キッチン用品

自宅で点滴ドリップができる?!極細注ぎ口のドリップポット『ITTEKI』

ITTEKI ドリップポット

毎朝美味しいコーヒーが飲めたらどんなに幸せでしょう。

コーヒメーカーで淹れたコーヒーも決して不味いということではないのですが、やはりハンドドリップのコーヒーには敵いません。
だからといって毎朝カフェに行くわけにも行きませんし、できれば寝起きにパジャマ姿のまま美味しいコーヒーを味わいたいものです。

そんな幻想をちょっとだけ現実のものにしてくれるスゴいドリップポットがクラウドファンディングサイトMakuakeで登場しました。

一滴ずつお湯を注ぐことでゆっくり抽出する「点滴ドリップ」が誰でもできてしまうそのドリップポットの名前はズバリ『ITTEKI』。
本当に美味しいコーヒーが飲みたいなら豆だけでなくポットにもこだわりましょう。

一滴ずつ注ぐことでコーヒー豆の成分を目一杯出させてあげて濃度のあるコーヒーを味わうことができます。

極細注ぎ口で自宅でも簡単に点滴ドリップ

点滴ドリップは自分でコーヒーを淹れる人なら知っている人も多いですが、飲む専門の人にはあまり馴染みがないかもしれません。

文字通り一滴ずつポタポタとお湯を注いで抽出するドリップ方法なのですが、イメージとしては水出しコーヒー(コールドブリュー)の抽出に近いかもしれません。

ITTEKI ドリップポット

最初から最後までポタポタ注ぐわけではなく、大きく3段階に分けた内の最初の段階をこの点滴ドリップで行うといつもより格段に美味しいコーヒーを淹れることができます。

ちなみに市販されているドリップポットでできないのかというと、できないことはないですがきっとプルプルが止まりませんし素人ではとてもじゃないですが安定して注ぐことは不可能でしょう。

極細注ぎ口の『ITTEKI』だからこそできるわけで、自宅で淹れたとは思えないコーヒーのアロマをぜひお楽しみください。

美味しいコーヒーのいれ方

見た目の雰囲気も抜群な『ITTEKI』ですが、こんなドリップポットがある家庭ならなんどでもお呼ばれしたくなってしまいますね。
美味しいコーヒーを淹れるにはお湯の温度を整えること、それから一定の湯量で注ぐこと、そしてできる限り雑味やえぐ味を落とさないようにすることです。

それでは早速最高に美味しいコーヒーが淹れられる点滴ドリップのやり方を紹介していきます。

ITTEKI ドリップポット

まずお湯の温度は好みに合わせて80℃~95℃の間に設定、お気に入りの豆を計量したら早速注いでいきます。
いきなりですが最初は点滴ドリップで中心にポタポタと注いでいきます。

蒸らし不要でそのままポタポタと注ぎ続け、抽出が始まってカップやサーバーの底にコーヒーが広がったら次の段階にいきましょう。

ITTEKI ドリップポット

ポットをもう少しだけ傾けて注ぐ湯量を増やしますが、あくまで細ーく500円くらいの小さな円をゆっくりと描きながら注いでいきます。
この時ドリッパー内の水位が下がらないように注意しましょう

そして1/3が過ぎたらさらに傾けてたっぷり注いでいきます。

この時も表面に浮いた雑味やえぐ味が落ちていかないように水位を保ち、好みの量まで注いだらドリッパー内にお湯が合ってもお構い無しですぐにドリッパーをおろして出来上がりです。

とにかく注ぎやすい!

このコーヒーポットの注ぎ口がどれくらい細いのかというと、プロも使用する一般的なコーヒーポットの注ぎ口が8mmなのに対して2mmも細い6mmに設計。
このおかげで腕がプルプルすることもなく安定した湯量でポタポタしたりツーっと細く糸のように注いだりすることができるというわけです。

さらに今回は雰囲気抜群のステンレスドリッパーもセットでついてくるので、届いた瞬間からプロ気分でコーヒーを味わうことができるでしょう。

ITTEKI ドリッパー
ITTEKI ドリップポット
参照元: MAKUAKE

時計,レトロ,ヴィンテージ
  1. FPS,TPS,アプリ
  2. パンフォーユー 美味しい冷凍パン
  3. UN EVENs
  4. 石油ファンヒーター
  5. クリスマスの朝
  6. Omni Ultimate
PAGE TOP
Hacktsuで探そう!