入したカバーを繰り返し洗って使用することになります。


ATEX/ルルド プレミアム AX-HCL258

ATEX/ルルド プレミアム AX-HCL258

¥10,584

すっかりルルド祭りになってしまいましたが、同じくプレミアムラインからより身体にフィットするように設計されたのがこのタイプです。
もみの効果を実感しやすいだけでなく、女性でもふくらはぎや首をしっかりともみほぐす事が可能です。

さらにこれまでのルルドでは高さがあって難しかった寝転んだままの使用ができるようになっており、より深いマッサージ効果を得ることができるはずです。
インテリアとしてのデザイン性は少々落ちますが、マッサージ機能を優先するなら購入して損はありません。


オムロン/マッサージクッション HM-341

オムロン/マッサージクッション HM-341

¥4,177

医療機器でお馴染みのオムロンですが、リーズナブルな価格とコスパの高さで圧倒的な人気を誇るのが実はこのマサージクッションです。
ルルドより高さがないので寝ながらのマッサージができるだけでなく、とにかくマッサージ効果が高いと高評価レビューを連発。

ヒーター機能オートタイマーと基本の性能は搭載されていますが、やはりデザイン性ではやや見劣りしてしまいます。
それでも5000円を切る価格ですので、デザインにそこまでこだわらないのであればイチオシのマッサージクッションです。


Great Call/首マッサージャー

Great Call/首マッサージャー

¥3,888

コンパクト設計でピンポイントマッサージに特化したタイプのマッサージクッションです。
名前の通りメイン使用は首ということになりますが、ふくらはぎや背中にも十分使用することができます。

人間工学に基づいた枕のようなデザインであらゆる所にフィットしますので、ルルドでは大きくてフィット感が得られなかったと言う人にもおすすめ。
車でも使用できるように車用電源プラグが付属するのも嬉しいですね。


ツカモトエイム/マカロンマッサージクッション MC-301

ツカモトエイム/マカロンマッサージクッション MC-301

¥6,542

インテリアとしてならピカイチのデザイン性を備えたクッションで、やはり女性からの支持率が高い商品です。
しかし見た目とは裏腹に本格的なもみ心地でコリをしっかりと揉み上げて至福のひと時を提供してくれることでしょう。

またマカロンのデザインを利用して真ん中のファスナーを全開にするとダブルクッションになり、足を乗せたり寝転んだりすればもう最高です。
男性の部屋にあっても話題性抜群ですので、来客用にサブとして置いておくのもいいかもしれません。


ALINCO/マッサージクッション MCR8116T

ALINCO/マッサージクッション MCR8116T

¥3,800

リーズナブルな価格でマッサージクッションをとりあえず試してみたいという人やサブでの使用にオススメ。
この価格でヒーター機能オートオフ機能も搭載しており、かなり機能的なのでもし身体にフィットさえすればコレ以上のコスパに優れるマッサージクッションはおそらく存在しません。

カバーをかけるかめくるかで強弱の設定もできますが、デザイン性は見ての通りですのでインテリアとして考えない人向けです。
複数クッションを置いているのであれば、地味な外見を利用してその中に紛れ込ませるという手もあります。

物足りないくらいがちょうどいい

ATEX/ルルド-プレミアム-AX-HCL258

筆者もルルドのスタンダードタイプを愛用していますが、物足りないくらいが揉み返しもなくちょうどいいです。
朝に肩、昼に背中、夜にまた肩といった感じで本を読みながら使用しますが15分なんて本当にあっという間です。

マッサージクッションはモミ玉の間隔によってフィット感が全然違いますので、できればショールームや店頭で試してみることをおすすめします。
自分の身体にあったマッサージクッションで、每日リラックスしながらコリを解して快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。

※価格は全て2018年7月4日現在のものです。

LYKKE diy 手づくり
  1. Domino Pro オーディオ バイク 女性
  2. LIMBO スピニングトップ
  3. 人をダメにするクッション リラックス
  4. Photo by Bruno Gomiero on Unsplash
  5. Beeline Moto ナビ デバイス
  6. kitokiを使用する男性 呼吸デバイス
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!