インテリア

給餌・水質・水温管理が自動!スマートアクアリウム『Bluenero』

Bluenero トップ画像

ペットを買うと長期旅行にはなかなか行きにくいものですが、これは今流行りのアクアリウムにも当てはまります。
1泊2日程度であればそこまで問題ありませんが、4泊5日や一週間以上空けるとなるとやはり心配になってしまいますよね。

アクアリウムで最も大切なのは水の管理ですが、何日かあけている間に水質や水温が変化しないとは必ずしも言い切れません。

Bluenero クラゲの飼育

そこでおすすめなのが給餌・水質・水温管理を自動で行ってくれるスマートアクアリウム『Bluenero』です。
ケース本体が自動で管理してくれるだけでなく、スマホアプリを利用すれば現在の状況をいつでもどこからでもチェックすることができます。

また内蔵カメラでアクアリウム内の様子もチェックできるので、『Bluenero』を使えば安心して旅行や出張に行くことができるでしょう。

Bluenero 製品ディテール

あなたに変わって管理してくれるアクアリウム

Bluenero』は自宅やオフィスにもオススメのシンプルなデザインで、高品質なステンレススチールとプレミアムアクリルで構成される水槽です。
内蔵されている最新のCREE社製LEDは魚に理想的な生育環境を与えるだけでなく、サンゴや植物の成長も促進してくれるでしょう。

Bluenero 映えるデザイン

水質や水温は専用アプリを通して設定することができ、自動給餌にも対応しているのであなたがやるべきことは定期的な水換えのみ。
またアプリからLEDのカラーを変更することもできるので、その時の気分や空間にマッチするカラーをチョイスしましょう。

Bluenero LEDカラー変更

淡水/海水両方OK

水質の管理は淡水・海水どちらも可能ですが、維持する手間や気にかけることは海水魚の方が多いのはご存知ですよね。
あらかじめ設定しておいたpHの範囲外になるとプッシュ通知を飛ばしてくれるので、管理が比較的シビアな海水魚飼育には嬉しい機能といえるでしょう。

Bluenero  淡水・海水どちらもOKの

もちろん温度が許容範囲内からずれてしまった時も通知を飛ばしてくれますし、それ以外のトラブルでも把握できる範囲で通知を飛ばしてくれるので安心です。

アプリからいつでも完璧な温度調整が可能ですので、万が一ズレてしまってもすぐに修正することができます。

Bluenero アプリでチェック

2種類のサイズ展開

Bluenero』にはスタンダードな60.5LサイズとXLサイズの98.4Lサイズの2種類がラインナップされています。
60.5Lサイズの方は45×60×30cmですので、限られたスペースでもわりと気にせず設置できるでしょう。

Bluenero 専用アプリを操作する女の子

98.4Lサイズの方は横の長さが75cmと大きくなりますので、こちらはさすがにそれなりにきちんとしたスペースを用意する必要があります。
できれば横長のキャビネットなどの上に置くといいかもしれません。

念のため地震対策落下防止のための工夫などを何かしておくことをおすすめします。

Bluenero 2種類のサイズ

アクアリウムの世界観を手軽に楽しもう

素人からすると難しそうというイメージが強くてなかなか手が出しにくいアクアリウムですが、『Bluenero』を使用すれば難易度をガツッと下げることができるでしょう。

最低限の知識や道具は必要となりますが、水質と水温を自分で管理するのか自動で管理してくれるのかではとても大きな違いがありますよね。
さらには自動給餌で餌のやり忘れやあげすぎも防止できますし、この機会にアクアリウムにチャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

Bluenero』の本体価格は¥65,690からとなっており、この金額に送料手数料まで含まれています。
現在は注文の受付が一旦停止していますが気になる人は再開されるまでサイトをチェックしておきましょう。

水換えは慣れるまで大変ですが、心強いサポーターがついてくれていますので頑張って自分だけの水中世界を作り上げましょう。

※掲載価格は2018年11月19日現在のものです。

参照元:Rakunew

PITTA ドローン
  1. ONO RULLER
  2. veered-wallet
  3. GMT
  4. Snoppa Atom
  5. DRILL DRIPPER
  6. nemomi
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!